• 生活者・消費者を見つめる
  • 業界・市場トレンドを捉える
  • データを徹底的に読み解き、次の打ち手を見出す
  • お客様を理解し、寄り添い、前進する
  • データの向こうに、未来を見る

JMAR 経営・マーケティング研究部
Research & Consulting

徹底的にデータと向き合い、
様々な分析を駆使して真実を捉える
そして、豊富な経験に
裏打ちされた考察力・発想力で
ビジネスを前進させる次なる一手を見出す
それが私のミッションです

NEWS & COLUMN

SERVICE

  • Consumer Researchのイメージのロゴ
  • 01
  • Consumer Research
  • Industrial Researchのイメージのロゴ
  • 02
  • Industrial Research
  • インダストリアルリサーチ(BtoB)

  • 業界・市場動向の把握に向けたリサーチ(デスクリサーチ、ヒアリングなど)と、様々な分析フレームを駆使して、BtoBマーケティングにおいて直面する様々な意思決定・課題解決を支援致します。
  • Consumer Researchのイメージのロゴ
  • 03
  • Consumer Research
  • 生活者調査レポート

  • 一般生活者の生活実態・様々なニーズを把握できるリサーチレポートを提供しています。「食生活」「健康」「購買行動」「美容」「家事」といったテーマに焦点を当て、アンケートデータの詳細分析を行い、商品開発やプロモーションなど、様々なマーケティング・フェーズで活用可能な「実践的な知」を提供しています。

REPORT

CUSTOM SOLUTIONS

  • Concept Making

    コンセプト創出・協創・進化プログラム

    検討段階にある新商品・サービスのアイディアに対して、リサーチとコンサルティングから得られるインサイトを吹き込み、魅力あふれる事業性の高いコンセプトを創出、進化させていきます。連動して4Pやターゲットに関する検討を行い、マーケティング戦略立案全体を支援致します。

  • Business Development

    新規事業開発支援

    新規事業・新市場の創出のため、市場情報やリサーチ技術を活用した支援プログラムです。市場情報を活用した実践的研修から、新規事業・新市場創出の実践指導・伴走支援まで、皆様の優先課題に応じた、ご提案を致します。

  • FS Study

    業界調査×消費者調査による
    フィジビリティ・スタディ

    新規事業の実現可能性(Feasibility)を精査するには、外部要因・競争環境、内部要因、ターゲット(消費者・生活者)のニーズなどを多角的に捉え、複合的に分析する必要があります。業界調査(マクロデータ分析やキーマンヒアリングなど)と消費者調査(アンケート、インタビューなど)を組み合わせて、プロジェクト全体を強力に支援致します。

  • No.1 Survey

    No.1立証・検証調査
    (No.1マーケティング支援)

    自社商品・サービスのプロモーションにおいて、その魅力をターゲットに訴求するために「No.1」「第1位」と打ち出したいケースがあります。このプロモーション方法は、客観的な事実に基づいていない場合、不当表示の一類型となり違反に問われるリスクがあります。我々のソリューションでは、客観性・公平性を担保しつつ、より効果的な「No.1」の訴求を全面的に支援致します。

  • Data Analytics

    データアナリティクス

    統計解析・機械学習などの手法を駆使して、データに潜む有意義なパターンや知識・インサイトを発見し、お客様の課題解決・意思決定を支援致します。経験豊富なデータサイエンティストがお客様の課題をヒアリングし、深く理解した上で、最適な分析プランをご提案致します。

  • Future

    未来予測

    未来に向けた新規事業探索・既存事業の成長のためには、未来のビジネス環境を見通す未来構想力が欠かせません。様々なデータ(人口動態、マクロ経済動向、技術動向、社会潮流など)を幅広く収集・分析した上で、得られた知見をお客様のビジネスに引き付けて考察することにより、未来に向けた経営戦略・事業戦略検討を支援致します。

  • Menu Development

    Another Food Lab.

    新商品(メニュー)コンセプト作成をサポートいたします。生活者の食に関する自社保有オリジナルデータの分析やカスタムリサーチを組み合わせることで新メニューの仮説づくり、コンセプトメイキングを行い、必要に応じて試作品作成、試食会の開催およびコンセプト評価を行います。データ分析のスペシャリストと開発経験豊富な食のスペシャリストが強力にプロジェクトを推進します。

PERSON

CONTACT
ISMSのロゴ プライバシーマークのロゴ

COMPANY

会社の外観写真
社名
株式会社 日本能率協会総合研究所
設立
1984年(昭和59年)4月
資本金
1億5,000万円
代表取締役社長
譲原 正昭
本社
〒105-0011
東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル5階
<管理本部(総務・人事・経理)>
TEL. 03-3434-6282(大代表) /
FAX. 03-3578-7547
URL
株式会社 日本能率協会総合研究所 アクセス情報

ACCESS

  • 交通アクセス
  • ・東京メトロ日比谷線神谷町駅 3番出口より徒歩7分
    ・都営三田線御成門駅 A1出口より徒歩5分
    ・都営大江戸線 大門駅 A4・A5・A6出口 より徒歩12分
  • ・JR山手線 浜松町駅 より徒歩15分
    ・JR東京駅 よりタクシーで約20分
    ・JR浜松町駅 よりタクシーで約5分