頼みたいことで探す

  • 調査を依頼したい

more

JMARでは新規事業の検討から、事業化に向けた具体的な実務までをトータルにサポートします

グローバル事業部では、これまでに数多くのプロジェクトで培った様々なコンサルテーション、リサーチ、データ分析のノウハウをベースに、コンシューマ向け製品、生産財・中間財・材料・部品、各種サービス(BtoC)(BtoB)等、全ての事業分野、事業形態を対象として、国内外での事業開発・改善をトータルでサポートする、事業支援ソリューションを提供します。

事業支援ソリューションについて

事業支援ソリューションは、「コンサルティング」「リサーチ」「プランニング」「実務支援」の4つのフェーズで構成される、パッケージ型のプロジェクトです。
サポートを必要とするプロセス、具体的なご要望、ニーズに応じて、各フェーズを個別、または任意に組み合わせて承ることが可能です。

コンサルティングフェーズ

JMAR及びJMAグループの情報コンサルタント、経営コンサルタント、各種専門領域の研究員が参加して、主にワークショップ形式で事業のゴールを具体化していきます。

作業フロー

  • ・経営資源・技術資源の分析と把握
  • ・事業環境の分析と把握
  • ・強みと弱み・競合比較・差別化
  • ・ターゲットの具体化(ニーズと顧客)
  • ・事業イメージの具体化

リサーチフェーズ

リサーチ・フェーズは、通常の個別受託調査とは異なり、あくまで事業プラン策定のために必要な情報を収集し、分析することを目標とします。

作業フロー

  • ・経営資源の分析と評価
  • ・市場環境・事業環境の詳細分析、将来予測
  • ・商品・製品・サービスのコンセプト検証
  • ・ユーザーニーズ・需要性の検証
  • ・競合製品・競合サービスの詳細分析・比較
  • ・ビジネスモデルの検証
  • ・事業化シナリオの検討・フィージビリティスタディ

プランニングフェーズ

「実務支援フェーズ」と並んで最も特徴的な作業フェーズです。JMAR及びJMAグループの経営コンサルタント、研究員が参加し、新規事業の構想を具体化して、事業化マスタープランを策定します。

作業フロー

  • ・事業規模・予算の検討
  • ・事業化プロセス・スケジュールの検討
  • ・商品企画・サービス企画
  • ・商品・サービスの詳細コンセプト策定
  • ・4Pを中心とした基本マーケティング戦略策定
  • ・事業化シナリオの検討
  • ・事業化マスタープランの策定
  • ・JMARによる実務支援の必要性を検討

事業支援ソリューションの特徴

  • 豊富なコンサルテーション、リサーチ、データ分析の実績を活かし、国内外での事業開発・改善の実現にあたって必要とされる、あらゆる情報を提供し、意思決定を支援します。
  • 経験豊かなスタッフによる、手厚いコンサルティングフェーズを通じて、アイデアを形にし、事業化にあたっての課題や問題点を明らかにし、事業のゴールイメージを具体化していきます。
  • 実績に裏付けられた、経営資源の分析、事業環境の分析、市場調査、競合企業調査等を踏まえて、具体的な事業化プラン、事業化シナリオ、生産・営業・販売戦略等の立案・策定をサポートします。
  • 事業化プロセスの中で、貴社で不足するリソースをJMARが補います。リサーチ、コンサルティングの枠を超え、開発・製品化、営業・販売など事業化にあたって必要な「実務」にまで踏み込んだ広範囲で手厚いサポートを提供し、スムーズな事業化を実現します。
  • JMARのリソースはもちろん、JMAグループの総合力を結集して、これまでにない多彩な実務支援を提供します。さらに外部協力企業ネットワークを駆使して、事業化の全プロセスをサポートします。

事業支援ソリューション実施のメリット

JMARの事業支援ソリューションをご活用いただくことで、貴社に対して以下のメリットをご提供することができます。

事業開始までの期間を短縮

プロジェクトの初期段階で十分な検討を経て適切なゴールを設定し、そのゴールからの逆算で必要なアクションを設定しますので、無駄なリサーチや社内検討時間を排して最短期間で事業開発・改善を実現できます。

目的意識の共有と意思の統一

プロジェクトの初期段階で適切なゴールを設定することは、期間短縮効果のみならず、社内のメンバーの目的意識を共有化する効果があります。結果として意思の統一が図りやすくなり、事業実現に向けてのモチベーション向上も期待できます。

重要な局面での意思決定が容易

事業化にいたるまでの全ての過程にJMARの研究員が適宜参加し、必要に応じてコンサルテーションを実施できるため、重要な局面での意思決定が容易になります。

収益性・採算性に優れた事業プラン

将来の事業環境の変化への対応など、自社だけでは見落としがちな状況想定にも対応でき、多様な事業展開シミュレーションの検証を通して、実現性が高く、しかも収益性・採算性に優れた事業プランを立案できます。

事業の実現可能性が向上

新規事業の実現・展開にあたって社内で不足する経営リソースを、JMAR及びJMAグループが実務ベースで補完するため、事業の実現可能性が大幅に高くなります。