JMARのサービス

課題別 調査サービス

既存商品では十分満たせていない消費者ニーズを捉えることを目的とした調査です。消費者自身が意識できる顕在化したニーズだけでなく、消費者自身が気づいていない潜在ニーズに迫ることが重要となります。主に商品開発の初期段階で、新商品のコンセプトについてヒントを得るために実施します。

消費者に受け入れられる新商品を見極めるために、新商品のコンセプト(機能や訴求点などをテキストや絵で記述したもの)を消費者に評価してもらう調査です。魅力度や購入意向、希望価格帯など多角的に調査します。これにより消費者に受容される見込みが低い新商品を開発してしまうリスクを低減できます。複数のコンセプト候補があるときには、分析を通して、最も有力なコンセプトに絞り込むことができます。

消費者に受け入れられる新商品を見極めるために、新商品のコンセプト(機能や訴求点などをテキストや絵で記述したもの)を消費者に評価してもらう調査です。魅力度や購入意向、希望価格帯など多角的に調査します。これにより消費者に受容される見込みが低い新商品を開発してしまうリスクを低減できます。複数のコンセプト候補があるときには、分析を通して、最も有力なコンセプトに絞り込むことができます。

新商品のコンセプトが、実際の商品として適切に具体化されているかを確認するための調査です。プロトタイプテストとも呼ばれます。回答者に商品を「体験してもらう」ことが重要となるため、商品を使ってもらったり、食品であれば試食してもらったりした上で評価を求めます。得られた結果を分析することで改善点を洗い出し、コンセプトを適切に体現した魅力的な商品づくりを実現していきます。

新商品のコンセプトや強み、差別化ポイントを消費者に適切に伝えるために、どのような商品パッケージ、ネーミングがふさわしいかを調べるための調査です。その新商品がコアターゲットとしている層がどのように評価するか明らかにすることがポイントとなります。パッケージ、ネーミングそれぞれ複数案準備できれば、最も魅力的な案を絞り込むことができます。

価格は商品・サービスの売れ行きに直接的に影響を与えます。高すぎる価格を設定してしまうと消費者は手を伸ばしにくく、逆に安すぎる価格では品質についての懸念を与えてしまい、違う意味で敬遠されてしまいます。価格受容性調査では、このような価格のシグナリング効果を踏まえながら、消費者に受容される最適な価格帯を導きます。

TVCM、新聞広告、インターネット広告、交通広告など、さまざまな広告活動の効果を測定します。広告自体の認知や評価に加え、広告が訴求しているブランドの認知率、ブランドイメージ、購入意向なども明らかにします。

自社および競合ブランドについて、消費者が知覚しているイメージを把握するための調査です。各ブランドの魅力度やイメージを捉えるだけでなく、ブランドごとのイメージの類似性に基づいて、ブランドポジショニングマップを導くことができます。これにより、市場における自社ブランドの適切なポジションを検討したり、既存ブランドがカバーしていない魅力的なブランドポジションを発見したりすることができます。

既存の自社商品について、新たな需要を喚起するためにどのようなリニューアルが必要か検討する調査です。商品コンセプト・訴求点の見直し、顧客ターゲットの見直し、消費者とのコミュニケーション方法の見直しなど、多岐にわたる要素について仮説を立て、検証していきます。既存のロイヤル顧客の離反を最小限に食い止めつつ、新たな需要を喚起できるリニューアルの方向性を見つけだせるかがポイントとなります。

競合企業や、パートナー企業、顧客企業など、個別の企業に着目して、実態等を把握する調査です。グローバル市場での競争下においては、具体的に市場に参画する競合等企業の事業戦略等の研究が重要です。

海外市場においては、自国市場からは想像のできない、取引慣行、法規制が存在し、運用が不明確な場合もあり、ビジネス展開において確認必須の項目です。

海外市場への展開においては、いわゆるパートナー企業(生産委託先、販売代理店)が不可欠です。一方、当該市場の実態把握について、パートナー企業に依存することは戦略判断を誤る可能性もあります。適宜、本社が直接的に情報を把握することが求められます。

海外市場への展開においては、貴社のビジネスモデルをどのように現地実態にフィットさせるか、が大切なポイントとなります。 流通/販売チャネル構造を把握したうえ、貴社が成功するためのビジネススキームを作り上げる必要があります。

海外市場への展開においては、いわゆるパートナー企業(販売代理店等)が不可欠ですが、パートナー企業を通した情報に依存することは市場の顧客実態を見誤る可能性もあります。適宜、本社が直接的に情報を把握することが求められます。

激戦化した海外市場においては、価格競争が避けられない局面もあります。競合企業等が提供する製品やサービスの原価構成を確認し、納入先選択、仕入れ価格引き下げ、などサプライヤー戦略の再構築等を検討する必要があります。

産業調査で得た情報は無形の資産です。競合に対し情報で優位に立つことで、模倣されにくい強固な競争優位性を獲得できます。

JMARは、マーケティング技術・フレームワークをベースとする多面的リサーチで、お客様の産学連携・新産業創出に向けた事業化・市場化をご支援します。海外進出についての実績も豊富であり、想定フェイズごとの調査設計・実査も可能です。(独)科学技術振興機構「A-STEP」、産学共同実用化開発事業(NexTEP)、文部科学省「START」など、新産業創出、技術移転プログラムなどの産学連携プロジェクトや、競争的資金の獲得時でのご活用に最適です。

商品・サービスにおいて、広告などで、有利性をユーザーに訴求するために、「No.1」「第1位」「トップ」「世界一」と表記するケースが見られます。しかし、客観的な事実に基づく根拠なしに表示することは、不当景品類および不当表示防止法の規定に基づき不当表示の一類型とされ、違反に問われることもあります。JMARのナンバーワン検証・立証調査は、客観性・公平性の高いリサーチでお客様の「ナンバーワン」を証明します。

課題別 統計解析手法

消費者全体をいくつかのセグメント(グループ)に分割して、自社商品のコアターゲットとなるセグメントを明らかにします。性別や年齢、居住地域などの基本属性(デモグラフィック属性)のみならず、「買い物意識」「健康意識」「美容意識」のような心理的属性(サイコグラフィック属性)でセグメンテーションすることも可能です。主にクラスター分析や因子分析、CHAIDといった解析手法を活用します。

自社商品が望ましいブランドイメージを構築できているか把握するとともに、ブランドイメージに関する自社商品と競合商品の相対的な位置関係を把握します。これにより、自社商品の強み・弱みを整理して、今後のブランド戦略の具体的なアクションを検討していきます。主にコレスポンデンス分析や多次元尺度構成法(MDS)といった解析手法を活用します。

消費者に受容される適切な商品価格、スペックを明らかにします。価格は商品の売れ行きに直接的に影響を与えます。高すぎると消費者は手を伸ばしにくく、逆に安すぎると品質についての懸念を与えてしまい、違う意味で敬遠されてしまいます。PSM分析やコンジョイント分析といった解析手法を活用することで、多くの消費者に納得して購入してもらえる価格帯やスペックを統計学的に定めます。

適切なマーケティング活動を立案・展開するためには、消費者の意識や行動を左右する諸要因の関連性を整理し、モデル化することがポイントとなります。たとえば、消費者の商品認知率・商品理解度に対する影響力を広告媒体別に明らかにできれば、今後どのような手を打つべきか見えてきます。分析では主に相関分析や回帰分析、パス解析などを活用し、シンプルで説明力のあるモデルの構築を目指します。

時系列分析とは、時間軸に沿って整備された過去のデータに基づいて将来のデータの動向を予測したり、仮説の検証を行ったりする解析手法です。商品の需要予測や特定店舗の来客数予測など、様々な場面で活用することができます。

消費者が店舗やショッピングサイトで同時に購入する商品の組み合わせは何か、すなわち同時購買の傾向を明らかにします。これにより、特定商品の購入者に対して親和性の高い別の商品を紹介したり(購入者の利便性や満足度の向上)、クロスセルによる売り上げ向上(購入者あたり購買品目数の向上)などを狙うことができます。主にマーケットバスケット分析という解析手法を活用します。

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1287
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム

more