調査実績を知りたい

調査実績

  • 国内調査
  • 海外調査

        累計発行部数が世界一である事の立証によりナンバーワン認定登録を狙うため、日本をはじめ世界の出版取次店での流通量を確認した。

        東京都某区の公共施設解体時に設立した大型建設資材の総体積は「世界No.1の規模」を自負する。「世界No.1の規模」を立証しナンバーワン認定登録を狙うため、日本をはじめ世界各国の大型建設資材設置業者に対して施工実績の確認を行った。

        『プリン体ゼロ』、『糖質ゼロ』、『カロリーゼロ』のコンセプトとした第三のビールにおいて、「世界初の3つのゼロ」を訴求するために、世界のビールメーカーにおける製品展開の把握を行った。

        イタリアでミネラルウォーターを製造するメーカーのうち、主要5社を対象に、インタビュー調査を実施。取材内容は、取扱い商品ジャンル、サイズ、ターゲット層及び今後、注力したいマーケット等となっている。本調査では併せて、イタリアにおける市場シェアを明らかにするともに、水ビジネス展開の上でのKFS(Key Success Factor)の整理も試みた。

        ASEANに加入する10ヶ国について、現状のエアコン普及率、主要参入企業、近年の新商品トピックスについてデスクリサーチを実施。また、そこから得られたデータにその他の指標を併せて活用することにより、今後7年間の需要量予測を行った。

        水浄化装置の新製品について、ベトナム政府機関や機器メーカーの経営層を対象に受容性を博するためのインタビュー調査を実施。併せて付加希望機能、必要浄化レベルについても意見を聴取し、改良ポイントを把握した。

        ジャカルタ(インドネシア)に居住する、月収2,000ルピア以上の富裕層における健康意識の把握とサプリメント摂取の実態把握のための調査。調査対象者はショッピングモールにてキャッチした上で、後日面談調査法にて実施。

        上海中心部の浦東新区の会場を利用して、40~60代女性の健康ニーズ、美容ニーズに対する定量調査を実施。日本人の意識・行動と比較しての特徴点を浮き彫りにした。また、現在、開発中の美容に関する新成分について、そのコンセプトを提示した上での、受容性評価を測定した。

        重慶市に居住する男性会社員(サラリーマン)の余暇活動実態を把握するために、インターネット調査を実施。具体的には20~50代男性の会社員を対象とし、平日、休日別の余暇活動の実態を把握するとともに、今後の観戦ニーズとして、スポーツ種別の観戦意向を確認した。

        北京、上海、広州中心部にあるショッピングセンター周辺の会場を利用し、10代~60代男女をそれぞれ定量調査を実施する。それによって現在検討中の新商品(豆乳)の改善点を測定した。

        上海市に居住するファッション意識が高い10代~40代女性を会場調査を実施する。肌着に対する購買意識・購買行動等を把握した。

        北京市、上海市、広州市、深セン市、南京市、天津市の6都市に居住する男女別に、健康食品(サプリメント)の利用習慣、購買チャネル、ブランド認知ルート、及び海外ブランドに対するイメージについて、実態を把握する調査を実施した。

        上海、北京、広州のほか、これから発展が有望となる中国二級都市の住宅市場と調べる。経済成長の中、消費者はどのような意識で住宅を購入し、どのようなプロセスで情報収集し、どのような基準で不動産会社・物件を選定するのかインターネット調査で実態を把握する。

        経済成長及びレジャーブームの中、中国主要都市における中・高収入層の消費者が国内旅行・海外旅行に対する意識・実態を把握するため、中国における主要10都市の消費者を対象に、週末・休日の過し方や、国内・海外旅行に対するニーズを把握し、中国人観光客の需要を特化した日本観光サービスを分析する。

        インターネット調査により、上海、北京に居住する20代~40代のホワイトカラー女性のライフスタイルを把握し、また彼女たちが現在実施している、または興味と感じる習い事を把握し、中国人女性ライフスタイルに関する顕在・潜在ニーズを抽出した。

        中国における20代~50代男女のインターネット経験者を対象に、インターネットショッピングの利用理由・意識、利用頻度、インターネットショッピングサイトの選定方法・理由等を把握するうえ、今後中国でインターネットビジネスを運営する改善すべき要素を把握した。

        中国上海、広州市に居住する20代~50代男性を対象に、インターネット調査を実施。自家用乗用車に関するブランド別のアフターサービスの利用実態を把握し、ブランド別のイメージ、アフターサービスに関する顧客満足度を把握した。

        上海市主要商業エリアに立地する特定のカフェ店舗において、週2回以上来店する利用者に対して、店舗の利用時間、店舗のメニュー、店員の接客サービスなどに対して顧客満足度調査を実施し、店舗に関する今後改善すべきポイントを確認した。

        上海市、北京市にあるドラッグストアに対し、商品コーナー別に店員の接客サービスに対し、来店者の満足度調査を実施し、店員に対して消費者がこのような接客サービスを求めているのか、どのような不満を感じているのかを把握した。

        タイの消費者500サンプルを対象に世帯訪問アンケート調査およびインタビュー調査を実施。調査内容は、ベビー用品の購入経験、購入チャネル、購入メーカー・ブランド、使用頻度、メーカー・ブランドの認知・イメージ、使用実態等。加えて、調査結果を他国の調査結果と比較・分析することで、タイの消費者の特徴等を把握。

        イタリアとドイツの大手セメントメーカーに関して、デスクリサーチ(日本語、英語、イタリア語、ドイツ語)により、生産体制、取り扱い製品、販売体制、販売事例、製品の機能等に関する情報を収集・整理。

        国内・海外の新聞記事、雑誌、論文等の情報源から、鉄鋼業界全体および大手鉄鋼メーカーに関する記事を定期的にクリッピングすることで、中長期的な業界トレンド、技術トレンドを把握。

        アメリカ、スイス、日本の大手医薬品メーカー計5社に対して、主にインタビュー調査により、特定組織の戦略、体制、構造、強み・弱み等の情報を収集し、ベンチマーキングを実施。調査対象1社について、グループ会社や代理店、取引先等、10箇所以上の情報源を活用。

        タイ、インドネシア、中国、日本における企業向け教育サービス事業者計30社に関してデスクリサーチ(日本語、英語、インドネシア語、中国語)を実施。

        アメリカ、フランス、日本の大手化粧品・日用品メーカーに対して、主にインタビュー調査により、特定組織の戦略、体制、構造、強み・弱み等の情報を収集し、ベンチマーキングを実施。調査対象1社について、グループ会社や代理店、取引先等、10箇所以上の情報源を活用。

        アメリカの投資ファンドに関して、企業信用レポートやインタビュー調査により、情報を収集。

        アメリカの断熱材メーカーを対象に、特定製品の販売状況や機能に関して、デスクリサーチおよびインタビュー調査を実施。

        韓国において事業展開を行っている照明器具・部品メーカーに対してインタビュー調査を実施し、市場規模やメーカーシェア等を推計。合わせて、ユーザー企業に対してもインタビュー調査を実施し、メーカーや製品に対する満足度、ニーズ、改善点等を把握。

        BOP市場全体の実態、動向や、先行事例の調査・分析を実施。今後新興国市場で日本企業が生き残るための課題を整理し、提言を実施。既進出企業の成功要因を分析する事で未進出企業の進出促進を図る。公開情報より約150のBOPビジネス事例を収集。併せてBOPビジネス実施企業へのヒアリング調査を実施。

        ビジネスモデル提案に際しSN(シーズ・ニーズ)変換手法を活用。SN変換手法とは従来は存在しない新商品テーマの発想を円滑にするために、メーカーなど供給側の特性(Seeds)を「顧客にどのような利点(機能)を与えうるか」という顧客側の要望・困り事(Needs)に変換し、新たなテーマを抽出する為の手法。

        各国の調査対象は、TOP層・MOP層・BOP層にカテゴライズし、調査を実施。調査結果を効果的に分析するための手法として、満足構造分析やチェイド分析を活用。

        上海、北京、広州を含めた、これから注目される中国主要1級都市(瀋陽、南京、成都、武漢)において女性消費者を対象に調査した。スキンケア化粧品についての使用・購入頻度、使用・購入アイテム、ブランド意識、メディア接触など、都市間の類似性や差違性を把握しながら、スキンケアに対する中国人女性の意識を明らかにする。

        レアアースは、中国が世界において9割を超えるシェアを占めており、レアアースの輸出量規制(E/L)等の発布において日本を含む国外企業がレアアース調達への懸念が高まっている。特に、ハイブリッド自動車や電気自動車、EPS、省エネエアコン用インバーター等に必要不可欠な部材とされるネオジム磁石には、性能を左右するネオジムとジスプロシウムが使用され、関連磁石メーカーはその調達および生産戦略に重要な要素となっている。本調査においては、中国におけるネオジム磁石市場の規模、用途別市場規模・動向、シェア、日本と中国の磁石生産の技術水準の差異度合い、レアアース原料の需給動向について実態調査を実施した。

        中国の医療機器市場が急速に成長するなか、大型・ハイテク製品については輸入製品に依存している特徴がある。本調査は、中国の医療機器産業の成立背景から種類別市場規模・販売経路・導入決定要素・ユーザーの特徴、製品生産の現地(ローカル)化に伴う需要と販売の変化を分析、今後数年間の本産業の市場全体・構造の予測を行った。

        EVに関連する中国政府の施策、中国の主要完成車メーカーである北京汽車集団有限公司、トヨタ、ホンダ、VW、GMについてのEVの開発戦略、及び、バッテリー(リチウムイオン二次電池)の調達戦略について調査。リチウムイオン二次電池については、調達先・調達量・調達価格等について把握した。

        今後、新たに出店を検討するエリアにおいて、現地消費者向けに開発したファーストフードの新メニューについて、10代~40代消費者を対象に、味やメニュー構成の評価を行った。また、現地の競合製品と比較した測定を行い、自社商品のポジションニング及び今後の改善要素を把握する。

        中小零細企業が多い日本の皮革・皮革製品産業は、近年の国内景気の低迷、製品の低価格化傾向、輸入品の増加等が進む中、非常に厳しい状況に直面している。こうした状況を受け、同産業においては国際市場を視野に入れた新たな取組の必要性が高まっている。そうした中、生産地としても販売市場としても世界の上位に位置する中国の皮革、皮革製品(革靴、鞄、ハンドバック等)産業について、その実態を把握するために現地協会や関連企業へのヒアリングを実施した。同産業の皮革製品種類別の市場規模や、地域別生産動向・特徴、企業シェア、主要メーカーの経営戦略、マーケティング戦略、産業の今後の動向等について把握した。

        中国医療機器の関連事業環境の把握については、医療改革政策、医療機器産業政策・方針(物流・流通含む)、医療保険制度、政府の集中購買政策、民間(外資)病院関連政策、関連製品に関する政府の発表、を取りまとめた。主要参入企業ケーススターディについては、企業概況、R&D、マーケティング、プロモーション、販売、アフターサービス等につき明らかにした。

        台湾市場において競合となる工業用試験器の販売代理店(15社)について、販売実績(数量・金額)や、販売戦略(国内及び中国大陸向け)、販売体制(営業・アフターサービス等)、販売施策(インセンティブ、表彰制度等)、を調査し、台湾市場に対し、新規参入するに当たっての基礎資料とした。

        中国上海において、日本のアパレル業界における高機能性・高感性繊維製品に対する品質認知・イメージ、日本の繊維製品に対する受容性を把握することで、日本繊維企業の海外展開に資する基礎情報を収集することを目的として会場調査(CLT)を実施した。

        【調査の目的(日本貿易振興機構仕様書より抜粋)】
        我が国の中小企業は、生産拠点の移転や市場開拓等を目的として、中国へ進出している。しかし、中国における日系中小企業をとりまく事業(投資)環境は厳しく、法制度の未整備や運用の不透明性等の理由で、進出日系中小企業の円滑なビジネス活動が阻害されることも多い。問題解決のためには、我が国政府においても中国政府当局に対し、進出日系中小企業がビジネスをしやすいような環境を構築するよう働きかける必要性がある。
        そこで、事業環境の不備に悩む中小企業の生の声を反映させつつ、現地投資環境の問題点を抽出、分析したうえで、現地中小企業事業環境整備のための改善提案書としてとりまとめるものとする。
        【事業内容】
        上記事業目的を達成するため、国内ヒアリング調査を実施した。ヒアリング対象は、中国(台湾、香港、マカオを除く)において現在事業を展開している国内の中小企業、ないしは撤退を経験している中小企業計30社をヒアリング対象とした。ヒアリング調査結果は、加工・分析し、問題点の整理、課題の抽出、事業環境改善要望等をとりまとめた。また、外部有識者をメンバーとする研究会において、事業環境改善要望を検討した。

        中国市場において競合となる現地系・外資系の空調機器メーカーをベンチマーキング企業とし、各々調達している主力部品10数点について、調達先企業名や調達価格、原価構成について調査した。対象企業関係者・業界有識者等へのヒアリングとデスクリサーチによる企業抽出を組み合わせ、合計約100社程度の有力サプライヤーを抽出し、一部の企業について、詳細情報を明らかにした。

        特定メーカーの指定産業部品に対して、指定された主要原材料・パーツの上位仕入先、仕入れ実績、ロットや支払いサイト、運搬負担など仕入れ条件を調査した。さらに仕入れた原材料・パーツについて、指定調査対象メーカーによる使用状況評価や期待事項、新規サプライヤーへの切替条件も確認した。

        中国にて特定企業が利用している物流業者や、業務内容ごとに物流業者をどのように使い分けているか、及びその理由、利用している物流業者別の契約条件、支払いサイト、利用している・利用していた物流業者への評価や不満点、今後の改善策や、利用物流業者の切り替えについての意向を明らかにした。

        中国における競合する特定化学企業(中国系・日系以外の外資系)の特定化学品について、原材料サプライヤー・調達量・価格・荷姿、生産能力・生産量・生産設備(生産方式)について、主に関係者への取材により明らかにした

        近年の中国では、沿海部を中心に中国当局が模倣品の取り締まりが強化されているが、内陸部については規制が徹底された状態であるとは言い切れず、沿海部と比較して依然として多くの模倣品が流通しているとされる。以上のような課題意識を踏まえ、中国内陸部における模倣品の流通実態を把握するために、日本国内主要メーカーにアンケート調査を実施し、各メーカーが把握している模倣品の被害状況と被害の多い地域を特定した。その後、被害が多いとされる省を調査優先地域として、各省における主要模倣品流通市場と各店舗における模倣品の流通量、在庫量等を調査。

        中国、タイ、インドの一般消費者の省エネルギー意識と行動への影響及び家電製品の省エネ・ラベリング制度の進捗・実態等について、アンケート調査およびインタビュー調査を実施。各国の調査対象者はTOP 層・MOP層・BOP層にカテゴライズし、調査結果を満足度構造分析やチェイド分析を使って効果的に分析。

        中国沿岸部、指定産業機器2社における代理店政策、代理店経由販売方法の特長、特に代理店から見たマーケットトレンドとメーカーへの要望を明らかにした。ユーザーにおいてその属性、利用用途、機種選定要因、支払いなど購買方法、アフタサービスへの評価と要望を調査した。

        日本の舶用工業事業者が、東南アジアへ進出を検討するに当たり、東南アジア現地の造船・舶用工業の実態を調査するとともに、日本企業が現地進出した際に有力な部材調達先や、日本企業が輸入可能な部材調達先を明らかにした。

        消費者所得の増加に伴い、消費者のライフスタイルや消費意識にも大きいな影響を与えている。中国主要15都市において、食料品全般に関連する消費財に対して、消費者はどのような消費・購買意識を持ち、どのように小売店舗を使い分けするのかを明らかにする。

        農作物・食品、素材、化学、医薬、アパレル、自動車・オートバイ、機械、家電・電子、情報通信、運送・物流、卸・小売、旅行・外食、環境・廃棄物、エネルギー、教育の15業界について、産業規模や近年の動向、日系企業の進出状況をケーススタディを含めて調査。

        中国に上市されている自動車のカーエアコンについて、快適さと操作しやすさを評価し・改善要望を明確にする。冷暖房以外の付加機能についてのニーズを調査し、負担金額の変化の受容性を分析する。

        中国への進出を検討している某マテハン機器について、5年前調査と現在の市場の概況、市場規模、中国ローカル企業等の競合関係、有望(重点)振興地域等を調査し、中国における重点投資方策(重点展開する製品カテゴリ、同ラインナップ、有望(重点)展開地域、M&Aターゲット企業の想定、等)の決定の一助とした。

        中国の科学技術産業の動向を把握するために、①科学技術政策の概要、②科学技術計画及び国家科学技術計画体系、③研究活動の動向、④技術貿易及び特許出願の動向⑤国際交流の動向、⑥科学技術政策・法規、⑦地域振興案、⑧中国の科学技術行政体制、⑨政府機関における研究活動推進、⑩大学における研究活動の推進、⑪民間の研究活動の推進、⑫最近の科学技術分野別科学技術重大成果、⑬科学技術人材育成、⑭各種施設基盤整備、⑮知的財産権制度と標準化、規格化、⑯情報基盤整備等の分野別に、関連統計資料、レポート、論文、雑誌、新聞や、第12次5カ年計画(科技部門)における科学技術計画等の情報を収集し、世界における中国の科学技術の位置付けや水準を明らかにした。

        60歳以上の高齢者が、およそ1億7000万人に上る中国。その数は毎年800万人のペースで増え続け、2050年には4億人を超え、人口の3割を高齢者が占めると予測されている。人口密度が高い北京、天津、上海において、老人ホームにおける運営方法、サービス内容、利用状況、介護体制、利用上の問題点等を明らかにするうえ、今後の市場性及び市場動向を把握する。調査は特定老人ホームの担当者及び利用者に対するヒアリング調査で実施した。

        我が国製造業が国際競争に勝ち残る方策を探るべく、BOP市場に焦点を当てた調査を行い、今後新興国市場で日本企業が生き残るための課題を整理し、提言を提出。既進出企業の成功要因を分析する事で、未進出企業の進出促進を図った。

        欧米・中国等に進出済みの現地工場の拡販を行うために、現地市場におけるプレゼンスの大きな販売代理企業(生産企業も含む)を探索する。また、生産技術等、条件によっては、現在取り扱っている日本ブランドの生産をそのまま、または技術供与を行いながら委託する、ことも視野に入れた調査を実施する。

        ビジネスモデル提案に際しSN(シーズ・ニーズ)変換手法を活用。SN変換手法とは従来は存在しない新商品テーマの発想を円滑にするために、メーカーなど供給側の特性(Seeds)を「顧客にどのような利点(機能)を与えうるか」という顧客側の要望・困り事(Needs)に変換し、新たなテーマを抽出する為の手法。 日本国内における調査に加え、弊社研究員によるミャンマー現地調査(政府系機関・民間企業に対するヒアリング、世帯訪問調査等)を実施。

        インドネシアにおける水ビジネスの可能性を把握することを目的に、水の使用状況、既存の水ビジネス概要、水ビジネス市場規模および今後の市場予測を調査した。また、現地の関連省庁へのヒアリングを実施し、水関連の政策や取り組みについて聴取した。

        サプライチェーンの再構築を目的に、デスクリサーチおよび現地ヒアリング調査にてタイ国内に所在する現地系特定自動車部品15品目のサプライヤーリストを作成した。抽出された各サプライヤーについては企業概要を付記するとともに、主たる取引先自動車メーカーを明らかにした。最終的に抽出されたサプライヤー数は、約250社。

        中国・日本における少子高齢化の進捗状況と、家電市場の現状と予測、さらに高齢者向け家電市場の展望、省エネルギー性能・関連法規制の実態の今後の動向について、デスクリサーチと取材調査によりとりまとめた。

        中国の特定の地点を中点とした半径1km、3km、5kmにおける商圏分析を実施。対象商圏内にある都市もしくは地区におけるGDPや社会消費小売額、主要耐久消費財保有状況、支出構成等の経済関連データと、コンビニエンスストア・スーパー・ハイパー・ショッピングセンター等の小売店舗の分布状況および各店舗概要情報を整理。

        中国及び日本における特定自動車部品の調達状況について、グローバル・ローカル調達の概況(戦略、調達率等)、主要部材別の主要サプライヤー採用状況、内製概況、等につき、デスクリサーチによる一次調査、現地取材調査による確定調査を行い、明らかにした。

        欧州に所在する食品メーカーは自社ヨーグルトブランドの販売をスペイン、フランスで行っており、スペインでは当該ヨーグルト事業は一定の成功を収めているが、一方でフランスでは事業は失敗している。両国における同社のマーケティング手法や消費者意識を分析することで、それぞれの国における成功要因・失敗要因を分析した。マーケティング手法についてはデスクリサーチで情報収集し、消費者意識については消費者に対する電話インタビュー調査にて情報収集した。

        中国の特定都市に住む生活者に対して、化粧品の実施頻度、使用ブランド・ブランドライン・アイテム、美容意識、肌悩み等の使用実態および意識について整理をするためにWEB調査を実施。

        台湾に所在する特定紙製品の競合企業(日系1社・現地系1社)について、生産能力・生産量、生産方式、生産設備、構成材料概況、材料調達元、材料調達価格、販売先、販売価格、荷姿、等、競合優位性を確保するためのベンチマーキング調査を行った。もっぱら関連業界キーマンの発掘と丹念な現地取材により、全貌に迫った。

        インドネシア・ジャカルタにおいて直近2年以内にマンションを購入した一般消費者100名を対象に直接面談アンケート調査を実施した。対象者は世帯年収ごとに区分し、購入時の重視点や情報源、各デベロッパーの評価など購入実態に関して聴取した。収集されたデータは世帯年主区分ごとに分析し、現地消費者のマンション購入実態を浮き彫りにした。

        逼迫する世界の食糧需給とその影響について、食糧需給の変遷、需給要因および非需給要因の整理、各要因の分析、食糧価格高騰がもたらした日本食品業界への影響と各卸売業・メーカー・小売業の対応、消費者価値観の変遷等の各種情報を整理し、世界(日本、欧米、中国、インド、新興国等を含む)の食品業界の長期展望について整理・分析を実施した。

        中国におけるパンの流通状況について整理を行うため、スーパーやコンビニエンスストア、ハイパーマーケット、ベーカリーショップ等の主要チャネル別に陳列状況や商品情報(商品名、メーカー名、価格、等)を整理。また、有識者へのヒアリングを実施し、パン業界のトレンドや今後の動向について情報を収集・整理を実施。

        インドにおける住宅設備12品目に関して、市場規模推移、参入メーカー、メーカーシェア等を明らかにとりまとめた。主たる調査方法は、デリー、ムンバイ、バンガロール、チェンナイにおける現地ヒアリング調査。

        国内で現在製造・販売している製品を今後海外で展開していくにあたって、当該製品が現地規格に適合するか調査を行った。対象国であるアメリカ、カナダ、ドイツ、スペイン、イギリス、イタリアにおける規格協会や関連工業団体に製品サンプルを持参し、適合試験の結果を報告した。

        タイにおける現在のエアコンの普及率、タイプ別トレンド、主要企業・製品概要、価格動向、関連する政策・施策等のエアコン市場の実態を明らかにし、これらの定量的・定性的情報を基に同市場の展望を予測した。国内および現地からの電話・Eメールによる簡易インタビュー調査を主たる方法として実施。

        中国に進出している日系、外資系の健康食品・サプリメントメーカーの、中国における販売戦略をベンチマークするために、各社別に販売体制(輸出、販売代理店利用、現地法人設立など)、チャネル別の投下商品、商品別の4P概要等について、各社担当者や業界関係者へのインタビュー調査を通して情報収集・整理。

        クライアントが、日本国内で販売している健康食品を某アジア地区で展開していく上で、効果的・効率的なマーケティングプランを検討するために、ターゲットとすべき消費者のデモグラフィクス(性・年齢等の属性)や、販売商品の受容性、受容価格帯、購入チャネルを把握するため、Web調査を実施した。

        日系中国進出レストランに対するイメージや外食頻度、外食時の食品ジャンル、普段利用しているレストラン、レストラン選定時重視点、平均支払額、満足点・不満点等について、WEB調査を実施し情報を収集・整理。

        ベトナム・ハノイにて特定製品の部品工場を設立することを検討するため、現地における外資投資規制や投資優遇措置、工場法、環境関連法規・政策などをデスクリサーチにてとりまとめた。また、現地競合企業3社を対象に工場設備や人員、原材料の仕入先、部品の販売先、原価構造等を現地ヒアリングにてベンチマーク調査した。

        ベトナムに進出済みの日系を含む外資系企業およびベトナム現地系企業が人事、労務管理で課題と感じている内容に関して現地インタビューを実施した。年々高騰する人件費やマネージャークラスの人材確保の難しさなど課題を明らかにする一方で、中国、タイ、インドネシアなどの近隣諸国の実態と比較することでベトナム人労働者雇用の優位性についても情報をとりまとめた。

        ベトナムおよびインドネシアの主要都市別の固形廃棄物発生量、回収システム、処理方法およびリサイクル/リユース実態に関する情報を収集した。主たる調査方法は、ハノイおよびジャカルタにおける関連機関への現地ヒアリング。補足的に国内外の各種文献調査も実施した。

        タイにてスキンケア商品の販売を検討している日系企業から依頼を受け、タイ女性20~34歳を対象とし、スキンケア商品の使用・購入実態を把握するためのインターネット調査を実施しました。使用しているスキンケア商品の種類や使用頻度、1か月あたりの購入金額など基礎情報を測定したのち、認知しているブランドや使用しているブランド、および当該ブランドをしている理由などを測定しました。

        マレーシアにてベビー用玩具の販売を検討している日本国内の中小メーカーより依頼を受け、3歳以下の子どもを持つマレーシアの主婦を対象に、当該ベビー用玩具の受容性を把握するためのインターネット調査を実施しました。調査画面上で、当該商品のコンセプトや機能、デザインをテキストや画像で表示したのち、魅力度や購入意向などを測定しました。現地で流通している既存製品と魅力度比較を行うことで、当該商品の市場性を判断しました。

        イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペインにおける電気、ガス、水道事業に関して、業界構造や各種サービス詳細、技術動向、政府の関与状況、規制等について調査を実施した。現地文献調査に加え、関連機関、企業を対象とした電話インタビューにて情報収集を行った。

        インドネシアにて、20~39歳男性を対象に、日本メーカーが製造した清涼飲料水の受容性を把握するための会場調査を実施しました。現地調査会社と提携して対象者リクルーティングや、会場手配、実査準備を行いました。実査では、実際に清涼飲料水を100ml試飲してもらい、その上で「口あたり」「爽快感」「適切な甘さかどうか」といった各要素について評価を求めました。最後に魅力度と購入意向を測定し、当該商品の市場性を判断しました。

        各化粧品会社が原材料を調達するに際して、集中購買を行っているのか、分散購買を行っているのかを明らかにした。原材料は、化粧品原料と梱包材に分け、それぞれの調達体制について各対象企業および関連企業・機関にヒアリングを実施した。またあわせて調達先の選定条件や方法についても情報を収集し、報告書としてとりまとめた。

        インドに進出済みの日系を含む外資系企業が抱える労務問題について事例を収集し、課題の内容を分類し、それぞれ対策方法などについて各企業から聴取を行った。従業員の教育、マネージャークラスの雇用、スタッフの流出などあらゆる面での課題をとりまとめ、各問題に関して企業の取り組み事例を収集した。

        韓国にて健康飲料の展開を検討している日系企業から依頼を受け、韓国の男性ビジネスパーソン20~59歳を対象とし、健康飲料の購入実態を把握するためのインターネット調査を実施しました。購入経験がある健康飲料のブランドや認知しているブランド、購入頻度、1か月あたりの購入金額など基礎情報を測定したのち、最頻購入の健康飲料について、購入時重視点や満足度などを聴取しました。

        タイにて、既婚・子ども有りの主婦20~39歳を対象に、日本メーカーが製造した家具・インテリアの受容性を把握するためのグループインタビュー調査を実施しました。現地調査会社と提携して対象者リクルーティングや、会場手配、実査準備を行いました。実査では、テスト対象となる家具・インテリアを実際に触れてもらい、さらに当該商品を室内に配置した場合のイメージ写真を見てもらった上で、当該商品の魅力度評価、購入意向評価を求めました。

        バンコクにおいて一般消費者女性20~45歳200人を対象に会場調査(CLT)を実施。対象者は年代別に均等割り付けを行った。会場調査では、新商品と競合企業のファンデーションを対象者に提示し、各コンパクトについてデザイン評価、イメージ、購入意向などを聴取した。

        シンガポールの学生15~19歳200人を対象に、日本製学習ノート受容性把握のための会場調査を実施しました。調査対象となるノートは、価格と品質が異なる3タイプを準備し、実際に手に取ってもらったり書いたりしてもらった上で、各ノートに対する評価を求めました。最も評価が高いノートが明らかにされ、このノートの価格と品質をベースに商品開発が進むことになりました。

        タイ、ベトナム、インドネシア等のASEAN諸国におけるクレジットカード等各種ICカードの流通量や流通経路、参入企業ごとのマーケットシェア、各社の今後の戦略等をデスクリサーチと電話およびEメールによる遠隔インタビューにて調査した。

        今後メキシコにおいてキッチン機器販売を展開していくにあたり、現地ですでにキッチン機器を取り扱っている主要な商社や販売代理店をリストアップした。リストアップに際しては、抽出された企業の概要に加え、販売網や現在の取引先について情報を収集しリストに盛り込んだ。

        インドネシアにて日本製冷凍食品の販売を検討している日系企業から依頼を受け、インドネシアの主婦30~49歳を対象として、冷凍食品を試食をしてもらった上で受容性評価を求める会場調査を実施しました。複数の冷凍食品を試食してもらった上で、購入意向を基準に冷凍食品にランキングをつけてもらい、購入意向TOP3については、どのような点が魅力的であったか自由記述形式で回答を求めました。得られたデータを分析し、販売に特に注力すべき冷凍食品の絞り込みを行いました。

        インドネシアにおける20~59歳男女を対象に、ガムの消費・購入実態を把握するためのインターネット調査を実施しました。購入経験があるガムのブランドや認知しているブランド、購入頻度、1か月あたりの購入金額など基礎情報を測定したのち、最頻購入のガムについて、購入時重視点や満足度などを聴取しました。

        欧州において光触媒を適用したコンクリート(セメント)で建設された建築物に関する事例をデスクリサーチで収集した。光触媒適用コンクリートを採用した経緯や、適用することで得られた効果などをとりまとめることで、クライアント企業が今後光触媒を活用するか検討するための基礎資料となった。

        インドネシアにおける20~59歳男女を対象に、家電製品の購入実態を把握するためのインターネット調査を実施しました。購入前の情報収集(参考とするメディア)、購入チャネル、購入時重視点について、主要なアイテム別(テレビ、冷蔵庫など)に明らかにしました。加えて、日本ブランドの認知、購入経験、ブランドイメージを測定しました。

        マレーシアの国際港に所在する荷役会社が保有するフォークリフトについてメーカー、機種型番などについて情報を収集したほか、各社ごとのコンテナ取扱量や今後のフォークリスト調達意向について聴取した。現地のキーマンに対するヒアリング調査を主たる調査方法として、実施した。

        タイにて子ども用衣料品の販売を検討している日本国内の中小メーカーより依頼を受け、7~12歳の子どもを持つタイの主婦を対象に、当該商品の受容性を把握するためのインターネット調査を実施しました。調査画面上で、当該商品のコンセプトや機能、デザインをテキストや画像で表示したのち、魅力度や購入意向などを測定しました。現地で流通している既存製品と魅力度比較を行うことで、当該商品の市場性を判断しました。

        UAEに所在する冷凍機(チラー)メーカーを明らかにし、各社よりマーケット情報を収集することで冷凍機のカテゴリーごとに市場規模を推計した。またUAE市場に既存のプレイヤーからは、売れ筋商品や冷凍機の用途動向、近年のトレンド等について定量的・定性的に情報を収取しとりまとめを行った。

        インドネシアにおける殺虫剤の販売事業展開可能性を把握することを目的に、市場規模、参入プレイヤー、流通構造等に関する調査を実施。調査方法は、国内および現地における公開情報の収集と、現地市場に参入している競合企業に対するヒアリング調査により実施した。

        タイにて、ペット(犬)を自宅で飼っている人400名を対象とし、ペットフード・ペット関連グッズの購入実態を把握するためのインターネット調査を実施しました。購入経験があるペットフード・ペット関連グッズや認知しているブランド、購入頻度、1か月あたりの購入金額など基礎情報を測定したのち、最頻購入のペットフード・ペット関連グッズについて、購入時重視点や満足度などを聴取しました。

        韓国におけるたばこ市場について、ブランド別販売量等の市場規模推移や関連する税制度の変遷について情報を収集し、市場の成り立ち、現状、今後の展開について調査結果を取りまとめた。市場に関する情報の他、喫煙者数や各メーカーの広告方法についえも情報を収集した。調査方法は現地におけるヒアリング調査を主体とし、デスクリサーチを補足的に実施した。

        欧州に本社を持つ特定の攪拌機メーカーを対象とし、同社の攪拌機生産量、販売額に関するデータの他、グローバルレベルでの攪拌機製造および販売体制を明らかにし、攪拌機種類別の今後の事業戦略に関する情報収集を行った。調査方法は現地におけるヒアリング調査。

        国内で製造・販売を行う家庭用ガス警報装置のアジア諸国進出を目的に、第一段階としてタイ、インドネシア、ベトナムにおける同製品の規格に関する調査を実施。現地関連協会による関規格の詳細内容について情報を収集し、報告書としてとりまとめた。調査方法は、公開情報に基づくデスクリサーチとした。

        バンコク(タイ)、ジャカルタ(インドネシア)、ホーチミン(ベトナム)に居住する20~49歳男女を対象に、携帯電話の購入実態を把握するためのインターネット調査を実施しました。購入前の情報収集(参考としたメディア)、購入チャネル、購入時重視点、購入ブランド、購入費用などを明らかにしました。加えて、実際に使ってみた上での満足点・不満足点を明らかにし、都市ごとにどのような携帯電話が受容されやすいか、どのようなマーケティング戦略が有効かを分析しました。

        米国にて日本製冷凍食品の販売を検討している日系企業から依頼を受け、米国の主婦30~49歳を対象として、冷凍食品を試食をしてもらった上で受容性評価を求める会場調査を実施しました。複数の冷凍食品を試食してもらった上で、購入意向を基準に冷凍食品にランキングをつけてもらい、購入意向TOP3については、どのような点が魅力的であったか自由記述形式で回答を求めました。得られたデータを分析し、販売に特に注力すべき冷凍食品の絞り込みを行いました。

        バンコクにおける20~59歳男女を対象に、清涼飲料の消費・購入実態を把握するためのインターネット調査を実施しました。購入経験がある清涼飲料のブランドや認知しているブランド、購入頻度、1か月あたりの購入金額など基礎情報を測定したのち、最頻購入の清涼飲料について、購入時重視点や満足度などを聴取しました。

        マレーシアにおける高級コンドミニアム向けブラインドの販売を促進していくことを目的に、当該マーケットの市場環境について情報を整理し、各種情報をレポーティングした。市場規模、シェア、流通構造などの市場構造を把握するための情報に加え、市場におけるトップメーカーのマーケティング手法や戦略など競合情報をとりまとめた。調査方法は、現地におけるヒアリング調査を主体とした。

        特定製品の包装材(パッケージ)の調達コストを削減することを目的に、インドに所在する包装材メーカーの探索を行った。製品仕様、供給能力、価格などの要求項目をクリアする現地サプライヤーのリストを作成した。最終的な有望サプライヤーの絞り込みは現地訪問面談インタビューにより実施した。

        中国における浄水器市場について実態調査を実施した。

        8割以上が水道水に対し不安を抱えている中国であるが、浄水器の普及率はわずか数パーセントである。
        現在、中国浄水器市場における主要なブランドには、美的(Media)、立升(Litree)、沁園(QINYUAN)、泉来(QLIFE)、愛恵浦(everpure)、安达康、3Mが挙げられる。日本の家庭用浄水器市場でトップシェアを占めるTORAYも「東麗比諾」の商品名で販売している。
        浄水器は主に家庭用浄水器と室外用浄水器の二種類がある。以前は一台何万元する浄水器の価格が、現在は一台数千元台にまで下がり、徐々に消費者にとって手頃な価格となってきている。
        浄水器に対する需要は高いとみられ、浄水器業界は今後の発展が見込まれる。ただし、現在の浄水器市場は様々なメーカの商品が乱立しており、価格の格差調整や品質並びに実質効果の検証も課題の一つである。

        中国における不動産業の現状について調査を実施した。

        現地公開情報等に基づくデスクリサーチを主たる調査方法とし、中国における不動産業の現状について調査を実施した。調査結果の概要は以下のとおりである。
        2012年の中国における不動産業開発投資総額は前年度比16.2%増の71,804億元で(価格などの要素を除いて実質増加率は14.9%)、不動産開発企業が施工した面積は573,418万平方メートルで、前年度より13.2%に拡大した。
        そして、不動産開発企業が土地使用権付きで35,667万平方メートルの土地を購入し、前年度より19.5%の減少となった。 12月の不動産業全体の景気指数は95.59点で、11月より0.12点反落した。2000年の景気指数100点を基準に比較すると、やや低い水準で推移している。

        今後中国の家庭用リチウムイオン蓄電システム市場への参入を検討するに当たり、事業可能性等評価を目的に、政府の当該分野に対する政策方針/関連規制/系統連系/既存の参入プレイヤー/市場ポテンシャルなど、各種関連情報を収集した。主たる調査手法はデスクリサーチで、適宜現地関連機関への電話ヒアリングを実施した。

        中国市場への進出を検討するため、中国におけるスポーツ関連用品の市場実態、競合企業のベンチマーキングおよび製造・流通に関する法規制などについて調査を実施した。調査方法はデスクリサーチに加え、関連企業や業界団体への電話・訪問ヒアリングを行った。

        中国における洗濯用合成洗剤の生産量推移(2010年8月~2012年8月)

        中国における洗濯用合成洗剤市場の販売高の一位は立白で、2位は汰渍(Tide)、3位は雕牌である。3社の合計は全市場の6割を占めている。
        2011年1月~12月における中国の洗濯用合成洗剤の生産量は373.58万トン(対前年比4.06%増)。2012年1月~7月における洗濯用合成洗剤の生産量は238.72万トン。
        中国人の洗濯用合成洗剤の年間消費量は3kgで、それに対して世界の洗濯用合成洗剤の年間消費量は7.4㎏である。昨今注目の高まってきている農村市場は未成熟といえ、開拓の余地は十分にある。
        某調査の結果によると、女性消費者が洗濯用合成洗剤を購入時する際最も重視する点は柔軟性であり、一方、男性消費者は除菌と除臭を重視している。収入別に見ると、年入が6万元以上の家庭では洗濯用合成洗剤の溶解速度が重視されている。地区別では、生活習慣と水質の関係で、西部地区の消費者も溶解速度に関心を持っている。

        現状の調達体制の見直しを目的に、現在中国においてベアリングの各種部材を製造している企業のリストアップを行った。部材は種類別に軸受と軸受部品に細分化し、種類別に企業リストを作成した。電話およびEメールによる遠隔インタビュー調査を主たる手法とした。

        中国の特定3都市において、自転車を所有している20~39歳の男女を対象にインターネット調査を実施した。所有している自転車についての購入金額やブランド、使用頻度などの基礎情報から、各ブランドへの認知度、購入傾向および好みのスタイル等を測定・分析した。

        中国一級都市(3都市)における一般消費者900名を対象にインターネット調査を実施した。アンケートは、デジタル製品、自動車部品、飲食品など各種一般消費財毎に調査項目を設計し、それぞれ模倣品へのイメージ、模倣品購入経験、今後の模倣品購入意向などを把握した。

        中国上海市において、特定5ブランドのハンドクリームを使用している20代~30代の女性を対象に、グループインタビュー(5名×10グループ)調査を実施した。実査ではハンドクリーム商品を試用してもらい、好みの材質やつけ心地などについて意見をヒアリングした。また、現在使用中の製品と魅力度比較を行うことで、当該商品の市場性を判断しました。

        2012年中国における医療機器市場

        国家統計局の統計によると、2012年の中国医療機器市場の合計収入は1,565億元に達し、年平均成長率は20%を超えた。高齢化社会の進行と中国人の健康意識の高まりに影響され、将来的に医療機器業界は医薬品業界よりも平均成長率が高くなると考えられる。
        2015年の医療機器市場売上は2009年の140億ドルから380億ドルまで拡大する見通しである。先進国の医療機器と医薬品の生産値の比は1:1であるのに対し、中国の医療機器業界の収入は医薬品業界の収入の10%で、市場全体は持続的な成長を遂げている。
        しかしながら、中国の医療機器関連の企業総数は約1.4万社とも言われているにも関わらず、売上高は1億元を超える企業が200社以下である。輸入に依存しているのが中国の医療機器業界の実態である。主な輸入先はアメリカ、ドイツ、日本、スイス、韓国、アイルランド、フランス、イギリス、オランダ、シンガポールである。分類別に見ると、医療消耗品、リハビリ用品、歯科用材料・機器、医療用包帯が多く輸入されている。さらに具体的な商品で見ると、超音波診断装置(カラー)、X線断層撮影装置、内視鏡、MRI、X線管、ステント、人工関節が全体の高い割合を占めている。
        2012年第1四半期の中国医療機器の輸入量の上位10位の省・直轄市は上海、北京、広東、江蘇、浙江、山東、遼寧、天津、福建、湖北である、輸入額の合計は27.94億ドルで、全体の91.11%に達した。三資企業が集中している上海は長年に渡り、中国の医療機器輸入のトップを君臨しており、第1四半期の輸入額は12.7億ドルで、全国の41.39%を占め、そのうちの三資企業の輸入額は8.58億ドルに達した。
        中国の医療機器業界の特徴としては企業数が多い、小規模・低技術・多種多様で、全体の中核技術は不足している。また代表的な製品とコア競争力が樹立できておらず、産業と医学の連結は緊密でないなどの要素で中国国内の医療機器メーカーがスタートに出遅れており、オリジナルブランドが厳しい情勢に直面している。総じて中国国内企業の製品開発力は弱い、医療機器業界を発展させるには、医療機器業界のリーディングカンパニーを育てることが重要な課題である。

        中国において月齢12か月~24か月の乳児を持つ母親を対象に、ベビーフードに対する安全意識等について調査を実施した。調査はまずグループインタビューを3グループ(6名/Gr)実施し、続くフェーズでは、グループインタビューより得られた仮設を基に設計した調査票でインターネット調査を実施した。

        台湾における清涼飲料の販売事業展開可能性を把握することを目的に、市場規模、主要メーカーシェア、流通構造等に関する調査を実施。調査方法は、国内および現地における公開情報の収集と、現地市場に参入している競合企業に対するヒアリング調査により実施した。

        粘着ラベルの部材である剥離紙を中国国内で製造する企業の探索を行った。中国国内のデータベースや関連業界団体等から情報収集を行ったことで得られた企業ロングリストより、製造している紙の種類、年間生産量、品質管理体制など特定の条件に基づき、OEM先として有望な企業リストを作成した。

        2012年 中国における速達サービス業に対する申立て状況

        中国における速達サービス業に対する申立て件数は、年々増加傾向にある。
        2012年、速達業者に対する消費者からの苦情総件数は合計で137,352件に上る。2012年12月の件数に着目すると、中国消費者センターに寄せられた苦情件数は33,392件に達し、前月より17,389件も多かった。その内、配達の遅延に関する苦情が17,761件で最も多かった。次いで配達員の態度の悪さを指摘する苦情は9,126件で、郵便物の紛失や中身の不足は4,585件、郵便物の破損は1,033件、集荷と配達サービスに対する不満は559件、規則違反の料金徴収は164件、代金引換トラブルは111件、その他は53件の順となっている。
        2013年5月、中国郵政は北京の6市街地区に対して、500グラム当たり5元(3キロ以下の荷物限定)という速達サービスの計画を発表した。このサービスに関して、民間の速達サービス業者は、民営に対する大きな脅威だと捉えている。しかし、中国郵政の参戦によって、速達サービス業界に良い刺激を与え、サービス質の改善につながるのを期待する人も少なくない。

        中国市場における今後の販売方針を検討するため、競合企業3社について設備拡張および販売動向を把握することを目的に調査を実施した。具体的には、各社の断熱材事業の収益状況、人員・設備・原料関係および今後の戦略等について情報を収集・整理した。調査方法は現地における調査対象企業・関連販売代理店・調査対象企業等へのヒアリングを中心とし、補足的にWeb・公開情報等のデスクリサーチを実施した。

        今後中国でのピロー包装機の販売拡大のための事業戦略立案を策定する為、当該市場の現況把握のための調査を行った。中国におけるピロー包装機の市場規模、参入企業、市場構造、直近の市場トレンドなど、市場環境を把握するための各種情報を収集し、報告書にとりまとめた。調査は現地統計資料等による公開情報収集に加え、業界関係者へのキーマンヒアリングを実施した。

        中国市場において日用品の販売事業展開に適切な販売チャネルを探索することを目的に、販売チャネル別概況・特徴、商材カテゴリー別概況等について情報収集した。また、すでに中国市場へ進出した日系企業のケーススタディを行い、有望なビジネスモデルを分析した。調査期間を短縮するため、既存情報のデスクリサーチを中心に内容を取りまとめた。

        インドネシアにおける20~59歳女性を対象に、スキンケア商品の購入・利用実態を把握するためのインターネット調査を実施しました。購入前の情報収集(参考とするメディア)、購入チャネル、購入時重視点などについて、主要なカテゴリー別(乳液、化粧水、ファンデーションなど)に明らかにしました。加えて、日本ブランドの認知、購入経験、ブランドイメージを測定しました。

        2012年中国における乳製品産業の分析

        2012年、中国における乳製品の総生産量は約2,500万トンである。
        中国の乳製品原料の価格は世界平均レベルよりも高く、平均原乳仕入価格は3.40-3.50元/kgである。大抵の中国企業は海外から原料を輸入しており、自社内で調達している企業は僅か3割程度である。その背景には、乳製品原料の生産コストが高いため、企業は自己投資することができないことがある。
        2012年の中国乳製品総売上高は約2億5千万元に上った。今後、中国の乳製品市場は販売量の制限を受けやすい粉ミルクより、液体牛乳が主力商品になる見込みである。
        2012年中国の乳製品原料の総輸入量は前年比30%増の約60万トンである。輸入された牛乳の国別割合では、NZが49%で1位、2位が15.56%のアメリカ、3位が7.21%のフランスの順になっている。輸入手段は、主に経済的な船便である。  2008年のメラミン事件以降、中国の消費者は中国産の乳製品から外国産の乳製品に切り替える傾向にある。それに便乗して、美賛臣(Mead Johnson Nutrition)、多美滋(Dumex)、恵氏(Wyeth)、雅培(Abbott)、雀巣(Nestlé)、明治などの輸入メーカーは相次いで本来の価格より10%値上げしている
        中国消費者の乳製品に対する嗜好調査の結果によると、中国人における乳製品の年平均消費量は32リットルで、先進国や世界の平均消費量よりも遥かに低い。主要消費者の都市住民の乳製品消費支出は全消費支出の1.5%で、全食品消費支出の3.98%である。中国の乳業資源は均等ではないため、今後、北方地区の乳原料は粉ミルクとUHT常温牛乳(超高温殺菌牛乳)に使われ、その他の非乳原料産地は現状維持で還元乳を利用する。
        今後の市場開発に関しては、軍隊の宿舎、交通関連施設、病院、保育園、老人ホームなども開発の潜在力は高く、開拓する余地が大きい。乳製品の種類別に見ると、乳幼児用粉ミルク、チーズ、バターの分野は代表的なブランドはなく、乳製品業界以外の業界からの参入する可能性もある。さらに近年、健康意識の高まりにより、中国の乳製品市場は更に拡大する見通しである。

        中国人の健康食品の購入・使用状況、健康食品に対するニーズおよび日本製品の受容性を把握することを目的とし、北京市において20代~50代の女性を対象にグループインタビュー(6名×4G)を実施した。現地で流通している既存製品と魅力度比較を行うことで、日本製品の市場性を判断した。

        タイの20~39歳男女を対象に、新商品として開発されたインスタント食品(麺類)の受容性を評価するため会場調査(CLT)を実施しました。来場してもらった調査対象者に対して、まずは基本情報として既存インスタント食品の認知・購入実態を聴取したのち、新商品であるインスタント食品(麺類)を試食してもらい、その後に魅力度や購入意向、許容購入価格などを測定しました。

        クライアント企業が現在日本国内で販売している製品を中国市場に展開するにあたり、中国での販売先のリストアップを行った。調査は、中国現地の輸出入データを入手し、HSコードから当該製品を輸入している企業を特定した。

        タイの20~59歳男性を対象に、男性用シャンプーの購入・利用実態を把握するためのインターネット調査を実施しました。購入前の情報収集(参考とするメディア)、購入チャネル、購入時重視点、ブランドイメージなどを明らかにしました。ブランドイメージについては、コレスポンデンス分析によってブランドポジショニングマップを作成しました。

        2012年中国における太陽熱温水器業界

        2012年、中国太陽光発電業界は低迷し、企業数が2009年の2,800社から1,600社に減少した。その一方で、太陽熱温水器業界が高成長を続けている。
        2012年の太陽熱温水器の生産量は約4,968万平方メートル(2,484万台)、販売高は400億元以上で、大規模な就業機会を創出した。太陽熱温水 器保有量の2億平方メートルで計算すると、毎年3,000万トンの標準炭を節約し、CO2の排出量は約7,470万トンを削減した計算になる。良好な経済 効果に加え、社会貢献と環境保護の観点でも成果を上げている。
        2015年の太陽熱温水器の販売量は3,000万台を超え、トップ10企業で総販売量の半分(1,500万台)を占めると推測されている。
        主な製品は真空管、ヒートパイプ、熱管・平台タイプの太陽熱温水器などがある。中国の都市化建設の加速により、2011年以後特に高層住宅に平台タイプの 太陽熱温水器の需要が高まっている。その理由としては、耐用期間が長い平台タイプの太陽熱温水器は埋め込み形式、壁掛け形式、日除け形式、コンソール形式 などの多種方式で設置できるからである。さらに建築物と融合して、建築物のハイライトになることもできる。2010年の全国湯沸器の小売額は465億元を 超え、販売量は2,800万台に達した。そのうち、太陽熱温水器の小売総額は200億で、全体を占める割合は大きい。
        太陽熱温水器は季節や天気 変化などの不確定な要素に制限されやすいという製品そのものの弱点があるが、それ以外に中国の太陽熱温水器業界としての問題が存在している。まず取付工事 業者の技術力には業者間で大きな差があり、太陽熱温水器の使用上に目に見えない危険が潜んでいる。また真空ガラス管型集熱の支持フレームは国家基準がなく、強度不足などの理由で多くの消費者が不安を抱えているという。一番重大な問題は、一部の企業が太陽熱温水器の生産設備、製造技術、製品特徴、原材料の 性能を完全に把握しないまま生産し、結果として製造技術と製品品質が不安定な状態を引き起こしていることである。2012年北京市の太陽熱温水器製品の合 格率が79%しかなかったことがこれを裏付けている。
        近年、大気汚染を食い止めるために、再生可能エネルギーの導入支援として中国政府が財政補 助金制度を打ち出している。中央財政は温水器の集熱部面積に応じて、1平方メートルに150元の補助金を出した。そして、地方財政は1平方メートルに 225元を補助する市も現れている。
        太陽熱温水器の応用領域は従来のお湯の提供に限定されず、冷暖房システム、乾燥設備と工業面での応用にまで拡大しており、中国太陽熱温水器市場は巨大な発展潜在力を秘めているといえる。

        中国市場への進出可能性を検討するため、市場概況(全体規模、地域別の特徴、中国式・日本式製品の違い等)流通構造、市場参入状況、主要参入プレイヤー概況および企業ごとの戦略を把握した。調査方法は、現地における業界団体・関連企業へのヒアリングを主体とした。

        韓国の20~34歳女性を対象に、スキンケア商品の購入・利用実態を把握するためのグループインタビュー調査を実施しました。購入前の情報収集(参考とするメディア)、購入チャネル、購入時重視点などについて、主要なカテゴリー別(乳液、化粧水、ファンデーションなど)に明らかにしました。加えて、日本ブランドの認知、購入経験、ブランドイメージについて詳しく聴取しました。

        2012中国における老人ホーム業界

        現在、中国の高齢者人口は1.7億人を超え、2020年には高齢化が更に進み2.48億人(全体の17%)に達すると予測される。さらに2030年から2050年までの間、中国高齢者化が最も厳しい時期を迎え、2050年には中国の老齢(60歳以上)人口は4億人を超え、高齢化水準は30%以上と見込まれる。
        中国では「421型家庭」(祖父母世帯が4人、親世帯が2人、孫が1人)と「空巣家庭」(親世帯のみの家庭)が増えている。本来中国の高齢者は家で自適の老後生活を送る伝統的な習慣はあったが、現在は一人っ子政策の影響で子供だけの経済力のみでは生活が十分に送られない家庭も少なくない。この他に生活リズムの加速化、仕事の負担の増加により伝統的な養老方式に変化が生じている。こうした背景で、中国では老人ホームの需要が高まっている。
        中国老齢科学研究センターの調査結果によると、北京市に常住する50歳以上のうち、老人ホームに住みたいまたは将来入居したい人数はそれぞれ10.4万人と30.8万人である。
        また、「2012北京高齢者産業研究報告書」の調査結果で、高齢者は家庭で老後生活を送る以外の養老方式を選ぶ時、値段が一番重視されており全体の26.3%を占めている。続いて周辺の生活利便性が17.7%、サービス内容が12.6%、接遇態度が12.0%と続いている。価格、立地、サービスは高齢者が老人ホームを選択する時の重要な要素で、同様に老人ホーム業界の発展上の重要な要素であるといえる。
        中国の老人ホーム業界の最も大きな問題の一つに、需要の増加速度が供給スピードを遥かに越えていることである。現在1.7億人の60歳以上の高齢者に対し、中国の老人ホームはわずか42,000か所しかなく、ベッド数にしては100万床で、1.7憶人の1%しか入居できないのが現状である。

        クライアント企業が新規に開発したファンデーションのコンパクトケースに対する中国人消費者の受容性を把握するべく、広州にて150名に対する会場調査(CLT:セントラルロケーションテスト)を実施。新開発のコンパクトケースに対する絶対評価と競合ブランドとの比較による相対評価により消費者受容性の分析を行った。

        ベトナムの20~59歳の男女300名を対象に、タブレットPCの購入や利用実態を把握するためのインターネット調査を実施しました。購入実態については、実際に購入した機器やその価格、購入時期やきっかけなどを聴取しました。さらに利用実態については、頻繁に利用している機能や今後追加されてほしい機能など聴取しました。

        クライアント企業が競合企業として認識している中国の化学品製造企業を調査対象に、特定化学品の生産・販売状況、売上・コスト構造、特定2企業との提携関係等について情報収集した。調査方法は当該企業ほか、関連業界関係者へのヒアリングを主たるものとした。

        中国における化粧品市場(2012年)

        「ビューティビジネス」と呼ばれる中国化粧品市場は、その膨大な人口ボリュームの恩恵もあり、世界最大の化粧品市場の一つになった。中国商業情報網の統計データによると、2012年中国化粧品市場の小売販売高は2,020.90億元に達し、前年同期比も9.75%増加し、アメリカと日本に次ぐ世界第三位の化粧品市場になった。スキンケア化粧品に次ぎ、カテゴリー別市場規模で第2位となったメイクアップ化粧品は中国化粧品市場の牽引役となっており、販売総額は1,000億元に及んでいる。
        中国の化粧品販売チャネルは主にデパート、スーパーマーケット、コンビニ、大型ディスカウントショップ、専門店、ショッピングセンター、通信販売などである。現在最も注目されているのは通信販売で、2012年中国の通信販売売上高は600億元を超えている。亜馬遜(Amazon)、淘宝網(Taobao)、当当網、NO5化粧品商城などのオンラインショッピングサイトは人気がある。近年、外国の化粧品メーカーも中国のウェブサイトに注目するようになった。一例として、2012年12月のスキンケア化粧品のインターネット広告宣伝費の総投資額は8,474万元に上った。1位は1,642万元の玉蘭油((OLAY)、2位は692万元の巴黎欧莱雅(L'Oreal Paris)、3位は美宝蓮紐約(Maybelline NY)の順になっている。そして、動画ウェブサイト、ポータルサイトと女性専用ウェブサイトがスキンケア用品の最適な広告媒体のベスト3として選ばれている。

        米国、欧州(英国、フランス、ドイツ)、カナダ、オーストラリアの訪日旅行経験者(20代~60代男女、均等割付)を対象とするインターネット調査を実施しました。お気に入りの訪問スポットや平均的に使う金額、好きなお土産などの一般的な質問に加え、日本の主要都市とアジアの旅行スポットを比較する国際訪問先比較を行い、クライアントの製品開発に用いる資料となりました。

        新規ヘアケア商品の開発に資する情報の収集・分析を目的に、中国における一般生活者のヘアケア製品使用実態やニーズについてグループインタビューを実施した。上海・北京に在住する消費者6名による4グループを対象とした。シャンプー等について使用中のブランドや購入時重視点、満足度、不満足な点等について聴取し、中国消費者の購買行動・要因について分析した。

        モスクワに居住する20~49歳男女を対象に、日本食の摂食経験やイメージを把握するためのインターネット調査を実施しました。食べたことがある/食べてみたい日本食料理や、日本食全般に関するイメージを詳細に測定しました。イメージに関するデータについては、コレスポンデンス分析によってイメージマップを作成しました。得られたアウトプットは、日本食レストランの現地展開に関する基礎資料として活用しました。

        2012年中国におけるビジネスホテル業界

        中国経済型酒店網の統計によると、2012年中国におけるビジネスホテルの総数は前年より35.68%増の9,924軒で、2,610軒が新設された。客室数は前年より31.41%増の981,712室だった。
        中国のビジネスホテル業界の上位3位は如家連鎖酒店、7天、漢庭である。2005年と2006年は中国ビジネスホテル業界の発展の最盛期で、それぞれの各社共に非常に速い事業展開を見せた。
        しかし、急速な発展の陰で実際の経営状況は楽観的ではない。各社のビジネスは他社の手法と同一化し、特徴に欠けている。これにより悪質な価格戦争がはじまり、同時に外資系ビジネスホテル企業が参入してきたことで一層中国におけるビジネスホテル業界の競争は過熱することとなった。
        中国のビジネスホテル業界が現状を打破するには、独自の特色が必要である。現在、中国の各業界では低炭素生活を提唱し、多くの大型ホテルが自然環境保護を訴求した「エコロジーホテル」の方針を打ち出している。
        2012年の華住グループ(漢庭)の純利益は前年同期比35%減の1.776億元で、如家酒店グループの前年利益は同3.515億元だったものの、2012年には2,680万元の赤字を出している。さらに7天連鎖酒店グループの純利益の増加率は2011年の28.3%増から17.9%増に下がった。2012年における外資系3グループの営業業績は好ましくない状況である。某調査の結果によると、中国の消費者が受け入れられるビジネスホテルの平均価格帯は100元~300元である。労働費や不動産などのコストが年々増加し、高経費薄利の傾向にある。
        中国ホテル協会の統計によると、現在ビジネスホテルの開業平均投資額が以前より18%増え、店舗のレンタル料も29%上昇した。そのうち、上海、北京地区は40%を超えた。その以外に、店長の平均年給は24%上昇したのに対し、営業収入が11%しか上がっていない。従って、今後中国のビジネスホテル企業の利益はさらに圧縮され、投資額の回収に5年以上かかるとされる店舗が全体の48%から66%に上昇した。
        その一方で一部の上場企業が現状を鑑みず、資本市場での利益をより得るために店舗数を増やし続けた。その結果、チェーン店の数が直営店よりも多く、サービスの質などが低下し、結果的に顧客が流失することとなった。
        2012年、如家連鎖酒店が新たに312店舗を展開しており、次いで7天が401店舗、漢庭は342店舗と続いている。1級都市と2級都市のビジネスホテルは飽和状態で、3級都市と4級都市がビジネスホテル企業の次のターゲットである。しかし、中国のビジネスホテル業界を発展させる為、今後店舗数をひたすら増やすだけではなく、長期トレンドを意識する必要があろう。

        中国10都市における20代~60代の一般消費者を対象に、消費価値観に関するWebアンケート調査を実施した。過去調査から想定される価値観を洗い出し、それを測定するための設問項目を設計した。得られたデータから各都市における消費者の特徴、都市間の違いなどを分析し、どのようなマーケティング戦略が有効かについて提案した。

        日頃、特定保健用食品の飲料水を週に1回以上飲んでいる20~40代男女を対象に、新しく開発された特定保健用食品の飲料水とアンケート票を自宅に送付しました。調査対象者には、後日グループインタビュー調査で特定保健用食品の飲料水の受容性について評価をしていただきました。受容性の評価では、香り、苦味、口あたりなど、様々な要素を多角的に検討し、全体魅力度、購入意向などを測定しました。分析では、ベンチマーク商品と位置付けている他社製品との比較を行い、当該新商品の需要量予測を行いました。

        中国において汎用プラスチックとエンプラの用途(包装材、建材、成形品、フィルムなど)別需要量についてデスクリサーチを実施した。過去10年の推移データを収集し、日本市場における用途動向と比較を行うことで、今後の市場見込みについて分析を行った。

        インドネシアでは中間層の所得が伸びており、今後医薬品市場の成長が想定される。クライアントが開発した新製品が現地で通用するか確認するため、郵送ホームユーステストを行った。郵送物にはパッケージおよびマニュアルを同梱し、自記入式アンケートでのパッケージ・マニュアルのユーザビリティ調査を同時に行うことができ、現地マーケティング戦略策定に役立つ市場調査データとなった。

        2012年中国における国際医療観光業界の現状と課題

        中国における医療旅行(メディカルツーリズム)は、現在、海南省、広東省、北京市、四川省などが率先して発展を目指している。海南省は国家レベルの中国医学回復保健旅行のモデル基地を建築する計画を提出するなどしているが、全体として中国の国際医療観光市場はまだ初期段階におり、模索している状態にあるといえる。周辺の国と比べると医療観光と言う言葉自体が一般に認知されていない状況にある。現在の中国の医療旅行業界には、主に以下のような問題がある。
        1. 中国政府も近年国際医療観光を大いに提唱している。しかし、特殊観光項目を管理するための関連法令や規制のような単一法律が欠けている。
        2. 現存の医療体制は不完全である。中国の医療機関は以前から「患者数が多いため、診察が受けにくい」、「医療費が高い」といった問題が普遍的に存在している。国民の医療を受けることも保障できないまま、国際医療観光を展開してことは、自国の国民が医療サービスを受けることがより厳しくなることを意味し、平等に医療を受ける権利を喪失してしまう。
        3. 従業員の能力や素質は業界をリードする国と比べると低い。医療先進国では医療に携わる者は、仲介業者や医療機関従業員に関わらず、海外で研修を受けるなどにより高い職業素養と能力を備えており、これゆえに医療技術と言語能力の両方ともに高い評価を受けている。中国の医療観光の発足は遅く、このような人材が極端に不足している。

        香港における20~59歳女性を対象に、日本製冷凍食品の受容性を把握するためのインターネット調査・会場調査を実施しました。インターネット調査では、日頃の冷凍食品の基本的な購入実態を把握し、加えて、新規に販売を予定している日本製冷凍食品のコンセプトを提示して受容性を測定しました。会場調査では試食をしてもらった上での受容性評価、改善すべきポイントの聴取などを行いました。

        中国に今後事業展開していくための準備として各種リスク要因について情報収集し、情報を整理・とりまとめを実施した。リスク要因は、インフラ面、人的資源面、労働紛争面、暴動・テロ行為面、自然災害面など各区分にてデータを収集・分析した。また各区分のデータについては近隣のアジア諸国のデータと比較をすることで中国の相対的なビジネスリスクレベルを明らかにした。主たる調査方法は、日本語、英語、中国語の3言語による公開情報を基としたデスクリサーチ調査。

        メーカーからの依頼を受け、タイ(バンコク)20~59歳男女500名に、自動車の購入実態に関するインターネット調査を実施しました。車の保有台数や、購入経験、購入場所、購入きっかけ、購入する際に重視するポイント、今後購入したい車種など聴取しました。得られたアウトプットは、今後のマーケティング戦略につながる参考資料となりました。

        中国5都市において、クライアントが指定する商業施設を利用している20~40代の女性500名を対象に、特定の祝日・イベントに関する購入実態を把握することを目的にインターネット調査を実施した。具体的には、購入した商品、購入チャネル、購入金額、店舗の選択理由・利用意向、今後の要望などの設問を設け、得られたデータを分析し、クライアントのマーケティング戦略策定の参考資料とした。

        2012年中国における物流業界

        2012年、中国における社会物流総額は不変価格で計算すると、前年同期比9.8%増の177.3億元で、増加幅は前年より2.5%反落した。年間全体では比較的速い成長を維持している。
        構成で見ると、工業製品物流総額は前年同期比10%増の162億元で、社会物流全体を推進した主要な動力である。さらにインターネット販売等の電子商取引の急成長によって、速達などの消費者物流は急速な発展を遂げている。輸入貨物物流の総額は11.5万億元で、農産物物流の総額と再生可能資源物流の総額はそれぞれ前年同期比4.5%と10.2%増加した。
        2012年の中国における物流業界全体の増加値は3.5億元で、不変価格で計算すると、前年同期比9.1%の増となった。その内、輸送物流は8.7%の増加で、続いて物流倉庫の増加は6.8%、小売業と卸売業は9.8%、郵政物流は26.7%の増となった。2012年の物流業界の増加値は中国のGDPの6.8%を占めており、サービス業増加値の15.3%を占めている。
        2012年、中国における物流の需要は安定しており、企業の物流効率はある程度改善された。しかし、物流業務を運営するための物流費用は依然として高い。社会物流の総費用は前年同期比11.4%増の9.4億元で、増加幅は去年より7.1%反落した。その内、運送費は石油価格の上昇、道路運送量の急速な成長により、4.9億元に達し、社会物流の総コストの52.5%を占めている。保管費は社会物流の総費用の35.2%の3.3億元で、管理費は1.2億元に上った。保管費の利息費用も前年より13%増加した。その上、人件費の平均増加率は15%から20%だった。
        費用の増加、物流能力の不足と輸送力の過剰の矛盾、多様な輸送手段の不統一・連結性がないなどの問題で中国物流業界の成長余地も狭くなると予想される。

        グローバルに事業を展開するメーカーより依頼を受け、ジャカルタの中間層に位置する20世帯に対して訪問調査を実施しました。訪問調査に先だちHUTで化粧品の実態を調査し、訪問調査によりより詳しく生活環境等について調査をした。

        中国において特定の自動車部品を製造・販売するメーカーについて、具体的な納入先と納入先別の取引量・額を調査した。また合わせて各部品メーカーより中国自動車産業の展望や各社の今後の販売戦略について聴取し、報告書としてとりまとめた。主たる調査方法は、対象企業および関連企業、機関・団体等へのヒアリング調査。

        バンコクの20~34歳女性を対象に、スキンケア商品の購入・利用実態を把握するためのグループインタビュー調査を実施しました。購入前の情報収集(参考とするメディア)、購入チャネル、購入時重視点などについて、主要なカテゴリー別(乳液、化粧水、ファンデーションなど)に明らかにしました。加えて、日本ブランドの認知、購入経験、ブランドイメージについて詳しく聴取しました。

        中国における産業用ロボット精密機器メーカーはどのような企業があるか」、「その企業における事業実態はどのような状況か」といった2点の調査課題に基づき、産業用ロボット精密機器メーカーのリストアップ調査を実施した。抽出された各企業について、産業用ロボット精密機器の生産・販売状況や今後の事業戦略などを聴取し、報告書としてとりまとめた。

        2012年中国における発明特許付与状況

        2012年、中国における発明特許の付与件数は217,105件で、前年同期比は26.1%増となった。そのうち、中国国内の発明特許の付与件数は前年より28%増の143,847件(職務発明特許/125,954件、非職務発明特許/17,893件)で、発明特許付与総数の66.3%を占めている。
        2012年、中国国内の有効な発明特許の保有件数は有効期限が切れた等の特許を除き、435,151件に達した。中国国家知識産権局が特許協力条約(PCT)に基づき、受理した国際出願件数は前年より14%増の19,926件だった。そのうち、全体の91.1%の18,145件は中国国内の申請で、1,781件は海外からの申請である。2011年、PCTの国際特許出願受理件数が100件以上の省(区、市)は16省(区、市)で、首位の広東省は9,211件で、続いて北京、上海、江蘇省、浙江省の順になっている。前記の5省(区、市)が全体の8割を保有している。
        2012年、中国の発明特許付与状況の主な特徴は、下記の5項目である。
        1.発明特許の付与件数は100万件を超えており、数量・速度型から品質・収益型に方針転換する時期である。
        2.中国国内の発明特許の付与件数のうち、企業出願は全体の54.7%で、企業を主体とする技術革新特許体系が確立した証である。
        3.発明特許は中国の経済成長を支え、日増しに効果が現れている。
        4.中国の発明特許の付与件数を地域別に見ると、集中度が高い。東部地区は97,570件で、中部地区は15,840件で、西部地区は15,769件で、東北地区は7,974件で、香港・マカオ・台湾地区は6,694件である。
        5.一部の重要技術領域の発明特許実力を強化すべきである。海外の発明特許は光学分野、医薬技術分野、音響・映像技術分野等を得意分野としているのに対し、中国の発明特許は依然としてオリジナル性がない改善型発明特許が多い。 2012年中国企業特許取得件数ランキング(香港、マカオ、台湾を含まない)

        日頃、化粧品を自分で購入している中間所得層以上の20~40代女性を対象に、化粧品の使用実態およびコンセプト評価を聴取しました。現地ブランド、海外ブランド別に購入場所や購入頻度など市場規模を把握することで今後の進出を検討する際に参考となる資料となりました。

        中国東部に拠点を有するプリント配線板メーカーのリストアップを実施した。抽出された各企業に対して、電話ヒアリング調査を実施し、売上や従業員数、生産能力等の数値情報を取得するとともに、これまでの日系企業との取引経験や取引経験のある外資系企業の具体的な名称について情報収集を行った。

        タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナムの5ヵ国において、中間層の20代~40代の女性に対し化粧品を郵送し、ホームユーステスト(HUT)を実施した。各国10世帯ずつに郵送し、化粧品使用前・使用中・使用後の3回に分けて調査票への回答を得た。本格的な市場投入前に国別にラベル・PR文の修正を行うためのデータとなった。

        中国の国営中央テレビ(CCTV)は、毎年3月15日の国際消費者権利デーにちなみ、「消費者を欺いている」とされる企業に関する特別番組を恒例で放送している。
        2013年には米アップル と独フォルクスワーゲン等の大手外資系企業が取り上げられ、これに端を発し中国版ツイッター『新浪微博(Sina Weibo)』やSNS、ブログなどを通じ一般消費者の間で各社への批判が相次いだ。 最終的にアップル、VW等各社は公式謝罪を行うまでに至り、中国において国際消費者権利デーの影響は非常に大きいといえる。
        中国における"消費者権利デーに係るリスク"は中国で事業を展開するすべての事業者に関わることと言え、中国を有望市場と捉え事業展開している多くの我が国企業においてもこれは例外ではない。 そこで株式会社日本能率協会総合研究所は、「中国での消費者権利デーに係るリスク」を少しでも低減することを目的に「2014年中国消費者権利デー概況」についてとりまとめた。

        中国の1級都市である5都市(上海・北京・広州・重慶・香港)に在住の20~50代男女500名を対象に、インターネットアンケート調査を実施した。調査結果から各ペット飼育関連用品ブランドへの期待度や満足度を分析し、ブランドごとのプロファイルを作成した。

        2012年中国におけるクレジットカード市場現状

        中国銀行業協会銀行卡専業委員会が発表した「中国信用卡(クレジットカード)産業発展藍皮書」によると、2012年末までに新たに発行したクレジットカードは4,600万枚に達し、累計発行枚数は3.3億枚だった。 累計発行枚数のベスト3は工商銀行(7,713万枚)、招商銀行(4,484万枚)、建設銀行(4,032万枚)の順になっている。中国の国営銀行が未だに支配権を握っているのが現状である。
        中国のクレジットカードの年間取引金額は前年同期比31.6%増の10万億元となった。全国クレジットカード取引金額は社会消費品小売総額の48.26%を占めている。これは2012年中国消費者の半数近くがクレジットカードで支払ったことを意味する。
        2012年、中国のクレジットカードの1枚あたりの年間平均利用額は17,123.40元、2011年の13,163.34元より30.08%増加した(13行の大手銀行を対象)。中国の消費者が前年よりクレジットカードの利用率が高くなったとも言える。

        お悩みの方はお気軽にご相談ください

        お電話での
        お問い合わせ
        03-6202-1287
        Webからの
        お問い合わせ
        お問い合わせフォーム

        more