6月の不調に関する実態調査

2018年6月18日

株式会社日本能率協会総合研究所(代表取締役社長:譲原 正昭 本社:東京都港区)では、
全国の20歳~69歳の男女2,000人に対し、胃の不調に関する調査を実施致しました。
本リリースでは調査結果の一部をご紹介いたします。

※弊社に無断で、本リリースの転載・引用を固く禁じます。


調査結果の概要

調査目的 6月の不調に対する実態を把握すること
調査対象者 全国20歳~69歳の男女
調査方法 インターネット調査
調査時期時期 2018年6月1日(金)~6月4日(月)
回収サンプル数 2,000名

《本件についてのお問い合わせ先》
(株)日本能率協会総合研究所 経営・マーケティング研究部(担当:池田・稲富)
TEL: 03-3578-7607  FAX: 03-3578-7614
E-mail: info@jmar.biz


結果のまとめ

5月病のような症状が6月まで続く「6月病」、その疑いがある方は約半数。
6月病の疑いがある方の約8割はストレスに原因があり、ストレスによって胃の不調が出る方が3割も。
胃が不調なときに外出時でも手軽に食べられるものはヨーグルト。


・5月に何らかの不調が起きた方は7割。

・2週間以上不調症状が続いている、6月病の疑いのある方は約半数。

・普段の生活でストレスを感じている方は6割。6月病の疑いのある方では8割!

・ストレスによって身体に不調の変化が出る部位は、胃と頭。

・胃が不調なとき、外出時でも手軽に食べられるものは、「ヨーグルト」がTOP。次いで「うどん」「バナナ」等。


  【対象者属性】(n=2,000)

i2_FACE.PNG

調査結果

●5月に何らかの不調が起きた方は7割。

・5月に身体の不調症状が出たかを尋ねたところ、68.2%の方が何らかの症状が起きている。具体的には、「疲れ」32.0%が最も多く、次いで「目の疲れ」28.5%、「肩こり」26.8%、「イライラする」22.1%、「頭痛」20.8%と続く。

・性年代別にみると、男性20代、女性20代では全体傾向と異なり、「気持ちが落ち込む」「睡眠不足」の割合が高い。

図表1:あなたは、5月に以下のような症状は出ましたか。(あてはまるもの全て選択)

i2_1.PNG

●2週間以上不調症状が続いている、6月病の疑いのある方は約半数。

・現在も継続して、2週間以上症状が続いている不調を尋ねたところ、46.4%の方が何らかの症状が続いている。不調症状は多い順に「目の疲れ」「肩こり」「疲れ」「イライラする」「腰痛」と、前問と同様の症状が出ている。

・性年代別にみると、男性20代・女性20代では「気持ちが落ち込む」症状が上位となっている。(男性20代で2位、女性20代で4位)

  図表2:現在も継続して、2週間以上症状が続いているものはありますか。(あてはまるもの全て選択)

i2_2.PNG

●普段の生活でストレスを感じている方は6割。6月病の疑いのある方では8割!

・現在の生活や仕事でどの程度ストレスを感じているかを尋ねたところ、「ストレスを感じている」が24.0%、「ややストレスを感じている」が34.1%と、計58.1%がストレスを感じている。

・性年代別にみると、男性は30代が最もストレスを感じている割合が高く、計68.8%。女性は20代が計70.6%と高い。なお、男女とも60代はストレスを感じている割合が低い。

・2週間以上続く不調の有無別にみると、症状のある方(6月病の疑いのある方)は、ストレスを感じている割合が高く、計77.6%と8割近い。逆に、症状のない方はストレスを感じている割合が41.1%と約4割で、症状の有無別で大きな差が見られた。

  図表3:あなたは現在の生活や仕事で、どの程度ストレスを感じていますか。(○は1つ)

i2_3.PNG

●ストレスによって身体に不調の変化が出る部位は、胃と頭。

・現在多少でもストレスを感じている(前問で「ストレスを感じている」~「あまりストレスを感じていない」と回答)方に、ストレスによって身体のどの部位に不調の変化が現れるかを尋ねたところ、「胃」が32.5%と最も高く、次いで「頭」(32.4%)、「目」(22.3%)、「肩」(20.0%)、「腸」(19.6%)と続く。

  図表4:あなたは、ストレスによって身体のどの部位に不調の変化が現れますか。(○はいくつでも)

i2_4.PNG

●胃が不調なとき、外出時でも手軽に食べられるものは、「ヨーグルト」がTOP。次いで「うどん」「バナナ」等。

・外出中や勤務中に胃が不調なとき、実際手軽に食べられそうなものを尋ねたところ、「ヨーグルト」が30.4%と最も多く、次いで「うどん」(29.7%)、「バナナ」(21.3%)と続く。

  図表5:あなたは、外出時や勤務中に胃が不調なとき、実際手軽に食べられそうなものはどれですか。(○はいくつでも)

i2_5.PNG



※弊社に無断で、本リリースの転載・引用を固く禁じます。


株式会社日本能率協会総合研究所について

株式会社日本能率協会総合研究所は、お客様の課題解決を使命とする日本能率協会グループの調査・研究機関として、専門性に裏打ちされた確かなリサーチを提供しています。インターネット調査、紙媒体(郵送・FAX)調査などさまざまなリサーチを民間企業や大学、公共機関のお客様に長年ご利用いただいております。

JMARでは他にも様々な生活者レポートを提供しています。

JMARでは他にも様々な調査レポートがあります