ドライブレコーダーに関する調査

2018年6月 1日

株式会社日本能率協会総合研究所(略称:JMAR)は、2018年5月にドライブレコーダーの購入実態を把握するため調査を実施いたしました。従来弊社では、自動車関連の消費者動向を調査しており、今年度は新たに昨今注目されているドライブレコーダーに関しての購入実態調査を実施いたしました。
下記のような実態が明らかになりましたのでご報告いたします。

※弊社に無断で、本リリースの転載・引用を固く禁じます。


調査結果概要

ドライブレコーダーの購入状況(自家用車購入時・自家用車購入後)

自家用車保有者のうち10.6%が「自家用車購入と同時」、13.7%が「自家用車購入後」にドライブレコーダーを購入していた。

ドライブレコーダーの購入(買い替え)期間

自家用車保有者のうち56.8%が直近1年(2017年4月~2018年3月の期間)にドライブレコーダーを購入していた。

ドライブレコーダーの購入決定への関与(商品・購入チャネル選定に関わったか)

直近1年(2017年4月~2018年3月の期間)にドライブレコーダーを購入した人のうち、77.5%が商品や購入チャネルの決定に関与していた。

ドライブレコーダーの購入チャネル

直近1年(2017年4月~2018年3月の期間)にドライブレコーダーを購入した購入意志決定関与者(2,000サンプル)を対象に、購入チャネルを質問したところ、「自動車ディーラー」が1位(32.8%)、「オートバックス」が2位(25.2%)、「インターネット通販」が3位(16.1%)であった。

調査概要

調査タイトル ドライブレコーダーに関する調査
対象者条件 全国に居住する18歳~69歳
自宅に自家用自動車を保有している人
有効回答 ドライブレコーダーの購入経験     →18,723サンプル
ドライブレコーダーの購入決定への関与 →2,581サンプル
ドライブレコーダーの購入チャネル   →2,000サンプル
実施時期 2018年5月7日~2018年5月16日
調査方法 インターネット調査

ドライブレコーダーの購入状況(自家用車購入時・自家用車購入後)

自家用車保有者のうち10.6%が「自家用車購入と同時」、13.7%が「自家用車購入後」にドライブレコーダーを購入していた。

2018d1.png
図1: ドライブレコーダーの購入状況(自家用車購入時・自家用車購入後)

ドライブレコーダーの購入(買い替え)期間

自家用車保有者のうち56.8%が直近1年(2017年4月~2018年3月の期間)にドライブレコーダーを購入していた。 また、「2017年4月~6月に購入」が10.7%に対して、「2018年1月~3月に購入」が21.6%と、購入期間が直近になるほど割合が高くなっている。

2018d2.png
図2: 2017年4月~2018年3月の期間におけるドライブレコーダー購入状況

ドライブレコーダーの購入決定への関与(商品・購入チャネル選定に関わったか)

ドライブレコーダーの購入にあたって、商品やお店の決定にどの程度関与したか尋ねたところ、77.5%が関与していた。

2018d3.png
図3: ドライブレコーダーの購入決定への関与

ドライブレコーダーの購入チャネル

ドライブレコーダーを購入した購入意志決定関与者(2,000サンプル)を対象に、ドライブレコーダーの購入チャネルを質問したところ、全チャネルで見ると「自動車ディーラー」が1位(32.8%)、「オートバックス」が2位(25.2%)、「インターネット通販」が3位(16.1%)であった。

2018d4.png
図4: ドライブレコーダーの購入チャネル

本調査に関するお問い合わせ

株式会社日本能率協会総合研究所  経営・マーケティング研究部

担当 中村 池田 稲富
住所 〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル5階
TEL :03-3578-7607
FAX :03-3578-7614
e-mail :info@jmar.biz

※弊社に無断で、本リリースの転載・引用を固く禁じます。


株式会社日本能率協会総合研究所について

株式会社日本能率協会総合研究所は、お客様の課題解決を使命とする日本能率協会グループの調査・研究機関として、専門性に裏打ちされた確かなリサーチを提供しています。インターネット調査、紙媒体(郵送・FAX)調査などさまざまなリサーチを民間企業や大学、公共機関のお客様に長年ご利用いただいております。

JMARでは他にも様々な生活者レポートを提供しています。

JMARでは他にも様々な調査レポートがあります