胃の不調に関する実態調査

2018年5月21日

株式会社日本能率協会総合研究所(代表取締役社長:譲原 正昭 本社:東京都港区)では、
全国の20歳~69歳の男女1,000人に対し、胃の不調に関する調査を実施致しました。
本リリースでは調査結果の一部をご紹介いたします。

※弊社に無断で、本リリースの転載・引用を固く禁じます。


調査結果の概要

調査目的 胃の不調に対する意識・実態を把握すること
調査対象者 全国20歳~69歳の男女
調査方法 インターネット調査
調査時期時期 2018年5月7日(月)~5月9日(水)
回収サンプル数 1,000名

《本件についてのお問い合わせ先》
(株)日本能率協会総合研究所 経営・マーケティング研究部(担当:池田・稲富)
TEL: 03-3578-7607  FAX: 03-3578-7614
E-mail: info@jmar.biz


結果のまとめ

日本人の約半数が訴える胃の不調は、普段の生活に影響あり。胃の健康のために継続的に摂取したいものはヨーグルト。

・3か月以内に胃の不調が起きた方は約半数を占め、不調の内容としては
「ストレスや緊張による胃の不調」が最も高い。

・胃の不調のうち、胃の不調は普段の生活に影響ありと答えたのは6割超。

・胃を健康に保つために実施していることは、「規則正しい食事」「暴飲暴食を避ける」「就寝前の食事は避ける」「栄養バランスの良い食事を心がける」「食事の内容を気を付ける」がTOP5で、食事に気を付けることで胃の健康を保っている。

・胃の健康を保つために、食事で実施できそうなことを尋ねたところ、「油っこいものを摂りすぎない」「ゆっくりよく噛んで食べる」「辛い物を摂りすぎない」「塩気の多いものを摂りすぎない」「アルコールを控える」等が挙げられた。

・胃に良いと言われる食品の中で継続的に食べられるものは、「ヨーグルト」がトップ、次いで「豆腐」「牛乳」「納豆」「卵」が挙げられた。


  【対象者属性】(n=1,000)

<img alt=

調査結果

●3か月以内に胃の不調が起きた方は約半数を占め、不調の内容としては「ストレスや緊張による胃の不調」が最も多い。

・過去3か月に発生した胃の不調について尋ねたところ、52.5%と約半数の方が何らかの胃の不調を訴えている。胃の不調の原因は、「ストレスや緊張による胃の不調」が28.8%で最も多く、次いで「食べ過ぎによる胃の不調」18.9%、「飲みすぎによる胃の不調」11.2%と続く。

・性年代別にみると、女性20代~40代で「ストレスや緊張による胃の不調」を挙げる割合が約4割と他の属性に比べて高い。

・就業状況別でみると、フルタイム勤務で胃の不調がある割合は56.5%と、パートタイム・無職と比べて高い傾向。

  図表1:あなたは、過去3か月以内に、胃が不調になったことはありますか。
(あてはまるもの全て選択)

i_1

●胃の不調がある方のうち、胃の不調は普段の生活に影響ありと答えたのは6割超。

・胃の不調が普段の生活にどの程度影響を与えるかを尋ねたところ、「影響がある」が18.9%、「やや影響がある」が48.4%と、計67.2%が影響ありと答えた。

・性年代別でみると、男性30代・女性30代とも、「影響がある」と答えた割合が他の年代に比べて高い。

  図表2:胃に不調があった方に伺います。胃の不調があると、普段の生活にどの程度影響が出ますか。(1つだけ選択)

i_2

●胃の健康を保つために実施していることは、食事の内容やタイミングで、「規則正しく食事を摂る」「暴飲暴食を避ける」「就寝前の食事は避ける」「栄養バランスの良い食事を心がける」「食事の内容を気を付ける」がTOP5。

・胃を健康に保つために実施していることは、「規則正しく食事を摂る」「暴飲・暴食を避ける」「就寝前の食事は避ける」「栄養バランスの良い食事を心がける」「食事の内容を気を付ける」がTOP5で、食事に関して気を配ることで胃の健康を保っている。

・性年代別でみると、男性50代~60代・女性60代で「適度な運動をする」を挙げた割合が3割程度と他の属性に比べて高い。

  図表3:あなたが、胃を健康に保つために実施していることはありますか。
(○はいくつでも)

i_3

●胃の健康を保つために、食事で実施できそうなことは、「油っこいものを摂りすぎない」がTOP。次いで「ゆっくりよく噛んで食べる」「辛い物を摂りすぎない」「塩気の多いものを摂りすぎない」「アルコールを控える」等。

・胃の健康を保つために、食事で実施できそうなことを尋ねたところ、「油っこいものを摂りすぎないようにする」がTOPで52.3%、次いで「ゆっくりよく噛んで食べる」「辛い物を摂りすぎないようにする」「塩気の多いものを摂りすぎないようにする」「アルコールを控える」等が挙げられた。

・性年代別でみると、女性20代で「コーヒー紅茶などのカフェインを摂りすぎないようにする」を挙げる割合が4割超と他の属性に比べて高い。

  図表4:あなたが、胃の健康を保つために、食事で実施できそうなことはありますか。
(○はいくつでも)

i_4

●胃に良いと言われる食品の中で継続的に食べられるものは、「ヨーグルト」がTOP。
次いで「豆腐」「牛乳」「納豆」「卵」等。

・胃に良いと言われる食品の中で継続的に食べられるものは、「ヨーグルト」がTOPで53.5%、次いで「豆腐」「牛乳」「納豆」「卵」が挙げられた。

・性年代別でみると、男性60代・女性20代と60代で「ヨーグルト」を挙げる割合が6割超と高い。

  図表5:「胃に良いとされている食品」の中で毎日継続的に食べられる(食べたい)/食べやすいものはありますか。(○はいくつでも)

i_5



※弊社に無断で、本リリースの転載・引用を固く禁じます。


株式会社日本能率協会総合研究所について

株式会社日本能率協会総合研究所は、お客様の課題解決を使命とする日本能率協会グループの調査・研究機関として、専門性に裏打ちされた確かなリサーチを提供しています。インターネット調査、紙媒体(郵送・FAX)調査などさまざまなリサーチを民間企業や大学、公共機関のお客様に長年ご利用いただいております。

JMARでは他にも様々な生活者レポートを提供しています。

JMARでは他にも様々な調査レポートがあります