バンコク消費者の健康ニーズに関する調査

2014年6月16日

株式会社日本能率協会総合研究所(略称:JMAR)では、近年注目を集めるアジア新興3大都市「バンコク(タイ)」「ジャカルタ(インドネシア)」「ホーチミン(ベトナム)」の消費者の実態をお伝えするために、「アジア新興国インサイト」と題して、自主調査シリーズを展開致します。2014年度は、昨年度に引き続き「ヘルスケア」をテーマとして、各都市で順次インターネット調査を実施致します。今回のリリースでは、2014年2月に実施したバンコクにおけるインターネット調査の結果を、弊社が過去に実施した日本・ジャカルタでの自主調査結果と比較しながらご紹介致します。

主な調査結果 健康への配慮志向はジャカルタ同様に高く、サプリメント・機能性飲料の摂取意向が顕著

日本・ジャカルタと比較して健康面で気になることのスコアは総じて低いが、高い健康への配慮志向からサプリメントや機能性飲料の摂取意向の高さが浮き彫りとなった

結果1:健康への配慮
日本を大きく上回る9割近くが「積極的に気づかっている」「まあ気づかっている」と回答。
結果2:日頃、体調や症状について気になること
「ストレス」「腰痛」「不眠・寝つきが悪い」が上位となっているが、日本・ジャカルタと比較すると総じてスコアは低め。
結果3:日頃、健康を意識して食事・生活面で気にしていること
くだもの、水、魚の摂取意識が高いが、ジャカルタよりも相対的に低い。食事のバランスについての意識は低め。
結果4:日頃、健康を意識して定期的に摂取している健康食品・飲料など
サプリメントが1位。機能性ドリンク、機能性お茶ドリンクの摂取意向は日本・ジャカルタより顕著に高い。
結果5:日頃、健康を意識して利用している健康器具
日本・ジャカルタでは下位であった「トレーニング用器具」「トレーニングマシン」のスコアがそれぞれお3位・4位と高く、身体を鍛える意識が比較的高いことがうかがえる。
結果6:今後利用してみたい健康・運動機器
マッサージチェアのスコアが日本・ジャカルタと同様トップ。ジャカルタにはおよばないが、すべてのカテゴリーで日本よりも利用意向が高い。

結果1:健康への配慮

「積極的に気づかっている」「まあ気づかっている」の割合は、ジャカルタ同様に9割近い水準であり、健康に配慮している程度は日本を大きく上回った。

図表1 健康への配慮

健康に配慮している程度は日本を上回る水準

「積極的に気づかっている」「まあ気づかっている」を合計した「配慮している 計」でみると9割近くに達する。
属性別にみると、女性40代のスコアが顕著に高い。

図表2 健康への配慮

結果2:日頃、体調や症状についてきになること

■「ストレス」「腰痛」「不眠・寝つきが悪い」がトップ3

「ストレス」「腰痛」「不眠・寝つきが悪い」が上位となっているが、日本・ジャカルタと比較すると総じてスコアは低め。

図表3 日頃、体調や症状についてきになること

結果3:日頃、健康を意識して食事・生活面で気にしていること

■くだもの、水、魚の摂食意識が上位に

くだもの、水、魚の摂取意識が高いが、ジャカルタよりも相対的に低い。 食事のバランスについての意識は低め。

図表4 日頃、健康を意識して食事・生活面で気にしていること

結果4:日頃、健康を意識して定期的に摂取している健康食品・飲料など

■サプリメント、機能性ドリンク類・健康食品の摂取傾向が高い

サプリメントが1位。機能性ドリンク、機能性お茶ドリンクの摂取意向は日本・ジャカルタより顕著に高い。

図表5 日頃、健康を意識して定期的に摂取している健康食品・飲料など

結果5:日頃、健康を意識して利用している健康器具

■トップ5は「体重計」「浄水器」「トレーニング用器具」「トレーニングマシン」「血圧計」

日本・ジャカルタでは下位であった「トレーニング用器具」「トレーニングマシン」のスコアがそれぞれ3位・4位と高く、身体を鍛える意識が比較的高いことがうかがえる。

図表6 日頃、健康を意識して利用している健康器具

結果6:今後利用してみたい健康・運動機器

■トップ5は「マッサージチェア」「トレーニングマシン」「空気清浄器」「血糖値計」「体脂肪計」

マッサージチェアのスコアが日本・ジャカルタと同様トップ。ジャカルタにはおよばないが、すべてのカテゴリーで日本よりも利用意向が高い。

図表7 今後利用してみたい健康・運動機器

本調査に関するお問い合わせ

株式会社日本能率協会総合研究所 グローバル事業部 消費者研究部

住所 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル2階
TEL :03-6202-1287
FAX :03-6202-1294
e-mail :info_global@jmar.co.jp

調査設計

調査目的 :バンコクに居住する消費者の健康に関する意識、行動、購入実態等の把握
調査手法 :弊社グローバルネットサーベイを用いたインターネット調査
調査対象者 :バンコクに居住する20歳~49歳の男女
サンプル設計 :計600サンプル 性別×年代(6区分)に基づく均等割付回収
調査期間 :2013年4月
実施協力機関 :株式会社日本能率協会総合研究所 GMOリサーチ株式会社

ウエイトバック集計について

本リリースで掲載されている集計結果は、ウエイトバック集計によって出力しています。ウエイトバック集計とは、回収されたサンプルにおける属性別構成比率を、母集団の構成比率に準じるように重みづけを行って集計する方法です。3ヵ国ともウエイトバック集計を実施しているため、回収サンプルにおける属性別構成比率の違いを考慮することなく比較することができます。

本リリースで比較に用いた日本のデータは、弊社自主企画調査「健康ニーズ基本調査2012年」より、集計対象をサンプルの年代をそろえて再集計した結果です。この自主企画調査は有償にて提供しております。

JMARでは他にも様々な調査レポートがあります

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1287
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム

more