REPORT

トップページREPORT美容15夏 スキンケア ニーズ 総合調査
  • 美容
  • 2016年7月19日

15夏 スキンケア ニーズ 総合調査

〜肌ニーズ・基礎化粧品の使用実態を網羅した総合ニーズ調査〜

  • 15夏 スキンケア ニーズ 総合調査
調査趣旨
調査項目
購入案内
無料
レポート
肌ニーズとスキンケア化粧品について、15〜69歳の女性を対象にした総合調査です。クレンジング・洗顔・水分補給・栄養分補給・スペシャルケアのアイテム別・ブランド別に、購入実態・使用実態が分かります。その背景となる肌悩み・化粧品へのニーズを捉えています。夏はUVケア、美白、乾燥、アンチエイジングに着目しています。




調査概要

15〜69歳の女性、2,000人、2015年8月、インターネット調査



調査の内容

1)肌ニーズの実態
肌悩み・理想の肌といったニーズを捉えます。
2)夏の肌ニーズとスキンケア
「紫外線意識とUVケア化粧品」「美白ケアと美白化粧品」「乾燥ケアと高保湿化粧品」「老化意識とアンチエイジ化粧品」に着目し、夏の肌ニーズ・スキンケア行動について深堀します。
3)スキンケア化粧品への期待・選び方
化粧品へのニーズを捉えます。
4)使用・購入実態
「クレンジング用」化粧品・「洗顔用」化粧品・「水分補給用」化粧品 (化粧水など)・「栄養分補給用」化粧品(乳液・クリームなど)・「スペシャルケア用」化粧品について、購入実態(チャネル/価格/理由)・使用実態(ブランド/頻度/理由/期待する効果)を調査。
5)ライフスタイルと肌のケア

15夏 スキンケア ニーズ 総合調査

★:15夏追加項目  S:夏のみの調査項目



◆肌ニーズの実態
-1.肌タイプ
○自覚している肌タイプ/客観的肌タイプ:ノーマル肌/オイリー肌/ドライ肌/超ドライ肌/混合肌
○夏の肌状態(肌タイプ診断項目)⇒客観肌タイプ
 ・肌全体に潤い
 ・全体的に化粧のりはよい
 ・テカテカ脂分で光る
 ・ニキビができやすい
 ・全体的にツヤがない
 ・小じわができやすい
 ・白い粉がふいている
 ・つっぱった感じがする
 ・弾力があり血色もよい
 ・化粧直しはしないですむ
 ・毛穴が開いている
 ・化粧がすぐ崩れる
 ・潤いがなく肌荒れしやすい
 ・下地を付けると落ち着く
 ・カサカサ・ザラザラする
 ・下地でも化粧ののりが悪い
 ・Tゾーン・あご・額など、部分的に非常に脂っぽい
 ・目元・口元・額など部分的に非常に乾燥している
 ・部分的に化粧がのりやすい・のりにくい場所がある
 ・場所によって肌が荒れやすい・荒れにくい場所がある
○敏感肌の自覚:敏感肌/傾向がある/思わない
-2.夏の肌悩み
○夏の肌悩み <1>気になること <2>積極的に改善したいこと:毛穴が目立つ/毛穴の黒ずみ/毛穴の広がり/全体的な肌の乾燥/目元・口元の乾燥/全体的なしわ/目尻のしわ/目元・目の周りのちりめんじわ/口元のしわ/ほうれい線/首のしわ/額のしわ/しみ・そばかす/ニキビ・吹き出物/ニキビ跡のしみ・色素沈着/ニキビ跡・キズ跡の凹凸/地黒・色黒/日焼けで黒くなる/日焼けによる肌のほてり・赤み/日焼けによる乾燥・肌荒れ/くすみ/ハリがない/ツヤがない/肌のキメ/化粧のりが悪い/化粧崩れしやすい/肌のたるみ/むくみ/目の周りのクマ/顔色・血色が悪い/赤ら顔/脂っぽい・てかり/べたつき・汚れ/発汗/全体的な肌荒れ/唇の荒れ/肌のかゆみ/アトピー/アレルギー
○理想とする肌:すべすべ/つややか/しっとり/さっぱり/さらっと/もちもち/やわらか/ぷるん/ふっくら/つるつる/なめらか/ハリのある/キメの整った/血色のいい/健康的/透明感のある/毛穴が目立たない/赤ちゃんのような/真っ白な/小麦色
◆夏の肌ニーズとスキンケア
-1.紫外線意識とUVケア化粧品
○s紫外線への意識:非常に〜全く気にしていない
○s紫外線を気にしている理由:しみの原因/そばかすの原因/しわの原因/老化の原因/かさつき・乾燥の原因/肌荒れの原因/色黒/日焼けをすると赤くなる/日光湿疹・紫外線アレルギー/皮膚癌/健康に悪い/敏感肌だから★
○s日焼け防止・日焼け後の行動:日傘/帽子/サングラス/UVケア化粧品 /日焼け後スプレーウォーター★/日焼け後冷やした化粧水★/日焼け後鎮静効果のある化粧水★・・・他
○s使用しているUVケア化粧品:
【<1>日焼け止め】顔専用/顔・からだ用/スプレー
【<2>スキンケア化粧品】朝昼用化粧水/朝昼用乳液/朝昼用クリーム/朝昼用美容液/その他
【<3>メイクアップ化粧品】化粧下地/ファンデーション/リップクリーム
○sUVケア化粧品の使用機会 <1>日焼け止め <2>スキンケア <3>メイク:日常生活時/外出時/年間を通じて/夏のみ/晴れの日/陽射しの強い日/屋外でスポーツ・レジャー/海や山
○s日焼け止めの使用ブランド
○s日焼け止めの使用理由:防止効果が高い/白くならない/塗り直し・重ね塗りがしやすい/べたつかない/のばしやすい/肌触りがいい/香りがいい/使い心地がいい★/簡単・手間なし★/保湿できるから/肌にやさしい/敏感肌用★
○sSPF・PA+等の表示について
・SPFの数値は高ければ高いほど安心だ
・SPFの数値が高ければよいというわけではない
・SPFの数値が高のは肌に良くないと思う
・PAの+の値を確かめてから買う
・PAの+の数の意味は、理解している
・紫外線吸収剤は避けたい…他
-2.美白ケアと美白化粧品
○s美白に対する意識:非常〜全く気にしていない
○s使用している美白化粧品:*4化粧水/乳液/クリーム/ゲルタイプ/美容液/パック/マスク
○s美白化粧品の使用機会:年間を通じて/夏の期間だけ/毎日のケア/タイミングを決めて定期的/思いついた時/シミ・そばかすが気になった時/大事な日の前/肌の調子が悪い時/普段は使っていない
○s美白化粧品の効果感
・美白化粧品は、使えば明らかな効果を実感する
・美白化粧品は、使えばなんとなく効果を感じる
・価格の高いものは効果が高いと思う…他
-3.乾燥ケアと高保湿化粧品
○s保湿に対する意識:非常に〜全く気にしていない
○s使用している高保湿化粧品:化粧水/乳液/クリーム/ゲルタイプ/美容液/パック/マスク
○s高保湿化粧品の使用機会:年間を通じて/冬の期間だけ/季節の変わり目/毎日のケア/タイミングを決めて定期的/思いついた時/乾燥が気になった時/大事な日の前/肌の調子が悪い時…他
○s乾燥ケアと高保湿化粧品の効果感
・以前より肌の乾燥が気になるようになった
・夏でもエアコンなどで肌が乾燥する
・夏でも日焼けなどで肌が乾燥する
・夏は肌の乾燥をほとんど気にかけていない
・美白のためにはには保湿が大切だと思う
・肌の老化防止には保湿が大切だと思う
・保湿のためには角質を取り除くことが大切だ
・毛穴ケアには保湿が大切だと思う
・夏でも保湿ケアは大切だと思う
・高保湿化粧品は、使えば明らかな効果を実感…他
-4.老化意識とアンチエイジ化粧品
○s肌の老化に対する意識:非常に〜全く気にしていない
○s老化で気になること:全体的な肌の乾燥/目元・口元の乾燥/肌がごわつく/全体的なしわ/目尻のしわ/目元・目の周りのちりめんじわ/口元のしわ/ほうれい線/首のしわ・小じわ/額のしわ/しみ/くすみ/ハリがない/ツヤがない/肌のキメ/毛穴が目立つ/肌のたるみ/顔色・血色が悪い
○s使用しているアンチエイジ化粧品:化粧水/乳液/クリーム/ゲルタイプ/美容液/パック/マスク
○sアンチエイジ化粧品の使用機会:年間を通じて/夏の期間/冬の期間/季節の変わり目/毎日のケア/タイミングを決めて定期的/思いついた時/しわが気になった時/たるみが気になった時/毛穴が気になった時/大事な日の前/肌の調子が悪い時
○sアンチエイジ化粧品の効果感
 ・アンチエイジ化粧品は、使えば明らかな効果を実感する
 ・アンチエイジ化粧品は、使えばなんとなく効果を感じる
 ・アンチエイジ化粧品は、効果の実感はほとんどない
 ・アンチエイジ化粧品を使えば、将来の肌に違いがでる
 ・価格の高いものは効果が高いと思う…他
◆スキンケア化粧品の選択
○使用経験のあるブランド
○スキンケア化粧品への期待効果:*1保湿効果・乾燥肌対策/皮脂吸着・オイリー肌対策/敏感肌対策/UVカット・紫外線対策/美白・ホワイトニング・しみ対策/リンクルケア・しわ対策/ハリ・たるみ対策/くすみ対策/毛穴ケア/血行・新陳代謝(ターンオーバー)促進/ニキビ対策・アクネ菌抑制/肌の透明感を増す/アンチエイジ・加齢対策
○スキンケア化粧品の選択重視点:効果・効能/成分/原料・精製方法/肌へのやさしさ/環境/美容部員や窓口の対応/店の雰囲気/高級感/話題性/会社名・ブランド名/広告/口コミ/カリスマ美容家/デザイン/使い心地/価格/簡単・手間なし★・・・他
○スキンケア化粧品の選び方
 ・できるだけ1つのブランド(ライン)で揃える
 ・気に入った化粧品を組み合わせる
 ・使うステップがシンプルなブランドを選ぶ
 ・数種類をステップどおりにきちんと使う
 ・オールインワンの化粧品を選ぶ
 ・肌悩みへの効果が表示されている化粧品を選ぶ
 ・ブースター効果のある化粧品を使っている★
 ・商品を見たり試せるので、お店で買う
 ・美容部員に相談できるので、お店で買う
 ・少しでも安く買うためにインターネットを利用
 ・スキンケア化粧品の費用を切り詰めている・・・他
○スキンケア化粧品の情報源:テレビ番組/テレビのコマーシャル/新聞記事/新聞広告/雑誌記事/雑誌広告/友人・知人/家族/美容部員・エステティシャン/医師・薬剤師/メーカーのホームページ/ネット上の口コミやブログ/商品パンフレットや店頭の説明書/商品パッケージ/試供品・・・他
○スキンケア化粧品の相談相手:友人・知人/母親/兄弟・姉妹/娘/美容部員・エステティシャン/医師・薬剤師/ネット上の口コミ・ブログ・・・他
◆使用・購入実態
-1.「クレンジング用」化粧品
○クレンジング用の使用頻度
○クレンジング用の購入チャネル:選択肢は*2
○クレンジング用の使用ブランド
○クレンジング用の単価
○クレンジング用の購入理由:選択肢は*3
○クレンジング用の使用理由:メイクが落ちる/すすぎやすい/つっぱらない/肌触り/使い心地★/簡単・手間なし★/透明感/肌の調子が整う★/てかり/保湿/毛穴の奥の汚れ/古い角質・・・他
○クレンジング用に期待する効果:選択肢は*1
-2.「洗顔用」化粧品
○洗顔用の使用頻度
○洗顔用の購入チャネル:選択肢は*2
○洗顔用の使用ブランド
○洗顔用の単価
○洗顔用の購入理由:選択肢は*3
○洗顔用の使用理由:汚れがよく落ちる/泡立ち/すすぎやすい/つっぱらない/肌触り/使い心地★/簡単・手間なし★/透明感/肌の調子が整う★/てかり/保湿/毛穴の奥の汚れ/古い角質・・・他
○洗顔用に期待する効果:選択肢は*1
-3.「水分補給用」化粧品 (化粧水など)
○水分補給用の使用頻度
○水分補給用の購入チャネル:選択肢は*2
○水分補給用の使用ブランド
○水分補給用の単価
○水分補給用の購入理由:選択肢は*3
○水分補給用の使用理由:潤いが続く/すっきりする/べたつかない/しみこむ感じがする/のばしやすい/肌触りがいい/香りがいい/使い心地★/簡単・手間なし★/透明感/肌の調子が整う★/効果が実感/引きしまる・・・他
○水分補給用に期待する効果:選択肢は*1
-4.「栄養分補給用」化粧品(乳液・クリームなど)
○栄養補給用の使用頻度
○栄養補給用の購入チャネル:選択肢は*2
○栄養分補給用の使用ブランド
○栄養分補給用の単価
○栄養分補給用の購入理由:選択肢は*3
○栄養分補給用の使用理由:潤いが続く/すっきりする/べたつかない/しみこむ感じ/のばしやすい/肌触り/香り/使い心地★/簡単・手間なし★/透明感/肌の調子が整う★/効果が実感・・・他
○栄養分補給用に期待する効果:選択肢は*1
-5.「スペシャルケア用」化粧品
○目的タイプごとに:使用頻度
 <1>乾燥肌対策用
 <2>紫外線対策用
 <3>美白・しみ対策用
 <4>しわ対策用
 <5>たるみ対策用
 <6>くすみ対策用
 <7>毛穴ケア用
 <8>ターンオーバー促進用
 <9>ニキビ対策用
 <10>アンチエイジ対策用
○スペシャルケア用の購入チャネル:選択肢は*2
○スペシャルケア用の使用ブランド
○スペシャルケア用の単価
○スペシャルケア用の購入理由:選択肢は*3
○スペシャルケア用の使用理由:潤いが続く/すっきりする/べたつかない/しみこむ感じがする/のばしやすい/肌触りがいい/香り/使い心地★/簡単・手間なし★/効果が実感/肌の調子が整う★
◆ライフスタイルとスキンケア行動
-1.お金と時間のかけ方
○お金のかけ方 <1>自由に使える金額 <2>化粧品購入金額 <3>スキンケア化粧品購入金額
○時間のかけ方 <1>自由な時間 <2>スキンケア時間
-2.スキンケア行動と使用ステップ
○sスキンケア行動 <1>肌のためと思うこと <2>よく行っていること:洗顔料は泡立てる/泡立てネット/ダブル洗顔/フランス式洗顔/コットンでローションパック/美容液を毎日のケアに/顔のマッサージ/フェイスニング/自宅で美顔器・エステ機器/フェイシャルエステ/美容クリニック/美肌飲料/美肌サプリメント/医薬品/漢方薬・・・他
○スキンケア用具・器具の利用:美顔器・・・他
○s使用しているスキンケア化粧品 平日朝/平日夜:クレンジングオイル/クレンジングクリーム/クレンジングフォーム/ポイントメイク用クレンジング剤/洗顔フォーム/洗顔石鹸/ふき取り化粧水/収れん化粧水/プレ化粧水/化粧水/乳液/クリーム/ゲルタイプ/オールインワン化粧品★/美容液/目元用美容液/部分用美容液/パック/マスク/部分用パック・シート・・・他
○sスキンケア化粧品のステップ数 平日朝/平日夜
○s使用しているベースメイク化粧品&ステップ数★:日焼け止め/スプレータイプの日焼け止め/化粧下地/BBクリーム/CCクリーム/パウダーファンデーション/リキッドファンデーション/コンシーラー・コントロールカラー/ルースパウダー
○フェースシート
年齢 居住地域 職業 未既婚 家族構成 同居している子供・高齢者 世帯年収 生活習慣(お酒/タバコ/寝不足/食べ物の好き嫌い/ストレス/アレルギー★/スポーツ/旅行★/パソコン/スマホ★/自家用車/エステサロン…)
※sは夏のみの調査項目
◆調査ブランド一覧
【アルビオン系列】エクサージュ/その他
【花王系列】エスト/オリエナ/キュレル/ソフィーナ/ニベア/ビオレ/その他
【カネボウ系列】アリィー/うるり/スイサイ/DEW/フェアクレア/ブランシール/フレッシェル/エビータ/その他
【クラシエ系列】ナイーブ/肌美精 他
【コーセー系列】アスタブラン/グランデーヌ/グレイスワン/コスメデコルテ/清肌晶/雪肌精/ソフティモ/ネイチャー&コー/肌極/ホワイティスト/その他
【資生堂系列】アクアレーベル/アネッサ/エリクシール/エリクシール・プリオール/クレ・ド・ポー・ボーテ/サンメディック/専科/ティス/dプログラム/ハク/肌水/ベネフィーク/リバイタル/UVホワイト/その他
【ジョンソン・エンド・ジョンソン系列】ニュートロジーナ/ジョンソン/ジョンソンベビー 他
【ノエビア・常盤薬品系列】なめらか本舗(豆乳イソフラボン)/サナ/ノエビア/NOV
【ポーラ化粧品系列】アペックス/B.A/その他
【マックスファクター・P&G系列】イリューム/SK−Ⅱ
【メナード系列】イルネージュ/コラックス/フェアルーセント/その他
【ユニ・リーバ系列】ダヴ/ポンズ
【ロート製薬系列】オバジ/50の恵/メンソレータム サンプレイ/メンソレータム スキンアクア/ハダラボ 極潤/ハダラボ 白潤/その他
【国内化粧品メーカー】アイビー化粧品/アクセーヌ/アスカ/アテニア/アユーラ/アルソア/アンズ/イオナ/イプサ/ウテナ/ヴァーナル/エバメール化粧品/近江兄弟社/オルビス/カバーマーク/キスミー/牛乳石鹸/クラブコスメチックス/ケサランパサラン/サンスター/シーボン. /シュウウエムラ/ジュジュ化粧品/草花木果/ちふれ化粧品/長寿の里/DHC/TBCホームケア/ドクターシーラボ/ドモホルンリンクル(再春館製薬所)/ナガセビューティケァ/ナリス化粧品/ハーバー/ハウスオブローゼ/パパウォッシュ/美カンヌ化粧品/pdc:セルディ 他/BCLカンパニー:レストジェノール 他/ファンケル/マーデゥレクス:エクスボーテ 他/マリアンナ化粧品(ナノエッグ)/マンダム/明色化粧品/ヤクルト ビューティエンス/山田養蜂場:RJ 他/ヤマノビューティメイト/悠香:茶のしずく 他/ライオン:植物物語 他/ライスフォース/ルミコ/ロゼット
【百貨店インポートブランド】アナスイ/イヴ・サンローラン/エスティローダー/クラランス/クリニーク/ゲラン/シャネル/ディオール/ヘレナ・ルビンスタイン/ポール&ジョー/マリークヮント/ランコム/ロレアル・パリ
【その他海外メーカー】アベンヌ/アムウェイ/アモーレパシフィック/ヴェレダ/エイボン/クレアラシル/ザ・ボディショップ/ジュリーク/ニュースキン/プロアクティブ/ミシャ/ラッシュ/ロクシタン/ラロッシュボゼ
【医薬品メーカー】エーザイ:ザーネ/エスエス製薬/エムジェイラボ(森下仁丹):ビフィーナ/大塚製薬:インナーシグナル/小林製薬:ケシミン/ヒフミド/六陽製薬:オードムーゲ/サトウ製薬:ユリアージュ/新日本製薬:ラフィネ/ゼリア新薬工業:アポスティー/全薬工業:アルージェ/全薬工業:ジュレリッチ/第一三共ヘルスケア:クリアレックス/第一三共ヘルスケア:ミノンアミノモイスト/第一三共ヘルスケア:コスメディカ/大正製薬:ナリッシュ/大正製薬:リビタ/大正製薬:コパトーン/ドクタープログラム(キョーリン製薬):トリニティーライン/久光製薬:ライフセラ/マルホ/持田ヘルスケア:コラージュ/ユースキン
【流通・PBブランド】コープ/無印良品/イオン:トップバリュ/100円ショップ(ダイソー/キャン・ドゥ 他)/その他PB
【その他】味の素:ジーノ/江崎グリコ:ジージー/カルピス(アサヒグループ): アクアレイナ/素肌しずく/キューサイ:コラリッチ/コンビ:ナナローブ/サントリー:エファージュ/ダスキン/日本盛:米ぬか美人/白鶴酒造:ライスビューティー/富士フイルム:アスタリフト

調査概要

・調査対象:下記エリアに居住する15〜69歳の女性
 1.首都圏
 2.近畿圏
・調査方法:「モニターリサーチ・システム」を活用したインターネット調査(年代・属性を人口構成に割り当て抽出)
・有効回収数:2,000人
・調査期間:2015年8月6日(木)〜12日(水)



調査のアウトプットと価格

 1.調査報告書:A4判・105ページ・2015年10月発行
 2.集計結果表:A4判・2分冊1,114ページ・2015年10月発行
   単純集計表
   クロス集計表(年齢・地域・居住環境別、未既婚・職業・家族形態別、経済環境・生活習慣・関心領域別、他)
   その他回答一覧表
 3.集計データ(CD-ROM):クロス集計、ローデータ、他一式



調査の価格

・定価:500,000円(税別)・MDBメンバー価格:450,000円(税別)
・「夏」「冬」セット価格:定価:800,000円(税別)・MDBメンバー価格:750,000円(税別)
・「冬」購入済の場合は300,000円(税別)にて「夏」を追加購入いただけます。

※本調査の成果物の著作権は(株)日本能率協会総合研究所が保有します。
※弊社は、本調査にご参加・購入いただいた企業(法人・個人)以外には、成果物を提供いたしません。
ただし、本調査を告知するための限定的な利用、及び発刊から一定期間経過後はこの限りではありません。
※本調査の成果物のご利用はご参加・購入いただいた企業(法人・個人)の内部でのご利用のみに限らせていただきます。

スキンケアニーズ総合調査 結果報告

― 女性の肌ニーズ・スキンケア実態の夏冬比較 ―
女性の肌ニーズ、スキンケアの実態は、季節により大きな影響を受けていると考えられますが、実際に夏冬でどのような差異が生じるのでしょうか。このような課題意識のもと、株式会社日本能率協会総合研究所(代表取締役社長:加藤文昭 本社:東京都港区)では、過去、夏・冬に実施した『スキンケアニーズ総合調査』を分析いたしました。本調査は、女性の肌ニーズ・基礎化粧品の使用実態を総合的に捉える総合的な調査です。得られた分析結果のうち、冬とは異なる夏に特徴的な肌ニーズ、スキンケア実態を中心にご報告いたします。



Summary | 概要

8割が「紫外線」を意識、化粧品・日傘・帽子でUVケア。暑い夏は、UV対策のためと引きこもる人が増加中。
「保湿」「肌の老化」ニーズ8割以上。高保湿化粧品で「保湿」対策、アンチエイジング化粧品に頼らない「肌の老化」対策。
「夏でも保湿ケア」「肌の老化防止に保湿」は過半数に定着。30代で高まる“夏こそ乾燥対策”、美白・毛穴対策も意識し保湿。
夏の肌の悩みは、10代~30代中心に“毛穴・脂系”増加、40代・50代「しみ・そばかす」、60代「ほうれい線」が高ニーズ。
夏にニーズ高く使用頻度の高い“洗う”スキンケアは、低価格も高価格も冬より増えて二極化が進行。
【調査概要】
・調査タイトル:『15夏 スキンケアニーズ総合調査』
・調査対象:首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)および近畿圏(大阪・兵庫)の15~69歳の女性
・調査方法:日本能率協会総合研究所「モニターリサーチ・システム」を利用したインターネット調査
・有効回収数:2,000人
・調査実施日:2015年8月6日(木)~8月12日(水)
※『15冬 スキンケアニーズ総合調査』:2014年12月18日(木)~24日(水)に調査実施



8割が「紫外線」を意識、化粧品・日傘・帽子でUVケア。暑い夏は、UV対策のためと引きこもる人が増加中。

夏本番を迎え、紫外線が気になる季節となりました。
「紫外線」を気にしているか聞いたところ、「非常に気にしている」が39%、「やや気にしている」が47%となり、合わせると86%に達します。年代別にみても、紫外線を気にしている人は10代~60代で8割台と、ほとんど差がありませんでした。
次いで、日焼けや紫外線防止(UVケア)のために、どのようなことを行っているのか聞いたところ、一番多かったのは「UVケア(紫外線防止用)化粧品を利用」という回答で72%、次いで「日傘を利用」が6割、「帽子を着用」が4割半と続きます。日焼け止め(サンスクリーン)、ファンデーション、化粧下地などの化粧品を使ってのUVケアに加え、日傘・帽子を利用して物理的にケアすることも一般的です。
また、「なるべく屋外に出ないようにする」と答えた人が3割に達し、12年夏の調査と比較すると10ポイント以上増加していたのが目立ちました。暑い夏は、UV対策も兼ねて、涼しいエアコンの効いた室内で過ごす人が増えているのかも知れません。


図表1 紫外線意識とUVケア




「保湿」「肌の老化」ニーズ8割以上。高保湿化粧品で「保湿」対策、アンチエイジング化粧品に頼らない「肌の老化」対策。

「美白」「保湿」「肌の老化」についても、同様に気にしているかを聞きました。「非常に気にしている」人は、「保湿」「肌の老化」が3割強、「やや気にしている」を合わせると、「保湿」が86%と最も高く、「肌の老化」81%、「美白」が67%でした。
年代別にみると、「美白」を気にしている人は、10代で8割を超えて最も高く、60代の5割強まで年とともに減少します。「保湿」は、60代で9割と最も高いのですが、それほど年代差がありません。「肌の老化」は、60代で9割を超えて最も高く、30~50代で8割台ですが、20代では6割半、10代では4割を下回り、若年ほど気にしていないようです。
気にしている人が最も多かった「保湿」ニーズについて、保湿効果の高い化粧品を使っているか聞いたところ、何らかの「高保湿化粧品」を使用している人が8割で、最も多いのが「化粧水」でした。一方、8割が気にしている「肌の老化」については、何らかの「アンチエイジング化粧品」を使っている人は4割に過ぎず、「美白化粧品」を使っている人の方が5割以上で多いという結果でした。






「夏でも保湿ケア」「肌の老化防止に保湿」は過半数に定着。30代で高まる“夏こそ乾燥対策”、美白・毛穴対策も意識し保湿。

「高保湿化粧品」を使っている人に、乾燥ケアの意識や考えを聞きました。
「夏でも保湿ケアは大切」と意識している人は54%と、半数を超えています。年代別にみると、60代・30代では約6割と意識が高いようです。「夏でもエアコンなどで肌が乾燥する」という回答は43%ですが、30代では5割と一番強く意識されていました。「夏でも日焼けなどで肌が乾燥する」という回答は33%で、30代・40代で目立っています。“夏こそ乾燥対策”という意識は、最も30代で高まっているようです。
「肌の老化防止には保湿が大切」と意識する人は52%と、半数を超えています。年代別には60代で7割弱と、特に意識されていました。「保湿」は「肌の老化」ニーズと最も関連が深いと考えられます。
一方、「美白のためには保湿が大切」「毛穴ケアには保湿が大切」は2割台でしたが、いずれも20代~40代で3割を超えて30代で最も高く、「美白」「毛穴ケア」と保湿を結びつける意識も、最も30代で高いようです。






夏の肌の悩みは、10代~30代中心に“毛穴・脂系”増加、40代・50代「しみ・そばかす」、60代「ほうれい線」が高ニーズ。

39項目の肌悩みを選択肢に挙げ、夏の肌で気になることを聞きました。年代別に夏冬を比較すると、夏と冬では肌悩みが大きく異なります。
10代は「ニキビ・吹き出物」が7割弱、次いで「毛穴の黒ずみ」「脂っぽい・てかり」が5割以上でした。ベスト5は全て“ニキビ”を含んだ“毛穴・脂系”の悩みで、冬よりも多く、冬に2位だった「唇の荒れ」が夏ではランク外と少なくなります。
20代は「ニキビ・吹き出物」「毛穴が目立つ」「毛穴の黒ずみ」が4割台と“毛穴”ニーズ中心、「脂っぽい・てかり」が冬よりも13ポイント多いのが目立ちます。
30代は「毛穴が目立つ」「しみ・そばかす」「毛穴の黒ずみ」が4割台で、「脂っぽい・てかり」が冬よりも15ポイント多いのが目立ちます。一方、冬で2位の「唇の荒れ」が夏ではランク外でした。
40代は「しみ・そばかす」が5割を超え、「ほうれい線」以下を大きく引き離します。
50代は「しみ・そばかす」が1位となり5割強、冬で1位の「ほうれい線」と逆転します。
60代は「ほうれい線」が6割弱に達し、2位の「肌のたるみ」とともに、冬よりも増加します。
女性の夏の肌の悩みをみると、夏は上位に毛穴、皮脂、汗といった“毛穴・脂系”の悩みが目立ちます。冬と比較して、10代~30代では“毛穴・脂系”、40代・50代では「しみ・そばかす」、60代では「ほうれい線」へのニーズが強くなるようです。






“洗う”スキンケア “毛穴・脂系”ニーズの高い夏場に多く使用、“与える”スキンケアは夏場に使用者減少傾向。

スキンケア化粧品5アイテムについて、使用頻度を聞きました。
「クレンジング用」スキンケア化粧品の使用頻度は、「1日1回程度」が55%、1日1回以上使用している人が3人に2人でした。夏の方が冬よりも使用頻度が高いという結果です。
「洗顔用」スキンケア化粧品は、「1日2回以上」が51%と半数を超え、1日1回以上使用している人は9割弱に達します。「1日2回以上」使用している人は夏の方が冬よりも多く、この5つのスキンケア化粧品の中では使用している人が最も高いアイテムでした。
化粧水などの「水分補給用」スキンケア化粧品は、「1日2回以上」が64%に上り、1日1回以上使用している人は4人に3人でした。冬の方が夏よりも使用頻度が高いという結果です。
乳液・クリームなどの「栄養分補給用」スキンケア化粧品は、「1日2回以上」が38%、一方「使用していない」人が37%と冬よりも10ポイント高く、全体的に冬の方が夏よりも使用頻度が高いという結果です。
美容液・パックなどの「スペシャルケア」スキンケア化粧品を1種類以上使用している人は、65%と3人に2人でした。使用している人は冬の方が夏よりも多く上がりました。
「洗顔用」「クレンジング用」の“洗う”スキンケア化粧品は、“毛穴・脂系””ニーズの高い夏場により多く使用されますが、逆に、「水分補給用」「栄養分補給用」「スペシャルケア」の“与える”スキンケア化粧品は、夏場に少なくなるという傾向です。






夏にニーズ高く使用頻度の高い“洗う”スキンケアは、低価格も高価格も冬より増えて二極化が進行。

スキンケア化粧品5アイテムについて、1個当たりの購入単価を聞きました。
「クレンジング用」スキンケア化粧品の購入単価は、1000円未満の低価格帯と、1000円~4000円未満の中価格帯がともに4割強で拮抗しています。夏の方が冬よりも低価格帯が増加しますが、一方4000円以上の高価格帯も14%と夏の方が冬よりも多く、平均単価は200円弱増加しています。
「洗顔用」スキンケア化粧品は、低価格帯が半数以上を占め、この5つのスキンケア化粧品の中では購入単価が最も低いアイテムでした。一方、高価格帯は夏の方が冬より多くなります。
化粧水などの「水分補給用」スキンケア化粧品は、1000円~4000円未満の中価格帯が50%と半数を占め、低価格帯・高価格帯ともに4人に1人でした。
乳液・クリームなどの「栄養分補給用」スキンケア化粧品は、中価格帯が43%、高価格帯も3人に1人以上と平均単価も上がります。
美容液・パックなどの「スペシャルケア用」スキンケア化粧品は、高価格帯が35%と、の5つのスキンケア化粧品の中では購入単価が最も高いアイテムでした。
「洗顔用」「クレンジング用」の“洗う”スキンケア化粧品は、使用頻度の高くなる夏場に低価格のものを使用する人が冬より増加すると同時に、高価格のものを使用する人も増えます。「水分補給用」「栄養分補給用」「スペシャルケア」の“与える”スキンケア化粧品は、夏冬の差は少なく、平均単価が“洗う”スキンケアより高いという傾向です。






調査の内容

『15夏 スキンケアニーズ総合調査』は、女性の肌ニーズ・基礎化粧品の使用実態を総合的に捉える総合的な調査です。女性の肌や基礎化粧品に対する意識を実態を総合的に探り、どのような人が、なぜ、何を意識し、どの化粧品を使っているのかを明らかにするため、下記項目について調査しました。

<1>ニーズの実態:肌状態、夏の肌悩み…など
<2>夏の肌ニーズとスキンケア:紫外線意識とUVケア、美白ケアと美白化粧品、乾燥ケアと高保湿化粧品、肌の老化意識とアンチエイジング化粧品…など
<3>スキンケア化粧品への期待・選び方:ブランド、スキンケア化粧品に期待する効果、スキンケア化粧品選択時の重視点、スキンケア化粧品に関する情報源、選択時の相談相手、選び方…など
<4>スキンケア化粧品の使用・購入実態:<クレンジング用><洗顔用><水分補給用><栄養分補給用><スペシャルケア用>スキンケア化粧品について、使用頻度、購入チャネル、使用ブランド、購入単価、購入理由、使用理由、期待する効果
<5>化粧・美容とライフスタイル:お金と時間のかけ方、よく行っている・肌のためと思うスキンケア行動、使用しているスキンケア用具、朝・晩に使用しているスキンケア化粧品とステップ数、ベースメイク化粧品とステップ数…など

2003年冬/夏・2006年冬/夏・2009年冬/夏・2012年冬/夏・2015年冬に「スキンケアニーズ総合調査」を実施しており、今回の調査は10回目となる継続調査です。また、本リリースでピックアップした項目以外にも、多岐にわたる項目がございます。


調査購入のご案内

本調査は、弊社自主企画による調査に複数企業がご参加いただく方式で実施し、以下のアウトプット一式を提供いたします。
調査のアウトプット
調査報告書:A4判・105ページ・2015年10月発行
集計結果表:A4判・2分冊計1,114ページ・2015年10月発行
電子データ(CD-ROM):クロス集計、ローデータ、他
調査購入費用
・定価:500,000円(税別)・MDBメンバー価格:450,000円(税別)
・「夏」「冬」セット価格:定価:800,000円(税別)・MDBメンバー価格:750,000円(税別)
・「冬」購入済の場合は300,000円(税別)にて「夏」を追加購入いただけます。


※本調査の成果物の著作権は(株)日本能率協会総合研究所が保有します。
※弊社は、本調査にご参加・購入いただいた企業(法人・個人)以外には、成果物を提供いたしません。
ただし、本調査を告知するための限定的な利用、及び発刊から一定期間経過後はこの限りではありません。
※本調査の成果物のご利用はご参加・購入いただいた企業(法人・個人)の内部でのご利用のみに限らせていただきます。


本件についてのお問い合わせ先

株式会社日本能率協会総合研究所  経営・マーケティング研究部 担当︓土井
〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22
TEL:03-3578-7607 FAX:03-3578-7614 (E-mail:info_mlmc@jmar.co.jp
本件引用の際は、お手数ですが、上記あて掲載紙をご送付ください

CONTACT