PERSON

トップページPERSON宇都宮 光男

医療領域のリサーチで
お客様に貢献したい

宇都宮 光男
  • 株式会社日本能率協会総合研究所
    マネジメント&マーケティング研究事業本部
    経営・マーケティング研究部 主任研究員
  • Mitsuo Utsunomiya

メディカル関係のリサーチや
マーケティングを一気通貫に

 私の専門は医療領域で、リサーチやマーケティング、CS推進などを行っています。お客様からご依頼をいただいた後、調査のニーズや目的をヒアリング。ここを疎かにすると、調査結果を事業に活かすことができなくなります。
綿密な打ち合わせを元に、調査目的の設定を行い共有、調査の設計、実査を行い集計して分析。レポートを作成してプレゼンテーションを行います。この流れを一気通貫に担当しています。
どんなに精度のいいデータを収集できたとしても、お客様に活用していただけないと、当社の実績につながりません。場合によっては、調査データをテーマに議論を行っていただき、私がファシリテーションを行うことも。
あるいは、ご担当者様と一緒に、調査データをアクションにつなげるためのソリューションを考えることもあります。

コスト以上のメリット、
成果を感じていただきたい

 調査設計をする際、私は常にお客様の視点で考えるようにしています。ご担当者様は、なんらかのミッションをもって当社に依頼されています。そのミッションを達成できるようにサポートすることが私の仕事です。
コストをかけてリサーチをするわけですから、コスト以上のメリット、成果を感じていただけることが大事。最終的に顧客増加、ロングタームの顧客層が増えたなど、具体的なメリットにつながると、リサーチの意義をご理解いただけると思います。ていねいな仕事をすることは容易ではありませんが、そこが競合他社にはない私たちの強みだと思います。
ニーズに叶った調査かどうか、その結果が活かせるようなスキームができているか。その点を常に配慮しながら、お客さまの声以前のニーズにも耳を傾けながら、前に進めています。

ビッグデータ時代に、
データのプロができること

 世はまさにビッグデータ時代。かつてのように苦労しなくても、比較的簡単に一般企業でもデータを収集できるようになりました。
その一方で、データは蓄積できているが、何をしていいか分からないというお客様のニーズも増えています。お客様のデータを分析し、なんらかの方向性を見出す、あるいは見えなかった何かを見えるようにする――そんな形で私たちが貢献できるのではないかと思っています。
従来はゼロから調査を行ってきましたが、今後は既存データの活用についてのご提案という仕事も増えるのではないでしょうか。現在では、データ分析にも大きな関心が寄せられています。その分野では、既存の統計解析や分析技術でできることはたくさんあります。データのプロフェッショナルとして、データを読み解き活用する技術を、さらに高めていきたいと思っています。

私のオフタイム

 私はジムで体を鍛えたり、マラソンをしたりすることにはあまり興味がありません。自転車でツーリングするのが趣味です。自宅の近所にある川べりの道を自転車で走るのが好きですね。真冬はさすがに厳しいですが、移り変わる風景や風に季節を感じます。ツーリングの間にパッとアイディアが浮かぶこともあって、頭の中もリフレッシュしているのかもしれません。

CONTACT