PERSON

トップページPERSON凌 竜也

変革を迫られる
ヘルスケア分野をサポートする

凌 竜也
  • 株式会社日本能率協会総合研究所
    経営・マーケティング研究部
    ヘルスケア経営支援室 室長
  • Tatsuya Shinogi

組織としての利益や規模の拡大以外の
多彩な要素を含めて目標を設定する。

 私の仕事は、医療・福祉施設を中心とした各種法人・組織が対象です。ビジョン策定や計画実行支援、業務改善・サービス管理支援等のコンサルティングを行っています。最近増えているのが、人事関連の業務。人事制度(評価制度や給与制度等)の構築や定着支援等を実施しています。
 利益の追求以外に、地域や社会への貢献等、様々なことを視野に入れ、制度の影響も大きい中での舵取りが必要となる特殊な分野で奮闘する組織を応援したいと思っています。

関わることで、人と組織が
みるみる変わっていく

 現在の仕事のやりがいは、目の前にいるお客様や組織が変っていく様子が体感できることでしょうか。もちろん、最終的には数字が変ってくれないと困りますが、その前段として、人の意識や行動が変わらないといけない。そのためには、こちらの考えや提案に共感してもらう必要があります。その共同作業的な部分が非常に面白いと感じています。
医療・福祉施設は、制度自体がスピーディーに変化する中、地域における自らの役割を意識しながら経営方針を定める必要に迫られていることもあり、経営者側が経営改革の必要性を痛感しています。
医療現場は多忙で、スタッフはギリギリの状態で働いています。にもかかわらず一般企業では当たり前の制度設計がなされてないことも多い――これらの現実の狭間でバランスをとることは難しいですが、そこに踏み込で、課題を見つけ提案しています。

自治体や大学などへの
人事制度の導入を提案

 これからは、今までの仕事をより広げていくことも目指しています。人事制度については、現在自治体や大学などでも展開しています。医療分野と同じく、民間企業では普通に行われていることが、できていない組織が多いのです。
組織が大きくなると、制度設計しないと再現性がなくなります。上司が変わるごとに評価基準や業務方針が変わると、ただでさえ人手不足の現場は混乱に陥ってしまう。そういった状況を防ぐためにも、人事制度の導入を提案していきたいと思っています。
たいていの人や組織は変化を嫌います。コミュニケーションを重ねて、一つひとつを改革していくのは非常に地道な仕事ですが、それだけにやりがいを感じます。

私のオフタイム

 昔から体を動かすことが好きで、サッカーやテニスなど、いつも何かスポーツをやっていました。今は、なかなかその時間を作ることはできませんが、家族と一緒に、車で日帰り旅行を楽しんでいます。運転そのものも好きで、風景が変わることが気分転換につながります。

CONTACT