SERVICE

トップページSERVICE学術研究支援
  • Academic Research
  • 学術研究支援

  • 学術研究の成果を最大化させるリサーチ・プラットフォーム

JMAR 学術研究支援の強み

高い回答品質を誇る自社管理のオフラインモニターを活用して、一般の方を対象とした質問紙調査の実施を全面的に支援します。JMARが保有するモニターは、運用実績20年以上、学術研究や公的調査での活用実績が豊富。下記の5つの強みを活かして、研究者のみなさまのご要望に応えます。
  • POINT1
  • ご家庭の方全員がアンケートモニターに登録する「世帯登録」の仕組みを導入。親子調査、夫婦調査など、2名以上の回答をペアにして取得する調査が実現。
  • POINT2
  • モニターの詳細な個人属性・世帯属性をデータベース化。
    特定の属性を有するモニターに対してピンポイントで調査可能。
  • POINT3
  • 高齢者、子どもなど、インターネット調査ではリーチが難しい年齢・属性を調査対象にできる。
  • POINT4
  • 郵送調査のみならず、FAX調査、会場調査など様々な調査手法を活用できる。
  • POINT5
  • 日々、回答品質を高めるためのモニター管理を徹底。
    インターネットモニターよりも品質が高い回答データを取得可能。

オフラインモニター情報

    • 88,000
    • 26,000
    • 世帯
アクティブシニアでない
「普通のシニア」を確保
WEB調査でシニアを調査対象とすると、ITリテラシーが高めのシニアに偏ったサンプリングになってしまいます。弊社のオフラインモニターをご活用頂くと、そのような偏りがない、「普通のシニア」の生の声を収集することができます。
現役世代とシニア世代を対象とした 親子調査も実施可能
未成年の子どもでも
モニター化が可能
小学校高学年以上であれば、本人の回答が可能です。幼児から小学校低学年であれば、ご両親の補助を受けながら協同で回答いただきます。
個人属性項目
・性別
・年齢
・未既婚
・職業、身分(学生・主婦など)
・業種、職種
・慢性疾患の罹患情報
・要介護認定の状況
世帯属性項目
・居住地域
・家族構成、住居築年数、間取り
・世帯年収
・金融資産
・保有している金融、保険商品、負債
・定期購読新聞
・インターネット接続状況、回線種別
年齢別グラフ
未就学児・小学生から高校生モニター数
高齢者モニター数

ネット調査よりも回答品質が高いことを実証

近年では、学術研究の領域でもインターネットモニターの活用が進んでいます。しかし、学術研究に耐えられる十分な回答精度が得られないという懸念が発生する場合もあります。JMARのモニターは、インターネットに依存しない方法でモニター募集、調査を運営。また、回答品質を高めるためのモニター管理を日々徹底しています。
研究者のみなさまからのご要望を受け、JMARのモニターの回答品質が他社の品質より高いことを確認する検証調査を行いました。その結果、JMARモニター回答品質は有意に高いことが示されました。

お問い合わせからご納品までの流れ

専任の担当者が、お問い合わせからご納品まで、プロジェクト全体を推進いたします。
お気軽にお問合せください。
お問い合わせ
  • 専任担当者を配置
  • ご相談は、全て専任担当者が一括して承ります。
お打ち合わせ
  • 電話・メールでもお打ち合わせ可能
  • 調査実施可否やお見積もりは無料にてご対応いたします。
調査対象者条件、
調査対象者数決定
  • 幅広い対象者にリーチ
  • 幅広い年齢・属性の方に調査が可能。親と子の両方からデータを得る親子調査も実現します。
調査方法決定
  • 最適な手法をご提案
  • 設問数や調査の仕様に合わせて郵送調査とFAX調査を使い分け出来ます。
    調査内容、スピード、コストを踏まえて最適な調査手法をご提案いたします。
調査票ご入稿
  • 弊社で再レイアウト
  • 調査票のご入稿は、どの様なファイル形式であっても構いません。弊社にて無料で再レイアウトいたします。
  • 無料でワーディングチェック
  • 誤字脱字のチェックはもちろん、より自然で分かりやすい表現に変更できないか、専門スタッフが無料で実施いたします。
実 査
実 査
回答票回収
  • 謝礼進呈もお任せ下さい
  • 回答者への謝礼進呈は弊社で実施いたします。長年のモニター運営の実績に基づき、適切な謝礼金額を設定いたします。
アウトプット
納品
  • 選べるオプション
  • 回収された回答票は、そのまま紙媒体でのご納品が可能です。お求めに応じてデータ入力、集計、分析も対応いたします。
  • 信頼性の高いデータ
  • 一票ずつ検票を行い、不誠実とみられる回答は取り除く事で信頼性の高いデータをご納品いたします。

受託実績がある大学・研究機関

JMARがこれまでご支援させて頂いたお客様を一部ご紹介させて頂きます。
お茶の水女子大学
明星大学
九州大学
神戸大学
聖路加国際大学
北海道大学
筑波大学
St.Luke's International University
大阪大学
一橋大学
京都大学
東京大学
新潟大学
県立広島大学
福島大学
国際医療福祉大学
早稲田大学
奈良教育大学
東京都市大学
日本大学
関西学院大学
北海道教育大学
宮城大学

特定施設・団体を対象とした
定量調査支援サービスも提供

JMARでは「特定の施設や団体を対象とした調査」の支援サービスを提供しています。
この分野では、それぞれの規模や内容によってさまざまなハードルが生じます。JMARは、それらに対応するノウハウとツールによって、研究者のみなさまの代わりに、調査を推進いたします。
研究者のみなさまから寄せられる「〇〇してほしい」に幅広く対応
ご支援の内容は、研究者のみなさまのご要望に応じて柔軟にご提案させて頂きます。
調査全体のご支援はもちろん、特定のタスクをピンポイントでご支援することも可能です。
調査準備
  • アンケート票の編集・校正をしてほしい
  • アンケート票のレイアウトを修正して、回答しやすくしてほしい
  • インターネットや公開情報を活用して、調査対象リストを作ってほしい
  • アンケート票の印刷・封入・発送をしてほしい
  • アンケート票の返信先をJMAR宛てにしてほしい
  • 回答者が回答票を返送する際、費用負担が発生しないよう、JMAR保有の料金後納郵便封筒を使わせてほしい
  • インターネットでも回答できるように、インターネット上に回答画面を作ってほしい
  • インターネット調査の回答者をIDとパスワードで制御・管理してほしい
調査期間中
  • 回答者から寄せられる問い合わせに対応してほしい
  • 問い合わせの際、通話料金が回答者負担とならないようフリーダイヤルを設定してほしい
  • 回答票が何票返信されてきたか毎日記録をとり、整理して報告してほしい
  • 回答票が目標に達しそうにない場合、緊急で回答督促のはがきやメールを送ってほしい
企画書のご提案
  • 回答票の開封、検票、データ入力をしてほしい
  • 集計に先立って、データクリーニングをしてほしい
  • 単純集計・クロス集計をしてほしい
  • 作表・作図をしてほしい
  • 統計解析(検定・多変量解析)をしてほしい
  • プログラミング(Excelマクロ)により、特殊なデータ処理を効率的に実施してほしい
  • 報告書・レポートのドラフトを作成してほしい
  • 完成した報告書・レポートを印刷・製本してほしい
  • 回答者に謝礼を送付してほしい
調査対象実績がある施設・団体等
施設・団体等回答者
病院院長、看護管理責任者、看護職員、その他医療職
介護・福祉施設施設長、職員
自治体特定の業務担当者、部門責任者
民間企業特定の業務担当者、部門責任者
学校学校長、教員、卒業生
協会加盟団体、所属会員
資格団体所属している会員、有資格者

プロジェクトの進め方

お問い合わせ頂いた際に、ご支援の内容、納期などをご相談させていただき、最も効率的な進め方をご提案させて頂きます。まずはお気軽にお問合せください。

CONTACT