課題別リサーチプログラム

課題別リサーチプログラム

ニーズ探索調査

既存商品では十分満たせていない消費者ニーズを捉えることを目的とした調査です。消費者自身が意識できる顕在化したニーズだけでなく、消費者自身が気づいていない潜在ニーズに迫ることが重要となります。主に商品開発の初期段階で、新商品のコンセプトについてヒントを得るために実施します。

ターゲットセグメンテーション調査

消費者全体をいくつかのセグメント(グループ)に分割し、自社のターゲットとなるセグメントを明らかにする調査です。自社商品と十分な親和性を持ち、かつ、一定のボリュームを持ったターゲットセグメントを見出せるかがポイントとなります。切り口としては、性別や年齢、居住地域などの基本属性のみならず、「買い物意識」「健康意識」のような心理的属性にも着目していきます。

詳しい内容を見る

新商品コンセプトテスト

消費者に受け入れられる新商品を見極めるために、新商品のコンセプト(機能や訴求点などをテキストや絵で記述したもの)を消費者に評価してもらう調査です。魅力度や購入意向、希望価格帯など多角的に調査します。これにより消費者に受容される見込みが低い新商品を開発してしまうリスクを低減できます。複数のコンセプト候補があるときには、分析を通して、最も有力なコンセプトに絞り込むことができます。

プロダクトテスト

新商品のコンセプトが、実際の商品として適切に具体化されているかを確認するための調査です。プロトタイプテストとも呼ばれます。回答者に商品を「体験してもらう」ことが重要となるため、商品を使ってもらったり、食品であれば試食してもらったりした上で評価を求めます。得られた結果を分析することで改善点を洗い出し、コンセプトを適切に体現した魅力的な商品づくりを実現していきます。

パッケージテスト・ネーミングテスト

新商品のコンセプトや強み、差別化ポイントを消費者に適切に伝えるために、どのような商品パッケージ、ネーミングがふさわしいかを調べるための調査です。その新商品がコアターゲットとしている層がどのように評価するか明らかにすることがポイントとなります。パッケージ、ネーミングそれぞれ複数案準備できれば、最も魅力的な案を絞り込むことができます。

価格受容性調査

価格は商品・サービスの売れ行きに直接的に影響を与えます。高すぎる価格を設定してしまうと消費者は手を伸ばしにくく、逆に安すぎる価格では品質についての懸念を与えてしまい、違う意味で敬遠されてしまいます。価格受容性調査では、このような価格のシグナリング効果を踏まえながら、消費者に受容される最適な価格帯を導きます。

広告効果測定調査

TVCM、新聞広告、インターネット広告、交通広告など、さまざまな広告活動の効果を測定します。広告自体の認知や評価に加え、広告が訴求しているブランドの認知率、ブランドイメージ、購入意向なども明らかにします。

ブランドイメージ調査

自社および競合ブランドについて、消費者が知覚しているイメージを把握するための調査です。各ブランドの魅力度やイメージを捉えるだけでなく、ブランドごとのイメージの類似性に基づいて、ブランドポジショニングマップを導くことができます。これにより、市場における自社ブランドの適切なポジションを検討したり、既存ブランドがカバーしていない魅力的なブランドポジションを発見したりすることができます。

リニューアル・リブランディング調査

既存の自社商品について、新たな需要を喚起するためにどのようなリニューアルが必要か検討する調査です。商品コンセプト・訴求点の見直し、顧客ターゲットの見直し、消費者とのコミュニケーション方法の見直しなど、多岐にわたる要素について仮説を立て、検証していきます。既存のロイヤル顧客の離反を最小限に食い止めつつ、新たな需要を喚起できるリニューアルの方向性を見つけだせるかがポイントとなります。