日本能率協会総合研究所「高齢者市場攻略に向けた取り組み状況実態調査」

無料レポート申し込み

経営企画・マーケティング担当者400名に調査

高齢者人口増大という人口動態的変化を受け、高齢者市場を攻略すべくマーケティング戦略を検討する企業が増えています。クライアントの高齢者マーケティングを支援する専門部署「高齢者マーケティング研究室」が、企業の経営企画・マーケティング担当者400名を対象に実施した「高齢者市場攻略に向けた取り組み状況実態調査」の結果をご紹介いたします。

  • 高齢者市場攻略に向けた取り組み状況実態調査
  • 多くの企業が高齢者マーケティングの必要性を認識するものの、
    具体的なアクションを展開している企業は約2割

調査結果のご紹介

  • 1.高齢者人口の増大が勤め先企業のビジネスに「強く影響する」「影響する」と答えた方は合計で●●%。「多少影響すると思われるが、それほど大きな影響はない」の約2割を合算すると●●%の回答者が「何らかの影響を受ける」と認識していた。
  • 2. 高齢者人口増大により勤め先企業のビジネスが「何らかの影響を受ける」と答えた方に、高齢者に対するマーケティング活動の●●●をたずねたところ、66%が●●●はあると認識。
  • 3. 高齢者を「最重要ターゲット」と捉えている回答者は●●%、「重要ターゲット」と捉えている回答者は●●%。合算すると●●%が重要視していることがうかがえる。
  • 4. どのような属性・特徴を持つ高齢者をターゲットとしているかについては、「●●●●●●●●」がトップで56.4%。次いで「●●はしているが●●●●を感じ始めている高齢者」「●●層」と続く。
調査名
高齢者市場攻略に向けた取り組み状況実態調査
調査期間
2019年6月28日 ~ 7月4日
調査対象
下記の条件をすべて満たす方
  • ・20~59歳ビジネスパーソン
  • ・正社員
  • ・勤め先の会社規模(正規職員人数)300人以上
  • ・勤め先企業が一般消費者向け商品・サービスを提供している
  • ・勤め先企業の所属部門が「経営企画、マーケティング、商品開発、営業企画」のいずれかに該当する
調査方法
インターネット調査
回答者数
400名