経営計画策定・実行支援

基本的な考え方

近年、成功・成長している病院は、以下の3つの要素を兼ね備えています。
① 明確な経営ビジョンを持っている
② ビジョンに基づく中長期計画/戦略を年次計画に展開している
③ 年次計画を、日々の活動として実行していく体制を確立している

この3つの要素を実現し、成功・成長の好循環を確立するために、JMARでは、以下の示す3つのプログラムでご支援致します。

サービス概要

領域① 経営ビジョン策定支援プログラム

環境変化の中で貴院はどの方向へ進んでいくべきか?
組織使命、定性目標、数値目標からなる経営ビジョン(貴院の望ましい姿)の構築を支援します。
オプションで各種経営診断を実施、根拠に立脚した経営ビジョン作りを推進します。
(支援期間 1ヶ月~)

領域② 経営戦略、経営計画策定支援プログラム

“経営ビジョン”を達成するために中長期でどのような打ち手をとるべきか?
新病院経営手法として最も注目されるバランスト・スコアカード(BSC)手法を用い、経営戦略(中長期計画・年次計画)を構築します。
これにより部門別業績指標値等が明確となり、業績評価や目標管理が容易となります。
(支援期間 3ヶ月~)

私たちの役割

  • 客観的な立場から貴医院の戦略課題について問題指摘します
  • 組織の「常識」にとらわれない戦略検討視点の提供、問題提起をします
  • 経験豊富な専門スタッフがワークショップメンバーの議論をリードします

領域③ 計画推進・マネジメント体制整備支援プログラム

経営ビジョンと戦略(中長期計画・年次計画)の実効性を高めるために、推進テーマのアクションプラン作成、実行管理体制整備(会議体責任権限、管理フロー 等)、業績モニタリング帳票整備など、PDCAを回すためのマネジメント体制整備を支援します。
また、マネジメント体制の運用定着に向けた研修など、実効力をあげるための親身なフォローアップまでトータルで支援します。 (支援期間 1ヶ月~)

サービスの特長

  • さらなる成長と資金調達等のために経営ビジョンや病院事業の基本戦略確立を目指します。
  • 経営の観点からビジョンの見直し・再構築を図りつつ、中長期の数値目標を明確化し、必要に応じて人事制度上の目標管理を取り入れるなど、中長期的な戦略の実効性を高められるよう支援を提供します。
  • 財務面の体力強化だけでなく、サービスの品質管理や利用者満足度向上、業務プロセスの標準化と連動させて経営計画を作成し、職員への浸透を図れるよう支援を提供します。
  • 実効性のある中・長期計画を策定するだけでなく、管理ツールの構築に合わせて取り組みます。

BSC出張研修