東南アジア諸国の新中間層(MOP層)対象に調査をしたい

JMARの東南アジア諸国の新中間層(MOP層)対象への調査について
東南アジア諸国では、一定の所得水準・消費力を持った人口「アジア新中間層(MOP層)」が増加、消費国としての魅力が高まっています。有力な海外進出先として期待され、リサーチニーズも日増しに増えていますが、アジア新中間層に受け入れられる商品・サービスを提供するには、入念に組み立てられたマーケティングリサーチが必要となります。JMARは、下記リサーチのあらゆるステップでお客様のお役に立てる体制を整えています。
言語対応力+統計解析力
リサーチと英語に習熟したプロジェクトマネージャーと、統計解析技術・経験の豊富なアナリストを配置。言葉の壁を感じることなく海外調査を推進、また、集計だけでは明らかにできない知見をアウトプットできます。
強固な海外調査ネットワーク
東南アジア諸国では、信頼できる現地調査会社と強固なネットワークを構築しており、共同でプロジェクトを推進します。
充実したセカンダリーデータ(既存資料)
MDB(マーケティング・データ・バンク)など充実したセカンダリーデータを保有。基礎情報を迅速に把握、調査設計での有効活用も可能です。

JMAR独自の5つの調査サポート体制

幅広い調査手法

消費者理解に必要な、あらゆる調査手法に対応可能です。

英語を中心とした言語対応力

リサーチと英語に習熟したバイリンガルスタッフをプロジェクトマネージャーに配置します。お客様には言語の壁を感じさせることなく、海外調査を推進していきます。

統計解析力

分析に際しては、多変量解析をはじめとする統計解析の技術・経験が豊富なアナリストを配置します。集計では明らかにできない知見をアウトプットします。

海外調査ネットワーク

世界中で信頼できる現地調査会社と提携していますが、特に東南アジアではネットワークが充実しています。現地調査会社と協同で、現地の事情に合わせた最適なリサーチを推進します。

MDBをはじめとする充実したセカンダリーデータ(既存資料)

MDB(マーケティングデータバンク)をはじめとする充実したセカンダリーデータ(既存資料)を保有しています。調査対象国の基礎情報を迅速に把握することを可能にし、また、調査設計の段階でも有効活用できます。

調査実施例

アジア新中間層に受け入れられる商品・サービスを提供して成功を収めるのは決して容易ではありません。入念に組み立てられた、適切なマーケティングリサーチを行う必要があります。
リサーチのステップは状況により様々ですが、オーソドックスなパターンとしては以下のとおりとなります。

現地消費者の理解

現地消費者の基本的特性をリサーチします。

現地消費者の
ニーズ探索・検討

顕在化しているニーズと潜在化しているニーズを定性調査などにより把握します。

新商品・
サービス受容性評価

市場投入を検討している新商品・サービスのコンセプトの受容性をリサーチによってチェックします。

市場投入に向けた
4Pの検討

想定ターゲットに最も受容されやすい商品・サービスにすべく、4Pを検討するためのリサーチを行います。

他にこんな課題はお持ちでないですか?

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1287
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム

more