価格受容性調査

JMARの価格受容性調査について
価格は商品・サービスの売れ行きに直接的に影響を与えます。高すぎる価格を設定してしまうと消費者は手を伸ばしにくく、逆に安すぎる価格では品質についての懸念を与えてしまい、違う意味で敬遠されてしまいます。価格受容性調査では、このような価格のシグナリング効果を踏まえながら、消費者に受容される最適な価格帯を導きます。
課題解決に最も効果的な調査設計を追求
お客様の課題をヒアリングした上で、プロジェクトのゴールを明確にします。お客様のリクエストを踏まえながら、調査のプロとして課題をゼロから検討し、最適な調査設計・分析方法をご提案します。
充実のアンケートモニター×調査手法
オンラインモニターだけでなく、オフラインモニターも保有しています。ネット調査以外のリアル調査(郵送調査、FAX調査、会場調査、インタビュー調査など)にも対応可能であり、安定した実査推進体制を整えています。
分析結果の活用まで踏み込んだサポート
分析をしたものの結果をどのように活用すべきかわからないというお客様には、結果の読み解きや、実際のマーケティング戦略への展開まで含めてサポートいたします。

価格受容性調査の方法

価格受容性調査の方法として、一般的には価格受容性測定法(PSM Price Sensitivity Measurement)を活用します。調査結果から最適価格帯を導き出します。
※ PSM分析では、価格のイメージがまったくつかない専門技術や画期的技術などについては対象とすることが難しくなります。

価格受容性調査の項目

価格受容性調査の項目は、以下の4つの質問が基本となります。

  1. あなたは、この商品・サービスが「高い」と感じはじめるのはいくら位からですか?
  2. あなたは、この商品・サービスが「安い」と感じはじめるのはいくら位からですか?
  3. あなたは、この商品・サービスが「高すぎて買えない」と感じはじめるのはいくら位からですか?
  4. あなたは、この商品・サービスが「安すぎて品質に問題があるのではないか」と感じはじめるのはいくら位からですか?

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1287
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム

more