ブランドイメージ調査

JMARのブランドイメージ調査について
自社および競合ブランドについて、消費者が知覚しているイメージを把握するための調査です。各ブランドの魅力度やイメージを捉えるだけでなく、ブランドごとのイメージの類似性に基づいて、ブランドポジショニングマップを導くことができます。これにより、市場における自社ブランドの適切なポジションを検討したり、既存ブランドがカバーしていない魅力的なブランドポジションを発見したりすることができます。
課題解決に最も効果的な調査設計を追求
お客様の課題をヒアリングした上で、プロジェクトのゴールを明確にします。お客様のリクエストを踏まえながら、調査のプロとして課題をゼロから検討し、最適な調査設計・分析方法をご提案します。
充実のアンケートモニター×調査手法
オンラインモニターだけでなく、オフラインモニターも保有しています。ネット調査以外のリアル調査(郵送調査、FAX調査、会場調査、インタビュー調査など)にも対応可能であり、安定した実査推進体制を整えています。
分析結果の活用まで踏み込んだサポート
分析をしたものの結果をどのように活用すべきかわからないというお客様には、結果の読み解きや、実際のマーケティング戦略への展開まで含めてサポートいたします。

ブランドポジショニング分析の方法および調査項目

ブランドポジショニングマップを作成する方法には、ブランドの評価スコアを取得する方法、ブランド間の類似度を測定する方法の主に2つの方法があります。

  • 自社および競合ブランドそれぞれについて、想起されるイメージの内容や強さに基づいて作成する方法
  • 自社および競合ブランドについて、ブランド間の類似性に基づいて作成する方法 

方法1を用いる場合、消費者に対する実際の調査では、ブランドイメージ項目のリストを提示し、自社ブランドおよび競合ブランドそれぞれについて各イメージ項目があてはまる程度を測定することになります。また、分析ではコレスポンデンス分析(Correspondence analysis)という解析手法を用います。

方法2を用いる場合、自社ブランドおよび競合ブランドをリストアップし、そのリストの中から2つのブランドをセットにして消費者に提示し、それらブランドがどの程度類似しているかを測定することになります(提示されるブランドのセットは何通りにも及ぶ場合があります)。また、分析では多次元尺度構成法(MDS:Multi Dimensional Scaling)という解析手法を用います。この解析手法は、類似性が高いブランドは近くに、類似性が低いブランドは遠くに布置されるようにブランドをマッピングしていきます。

ブランドポジショニング分析のアウトプットイメージ

分析から得られた知見
この商品の訴求ポイントである「食品・口あたりが良い」「贅沢感・ごちそう感が高い」は意図したとおりに訴求できている、しかし、「程よい甘味」「さっぱり」については競合ブランドCよりも強いイメージを構築できておらす、今後のプロモーション活動における重点課題である。

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1287
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム

more