広告効果測定調査

JMARの広告効果測定について
TVCM、新聞広告、インターネット広告、交通広告など、さまざまな広告活動の効果を測定します。広告自体の認知や評価に加え、広告が訴求しているブランドの認知率、ブランドイメージ、購入意向なども明らかにします。
課題解決に最も効果的な調査設計を追求
お客様の課題をヒアリングした上で、プロジェクトのゴールを明確にします。お客様のリクエストを踏まえながら、調査のプロとして課題をゼロから検討し、最適な調査設計・分析方法をご提案します。
充実のアンケートモニター×調査手法
オンラインモニターだけでなく、オフラインモニターも保有しています。ネット調査以外のリアル調査(郵送調査、FAX調査、会場調査、インタビュー調査など)にも対応可能であり、安定した実査推進体制を整えています。
分析結果の活用まで踏み込んだサポート
分析をしたものの結果をどのように活用すべきかわからないというお客様には、結果の読み解きや、実際のマーケティング戦略への展開まで含めてサポートいたします。

広告効果測定の方法

一般的には、広告キャンペーン前後において2度の同様な調査を行うことで、広告効果を測定する方法が用いられます。その際、広告キャンペーンのターゲット層を明確にして、そのターゲット層を調査対象とすることが重要です。

【例:新聞広告の効果測定調査】

事前調査
  • 当該製品カテゴリーにおけるブランド認知(純粋想起/助成想起)
  • 認知ブランドついて、認知経路
  • 認知ブランドについて、ブランドイメージ
事後調査
  • 新聞広告掲載日の広告認知、想起内容(純粋想起)
  • (新聞に掲載された広告を呈示)認知、広告イメージ
  • 広告認知後の心理変化
  • 広告認知後の態度変容

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1287
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム

more