グループインタビュー調査

JMARのグループインタビュー調査について
6~8名程度のグループに対して、司会者(モデレーター)が座談会形式でインタビューを行い、定性的なデータを取得する手法です。アンケート調査では、あらかじめ設定された設問や選択肢によって得られるデータが制限されますが、グループインタビューではそのような制限がありません。高いスキルを保有するモデレーターが場をリードすることにより、1つのテーマに関して幅広く、深い情報を取得することができます。
経験豊富なモデレーターによるプロジェクト推進
実査において、事前に想定していなかった議論が展開されようとも、経験豊富なモデレーターがお客様の課題解決にとって重要な知見にたどり着けるように議論をコントロールしていきます。
調査対象者は子どもからシニアまで幅広くリクルーティング可能
調査対象者の募集は弊社が保有するオフラインモニターを活用します。個人情報管理・本人確認が厳密に実施されている高品質のモニターであり、インターネットでは募集が難しい子どもやシニアも調査可能です。
自社保有のインタビュールームをご利用いただけます
都内に自社のインタビュールームを保有。ミーティングルームとミラールームを備えており、対象者の様子を対象者に気付かれずに観察することが可能です。お客様には、実査当日の立ち会いをお勧めしています。

弊社のグループインタビュー調査の特徴

適切なサンプル設計・インタビューフロー設計の支援

設定された調査設計にもとづく、適切なサンプル設計を行います。また、インタビューフロー設計やデータクリーニングなどを適切に実施します。

弊社インタビュールームの利用が可能

東京都心(港区)に自社のインタビュールームを保有しております。ミーティングルームとミラールームを備えており、対象者の様子を対象者に気付かれずに観察することが可能です。クライアントの皆様には、実査当日の立ち会いをお勧めしております。

グループインタビュー調査のメリット

グループインタビュー調査のメリットとしては主に以下の2点があげられます。

  1. 定量調査では捉えきれない、行動の裏側にある消費者心理を把握することが可能
  2. パーソナルインタビュー(デプスインタビュー)と異なり、対象者同士がお互いの発言によって交互作用が得られ、話題が発展されていく

豊富なリサーチモニター

弊社が提供する消費者調査では、インターネット調査で活用するオンラインモニターはもちろんのこと、インターネット調査以外のリアル調査(郵送調査・インタビュー調査など)向けのオフラインモニターが活用可能です。

JMARのリサーチモニターについて

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1287
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム

more