会場調査(CLT)

JMARの会場調査について
調査対象者に特定の会場へ集合してもらい、商品に触れてもらった上で(見る、使う、試食する、など)商品評価を求める手法です。CLT(Central Location Test)と呼ぶこともあります。主に商品のパッケージ、機能、使い心地、味などについて、実際の購入場面・活用場面に近いリアルな評価を得ることができます。
よりリアルな評価を得るための調査環境をセットアップ
調査会場内に疑似的な店内や商品棚を作り出したり、調査対象となる商品が使われる典型的な環境を再現することで、実際の購入場面・活用場面に近いリアルな評価を得ることができます。
調査対象者は子どもからシニアまで幅広くリクルーティング可能
調査対象者の募集は弊社が保有するオフラインモニターを活用します。個人情報管理・本人確認が厳密に実施されている高品質のモニターであり、インターネットでは募集が難しい子どもやシニアも調査可能です。
定量的なデータだけでなく定性的なデータも取得可能
調査対象者が商品を扱う様子を観察したり、簡易的なインタビューを実施することで定性的な情報を得ることができ、コストパフォーマンスの高い調査が実現します。

弊社の会場調査の特徴

適切なサンプル設計・調査票設計の支援

設定された調査設計にもとづく、適切なサンプル設計を行います。また、調査票設計やデータクリーニングなどを適切に実施します。

課題解決のための適切な統計解析の実施

単純集計やクロス集計では見出すことができない重要な知見を発見することができます。これらをベースとしたレポーティングを行うことが可能です。
課題別統計解析手法の詳細はこちら

会場調査のメリット

郵送調査に比べ、短期間にデータ収集が行えます。また、試作品段階の製品テスト等においては実査後100%回収することが可能なため、秘匿性が高くなります。対面方式で調査を行うため、自由に回答してもらう設問(純粋想起)を正しく回答してもらうことができます。
なお、街頭リクルーティングの場合、会場ロケーションとリクルーティングの工夫によっては、ピンポイントの属性を対象者とすることが可能です。

豊富なリサーチモニター

弊社が提供する消費者調査では、インターネット調査で活用するオンラインモニターはもちろんのこと、インターネット調査以外のリアル調査(郵送調査・インタビュー調査など)向けのオフラインモニターが活用可能です。

JMARのリサーチモニターについて

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1287
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム

more