食品・飲料業界

JMARの食品・飲料業界向け調査について
消費者にフォーカスして、消費者ニーズや商品購入・使用実態に迫るアプローチと、業界にフォーカスして関連市場の実態、競合企業の動きを明らかにするアプローチをうまく使い分けながら、お客様の課題解決につながる調査を推進します。
豊富な実績に裏打ちされた調査課題解決フレーム
新商品開発から市場投入後のブランド管理まで、マーケティングの各フェーズで必要となる様々な調査について、お客様が置かれている状況に寄り添いながら調査提案いたします。
お客様の海外進出検討を調査の観点からサポート
海外進出を検討する段階では、対象国の魅力度を「消費者」「業界構造」の2つの視点から検討する必要があります。弊社では消費者調査と業界調査の両方を実施し、調査結果を複合的に分析することができます。
分析結果の活用まで踏み込んだサポート
分析をしたものの結果をどのように活用すべきかわからないというお客様には、結果の読み解きや、実際のマーケティング戦略への展開まで含めてサポートいたします。

食品・飲料業界向けのソリューション例

食品・飲料業界向けに様々な事業課題に合わせて選択いただけるソリューションを準備しております。

アイデア開発・新製品開発サポート

課題

新製品を出したいけれど良いアイデアが思い浮かばない。

ソリューション

新製品に関するアイデア出し、コンセプトの絞り込み、製品評価と新製品開発に関する様々なフェーズでサポート致します。

商品戦略の構築、見直し

課題

販売している商品の売れ行きが良くないため、戦略を見直したい。

ソリューション

現在の商品ポジション、ターゲット領域、提供価値の設定をお手伝いします。既に展開している商品、今後新たに展開予定の商品双方に対応可能です。

高齢者・シニアマーケット戦略の構築、見直し

課題

シニア層に向けて商品を展開しているが、ターゲット層のニーズがわからない。

ソリューション

高齢者を対象とした、各種の定量・定性調査をご提供いたします。生活実態・ニーズ・価値観を捉え、今後の商品戦略・マーケティング戦略策定をお手伝いします。

食と健康関連商品の開発サポート

課題

健康食品を開発したいが、ターゲット層の情報が無い。

ソリューション

生活習慣病・慢性疾患患者モニターに対して 日常生活におけるニーズ抽出から、新商品コンセプトテスト、味やパッケージの評価テスト、効能効果測定調査など、様々なフェーズでサポートを致します。

食品業界向けのバックデータ

食生活領域をテーマとした当社の自主企画調査として、以下のような調査データを保有しています。これらも活用しながらソリューションを提案致します。

手作り・こだわり意識・加工食品や中食の利用実態を、メニュー別に検証する調査(毎年調査実施)

食卓の変化の兆しを、メニュー・食品・調味料からとらえる生活者データベースとなる調査(3年おきに調査実施)

1998年から毎年実施している、健康マーケティングのバイブルとなる生活者調査

主婦の“家の仕事”ニーズを、モノ・行動と価値観から検証する調査(3年おきに調査実施)

味の好み・家庭料理に使う調味料の実態からみた、食のエリア別マーケティングのための基本調査(3年おきに調査実施)

小腹マーケットの胃袋シェアを探る、菓子・スイーツ・軽食の飲食・購買行動データベースとなる調査(2~3年おきに調査実施)

菓子・飲料・デザート他、「甘いもの」の総合データ集となる調査(4年おきに調査実施)

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1287
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム

more