業界・競合調査

25年以上の実績により「日本品質」の調査を実現。実査・分析の留意点を徹底してアドバイス。
弊社の業界・競合調査では、貴社の事業推進上の意思決定の精度を、より高くするためのトータルサービスが可能です。そのために、経験豊富なリサーチスタッフが、貴社をとりまく調査背景・マーケティング課題から、調査課題を明らかにし、適切な調査設計を行います。適切な調査設計が、貴社事業に寄与する業界・競合調査の鍵です。

JMARの海外業界・競合調査の特徴

的確な調査結果を適切な調査手段で

弊社の業界・競合調査では、貴社の事業推進上の意思決定の精度を、より高くするためのトータルサービスが可能です。そのために、経験豊富なリサーチスタッフが、貴社をとりまく調査背景・マーケティング課題から、調査課題を明らかにし、適切な調査設計を行います。適切な調査設計が、貴社事業に寄与する業界・競合調査の鍵です。

特に中国での業界・競合調査に圧倒的なノウハウがあります。

25年以上の実績により「日本品質」の調査を実現。実査・分析の留意点を徹底してアドバイス。

弊社は、過去25年以上にわたり、日本企業の皆様と中国・新興国での事業支援のための調査を推進してまいりました。
数多くのご支援の経験から、日本から中国ローカルを分析するための数多くの視点を有しています。お客様目線の、調査設計・ご提案を行うとともに、長期にわたり実績のあるパートナー、弊社上海法人等を活用した、日本品質の調査を行います。

調査手法:セカンダリーリサーチとキーマンヒアリング

海外における業界・構造調査は、手法としては大きくセカンダリーリサーチとキーマンヒアリングに分けることができます。
セカンダリーリサーチは、公開されている既存資料の収集・整理によってアウトプットを得る手法です。セカンダリーリサーチでは、弊社MDBの有する膨大な情報源を活用することで、迅速・網羅的な情報収集が可能となります。また、リサーチ能力と言語能力を兼ね備えたサーチャーが、調査対象国の公開資料についてもリーチしていきます。

キーマンヒアリングでは、調査対象企業や関連団体のキーマンにインタビューを行います。Emailや電話でインタビューを行う場合と(遠隔ヒアリング)、直接現地に調査員を派遣したり、現地パートナーの調査員を活用して対面でインタビューを行う場合があります。遠隔ヒアリングでは取得できる情報に限界がありますが、コストという観点では効率的な情報収集が実現するという強みがあります。他方、現地ヒアリングは、遠隔ヒアリングと比較すると相対的に時間的・費用的なコストがかかるものの、相手と一定の信頼関係を醸成した上で対面でインタビューするため、より深い情報を得ることができます。
実際の調査では、調査課題、情報の性質、対象国調査環境等にあわせて最適な調査手法を選択し、可能な限り効率的に情報収集することを志向していきます。

調査領域

市場調査

製品(サービス)の市場規模、企業シェア、トレンド、企業シェアなど、市場全体の概要を把握する調査です。

市場調査の詳細を見る

概要・特長

製品(サービス)の市場規模、企業シェア、トレンド、企業シェアなど、市場全体の概要を把握する調査です。

調査目的

主な調査目的は、既参入市場における事業計画の策定や、新規市場参入の可否判断などです。

調査手法

主要参入企業や業界有識者などへのヒアリング及び公開情報をもとに、幣社独自の推計・分析を行います。

企業ベンチマーク

事業戦略、組織戦略、開発戦略など、特定企業の戦略を把握する調査です。

企業ベンチマークの詳細を見る

概要・特長

事業戦略、組織戦略、開発戦略など、特定企業の戦略を把握する調査です。

調査目的

主な調査目的は、自社や他競合企業の戦略を分析することによるとの比較による自社戦略の立案などです。

調査手法

ベンチマーク対象企業や関連企業へのヒアリング及び公開情報をもとに、第三者の視点から、企業の戦略分析を行います。

市場性評価

新製品(サービス)・新技術の市場性を把握する調査です。

市場性評価の詳細を見る

概要・特長

新製品(サービス)・新技術の市場性を把握する調査です。

調査目的

主な調査目的は、企画・開発段階における製品(サービス)・技術に関して、の用途、価格、販路など、諸要素の最適化を図ることなどです。

調査手法

想定ユーザーや業界有識者などへのヒアリングをもとに、幣社独自の分析を行い、ご要望に応じて提言を行います。

ユーザー調査

製品(サービス)のユーザーを対象に、機能や取諸条件などに関する要望や課題などを把握する調査です。

ユーザー調査の詳細を見る

概要・特長

製品(サービス)のユーザーを対象に、機能や取諸条件などに関する要望や課題などを把握する調査です。

調査目的

主な調査目的は、自社製品(サービス)の改善や、競合製品及び競合企業の営業活動等の実態などを把握ユーザー目線で把握し、戦略の練り直しを行うことなどです。

調査手法

製品(サービス)ユーザー及び代理店など関連企業へのヒアリングをもとに、ユーザーニーズや課題などを抽出します。

用途探索調査

新技術や素材・原料などの有望用途を把握する調査です。

用途探索調査の詳細を見る

概要・特長

新技術や素材・原料などの有望用途を把握する調査です。

調査目的

主な調査目的は、開発段階にある新技術の有望用途市場の開発開拓や、既存技術の他用途展開のための用途探索などです。

調査手法

想定ユーザーや業界有識者などへのヒアリングをもとに、幣社独自の分析を行い、ご要望に応じて提言を行います。

流通/チャネル調査

製品(サービス)の、生産現場から店頭に至るまでの取引実態を把握する調査です。

流通/チャネル調査の詳細を見る

概要・特長

製品(サービス)の、生産現場から店頭に至るまでの取引実態を把握する調査です。

調査目的

主な調査目的は、競合企業や特徴的な企業の流通・チャネル戦略の現状認識、及び、自社物流戦略や流通・チャネル戦略の改善・立案などです。

調査手法

川上から川下まで、多くの企業や業界有識者へのヒアリングを元に、流通の実態を明らかにします。

技術調査

特定技術の有望性や業界における研究開発動向を把握する調査です。

技術調査の詳細を見る

概要・特長

特定技術の有望性や業界における研究開発動向を把握する調査です。

調査目的

主な調査目的は、自社技術に関する研究開発の方向性策定や、他社の研究開発状況の実態把握などです。

調査手法

企業や業界有識者へのヒアリングに加え、国内外データベースを駆使し、現状ならびに展望を分析します。

価格/コスト調査

特定製品(サービス)の取引価格・生産コストなどを把握する調査です。

価格/コスト調査の詳細を見る

概要・特長

特定製品(サービス)の取引価格・生産コストなどを把握する調査です。

調査目的

主な調査目的は、価格・コスト情報の把握による原材料調達、生産、流通の改善などです。

調査手法

サプライヤー企業・ユーザー企業など、複数の関連事業者に対するヒアリングにより、価格・コストを明らかにします。

資料収集/レポート作成

既存資料の収集・分析により、市場の概要を把握する調査です。

資料収集/レポート作成の詳細を見る

概要・特長

既存資料の収集・分析により、市場の概要を把握する調査です。

調査目的

通常のヒアリング調査よりも広範囲にわたる項目を、短期間、低価格で把握調査することが可能です。

調査手法

そのため、事業企画・商品企画の初期段階で多く利用されています。MDBの長所を活かした、弊社ならではのサービスです。

海外調査をご検討の方 TOPへ戻る

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1287
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム

more