メニューからみた食卓調査2017

~加工食品や中食の利用実態をメニュー別・シーン別に検証。
背景にある主婦の時短・簡便化ニーズ⇔手作り・こだわり意識を探ります~

img20170621.png

=10年間の食卓の変化を時系列データで捉えます!=
◎毎年20~60代の主婦1,000人に調査、食卓作りの意識と実態を定点観測します。

【オプション調査】単身世帯の男女600人の食卓について同時調査を実施!!

[メニュー別、手作り~中食の利用意識](10年間の時系列比較)

  • 日常メニュー65品目について、主婦目線でみたときの位置づけを解明!!
    よく出現するメニューは何か?そのシーン別・目的別・作り方別の差がわかります。
    ①定番メニュー ②手作りメニュー ③イベントメニュー ④中食メニュー ⑤時短メニュー★
  • 代表メニューの詳細分析:調理方法/こだわり/中食・半調理品・市販の素の活用など
    メニュー毎に手作り以外のバリエーション増加の実態がわかります。
    ①パスタ・スパゲッティ ②ハンバーグ ③から揚げ  ④煮魚 ⑤味噌汁

[夕食・昼食・弁当作りのシーン別実態把握]

  • 夕食シーンの意識と実態:レシピの情報源、家族全員が家で夕食を食べる頻度、夕食メニューの決め方
  • 昼食シーンの意識と実態:主婦の昼食実態と調理意識、自宅での昼食メニューの実態
  • 弁当作りの意識と実態:弁当作りの有無/実態(増減/ご飯の用意/おかずの使いまわし/冷凍食品利用)

[中食利用と買い物行動・食卓の変化]

  • 市販の素・調理用ソース・簡便調味料:①利用品目  ②利用実態と理由
  • 中食・外食の利用:①利用  ②抵抗感
  • 生鮮食品(野菜・肉・魚)・加工食品(冷凍食品・レトルト食品等)の購入重視点:安全・価格・便利・鮮度...
  • 食品購入の心がけ:まとめ買い、ポイント集め、特売品、ネットスーパー、消費増税/食品値上げ後の変化は?
  • 時系列でみる日常の調理意識の変化:手作り、中食活用、食費切り詰め、時短、安全、エコ、健康...

本調査(主婦対象)の調査概要

  • 調査対象:下記エリアに居住する20~60代主婦(既婚女性)
    1. 首都圏(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)
    2. 中部圏(岐阜県・静岡県・愛知県・三重県)
    3. 近畿圏(京都府・大阪府・兵庫県)
  • 調査方法:「モニターリサーチ・システム」利用によるFAX調査
  • サンプル数:有効回収数1,073人(発送数1,500人・有効回収率71.5%)
  • 調査期間:2017年7月13日(木)~20日(木)

【オプション調査】単身世帯の男女600人の食卓について同時調査を実施!!

2012年・2015年に引き続き、単身世帯(1人暮らし)の男女600人の食卓について同時調査を実施!!
◎20~60代の単身世帯男女を対象に、主婦対象の本調査と同内容の項目で調査を実施します。
◎2012年→2015年→2017年の時系列比較が可能です。

オプション調査(単身世帯男女対象)の調査概要

  • 調査対象:下記エリアに居住する20~60代の単身世帯(1人暮らし)の男性/女性
    1. 首都圏(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)
    2. 中部圏(岐阜県・静岡県・愛知県・三重県)
    3. 近畿圏(京都府・大阪府・兵庫県)
  • 調査方法:「モニターリサーチ・システム」利用によるインターネット調査
  • 調査サンプル数:有効回収数600人
  • 調査期間:2017年7月21日(金)~25日(火)

[ご案内]“時系列データのオーダーメイド集計”ご対応可能です。

◎年代別・属性別・各種セグメント別に、主婦はどう変わったのか?
◎貴社の課題に即した設問をピンポイントでお選びいただき、貴社指定の集計軸にて時系列集計を実施いたします。

 ◇20~30代主婦で、コスパ優先&手作り回帰派が増えているのか? 時短優先派が増えているのか?
 ◇子供のいる専業主婦は、安全/節約/時短、何を優先する人が増えているのか? その理由は?
 ◇有職主婦でどのような簡便加工食品を使う人が増加しているのか? 年収別に差があるのか? …等々
   ※詳細は、弊社担当者までお問い合わせください。費用は別途お見積もりいたします。

過去の時系列シリーズ

2016年「メニューからみた食卓調査2016」 案内書(PDF) ニュースリリース(PDFダウンロード)
2015年「メニューからみた食卓調査2015」「単身世帯男女」 案内書(PDF) ニュースリリース(PDFダウンロード)
2014年「メニューからみた食卓調査2014」 案内書(PDF) ニュースリリース(PDFダウンロード)
2013年「メニューからみた食卓調査2013」 案内書(PDF) ニュースリリースダウンロード(PDF)
2012年「メニューからみた食卓調査2012」「単身世帯男女」 案内書(PDF) ニュースリリースダウンロード(PDF)
2011年「メニューからみた食卓調査2011」 案内書(PDF) ニュースリリースダウンロード(PDF)
2010年「メニューからみた食卓調査2010」 案内書(PDF) ニュースリリースダウンロード(PDF)
2009年「メニューからみた食卓調査2009」 案内書(PDF) ニュースリリースダウンロード(PDF)
2008年「メニューからみた調理スタイルに関する調査」 案内書(PDF) ニュースリリースダウンロード(PDF)

調査のアウトプット・価格

本調査(主婦対象)のアウトプット

    1. 調査報告書(A4判・約50ページ・2017年9月発行予定)
    2. 集計結果表(A4判・497ページ・2017年8月発行)
    3. 集計データ(CD-ROM) :クロス集計、ローデータ、他一式

本調査(主婦対象)の価格

定価430,000円(税別)・MDBメンバー価格390,000円(税別)

オプション調査(単身世帯男女対象)のアウトプット

  1. 集計結果表(A4判・358ページ・2017年8月発行)
  2. 集計データ(CD-ROM):クロス集計、ローデータ

オプション調査(単身世帯男女対象)の価格

追加購入費用160,000円(税別)
※【オプション調査】のみの購入はできません。「メニューからみた食卓調査2017」本調査(主婦対象)をご購入いただいた上で、追加購入いただけます。

お申し込み方法

オーダーフォームにご記入の上、ご送信下さい。
弊社よりアウトプット一式と請求書をご送付いたしますので、銀行振込にてご入金ください。FAXにてご送信いただいても結構です。

※本調査の成果物の著作権は(株)日本能率協会総合研究所が保有します。
※弊社は、本調査にご参加・購入いただいた企業(法人・個人)以外には、成果物を提供いたしません。ただし、本調査を告知するための限定的な利用、及び発刊から一定期間経過後はこの限りではありません。
※本調査の成果物のご利用はご参加・購入いただいた企業(法人・個人)の内部でのご利用のみに限らせていただきます。

生活者調査レポートのお問い合わせ

■ 株式会社日本能率協会総合研究所について
株式会社日本能率協会総合研究所は、お客様の課題解決を使命とする日本能率協会グループの調査・研究機関として、専門性に裏打ちされた確かなリサーチを提供しています。様々なマーケティング課題の解決に向けて、的確なリサーチ手法を駆使し、確かな解決を約束するリサーチプラットフォームをご提供致しています。

■ お問い合わせ先
株式会社日本能率協会総合研究所 経営・マーケティング研究部 リサーチグループ
〒105-0011東京都港区芝公園3-1-22
TEL:03-3578-7607 FAX:03-3578-7614 e-mail:info_mlmc@jmar.co.jp

JMARでは他にも様々な生活者レポートを提供しています。

JMARでは他にも様々な調査レポートがあります