子育てママの冬の体調管理に関する実態調査

2014年10月31日

今冬の体調維持・管理に関する悩みは「感染症の流行」

株式会社日本能率協会総合研究所(代表取締役社長:加藤 文昭 本社:東京都港区)では、全国の子育て中の母親1,000人に対し、この冬の家族の体調管理への取り組みと費用について、アンケート調査を実施致しました。

調査概要

調査目的 子育て中の母親を対象とし、自身および家族の体調管理の現状、および、今年の冬の体調維持の対策について意識・実態を把握すること。
調査対象者 核家族世帯(3人~4人)で、3歳~小学生のお子様を持つ母親
調査方法 インターネット調査
調査時期 2014年10月10日(金)~15日(水)
回収サンプル 1,000名

まとめ

  1. 今冬の体調の維持・管理に関して悩みがある人は7割に。悩みの内容は、「様々な感染症の流行」「子どもを病院に連れて行くタイミングに迷う」「体調を崩しても休めない」「自分(または家族)は普段から風邪をひきやすい」が多く挙げられた。
  2. 今冬の体調の維持・管理への対策は「平年並み」が約8割、「強化する」が約2割となった。なお、気になる感染症としては、「インフルエンザ」「感染性胃腸炎」に加え、「デング熱」「エボラ出血熱」が多く挙げられた。
  3. 昨年、体調の維持・管理のために実践した人のうち、「実践してよかったこと」がある人はほぼ全員。実践してよかったこととして、「うがい・手洗い等でウイルス対策をした」「食事の栄養バランスに気を配った」「予防ワクチンを接種した」「加湿や空気清浄や空間除菌でウイルス対策をした」「身体によい食品を取り入れた」が多く挙げられた。
  4. 今冬、体調の管理のために実践したいこととしては、「食事の栄養バランスに気を配る」「うがい・手洗い等でウイルス対策をする」「予防ワクチンを接種する」「身体によい食品を取り入れる」「加湿や空気清浄や空間除菌でウイルス対策をする」が多く挙げられた。具体的な対策としては、"うがい・手洗い"では「薬用ハンドソープ/せっけん」「マスク」、"身体によい食品"では「ヨーグルト・乳酸菌飲料」「緑黄色野菜」「納豆」が挙げられた。
  5. 今冬の家族の体調管理費は、子どものためには約7,000円、夫と自分のためにはそれぞれ約4,000円で、合計すると世帯全体で使ってもよい平均金額は約15,000円。

本件についてのお問い合わせ

株式会社日本能率協会総合研究所 消費者研究部

担当 池田 稲富
TEL :03-6202-1287
FAX :03-6202-1294
e-mail :info@jmar.biz

調査結果

●今冬の体調の維持・管理に関して悩みがある人は7割に。悩みの内容 は、「様々な感染症の流行」「子どもを病院に連れて行くタイミングに迷う」「体調を崩しても休めない」「自分(または家族)は普段から風邪をひきやすい」が多く挙げられた。

今年の冬、ご自身や家族の体調の維持・管理で悩ましいこと・心配していることを尋ねたところ、何らかの悩みがある人は70.6%で、具体的には「様々な感染症の流行」が26.7%と最も高く、次いで「子どもを病院に連れて行くタイミングに迷う」(24.7%)、「体調を崩しても休めない」(19.9%)、「自分(または家族)は普段から風邪をひきやすい」(18.6%)と続いています。(図表1) ・上記についての、具体的な悩み・心配していることを自由記述形式で尋ねたところ、インフルエンザや風邪の感染等の話題が挙げられました。(図表2)

図表1:あなたご自身や家族の体調の維持・管理で、この冬悩ましいこと・心配していることはありますか。
図表1:あなたご自身や家族の体調の維持・管理で、この冬悩ましいこと・心配していることはありますか。(いくつでも選択可)

図表2:あなたご自身や家族の体調の維持・管理で、この冬悩ましいことについて、具体的に教えてください。
図表2:あなたご自身や家族の体調の維持・管理で、この冬悩ましいことについて、具体的に教えてください。(自由記述)


●今冬の体調の維持・管理への対策は「平年並み」が約8割、「強化する」が約2割となった。なお、気になる感染症としては、「インフルエンザ」「感染性胃腸炎」に加え、「デング熱」「エボラ出血熱」が多く挙げられた。

今年の冬の体調の維持・管理への対策は「平年並み」が79.5%、「強化すると思う」が19.0%、「減らすと思う」が1.5%となりました。(図表3) ・気になる感染症があるかどうかを尋ねたところ、気になる感染症がある人は87.9%で、具体的には「インフルエンザ」が72.0%と最も高く、次いで「感染性胃腸炎」(48.7%)、「デング熱」(39.3%)、「エボラ出血熱」(37.9%)と続きます。(図表4) 予防意識が昨年よりも強化する方が増えた要因として、各種の感染症の報道も影響していることがうかがえます。

図表3:この冬の、あなたご自身や家族の体調の維持・管理への対策は、昨年と比べて変わりますか。
図表3:この冬の、あなたご自身や家族の体調の維持・管理への対策は、昨年と比べて変わりますか。(1つだけ選択)

図表4:気になる感染症はありますか。
図表4:気になる感染症はありますか。(いくつでも選択可)


●昨年、体調の維持・管理のために実践した人のうち、「実践してよかったこと」がある人はほぼ全員。実践してよかったこととして、「うがい・手洗い等でウイルス対策をした」「食事の栄養バランスに気を配った」「予防ワクチンを接種した」「加湿や空気清浄や空間除菌でウイルス対策をした」「身体によい食品を取り入れた」が多く挙げられた。

昨年の冬、ご自身や家族の体調の維持・管理のために何らかの実践をした人に、実践してよかったことを尋ねたところ、よかったことがあると回答した人はほぼ全員の97.2%となりました。具体的には「うがい・手洗い等でウイルス対策をした」が73.3%と最も高く、次いで「食事の栄養バランスに気を配った」(56.6%)、「予防ワクチンを接種した」(42.6%)、「加湿や空気清浄や空間除菌でウイルス対策をした」(36.7%)、「身体によい食品を取り入れた」(24.9%)と続いています。(図表5) ・上記について、具体的によかったことを自由記述形式で尋ねたところ、手洗い・うがいやマスク、野菜やヨーグルトの摂取、予防接種、加湿などの対策が挙げられました。(図表6) ・昨年の冬の体調の維持・管理で失敗したことを尋ねたところ、インフルエンザの感染や予防、冷えに関するエピソード等が挙げられました。(図表7)

図表5:昨年の冬に、あなたが家族の体調の維持・管理のために実践したことのうち、実践してよかったことは何ですか。
図表5:昨年の冬に、あなたが家族の体調の維持・管理のために実践したことのうち、実践してよかったことは何ですか。(いくつでも選択可)

図表6:昨年の冬に、あなたが家族の体調の維持・管理のために実践したことについて、具体的によかったこと、エピソード等ありましたら教えてください。
図表6:昨年の冬に、あなたが家族の体調の維持・管理のために実践したことについて、具体的によかったこと、エピソード等ありましたら教えてください。(自由記述)

図表7:昨年の冬に、あなたや家族の体調の維持・管理で、失敗したこと、失敗したエピソード等ありましたら教えてください。
図表7:昨年の冬に、あなたや家族の体調の維持・管理で、失敗したこと、失敗したエピソード等ありましたら教えてください。(自由記述)


●今冬、体調の管理のために実践したいこととしては、「食事の栄養バランスに気を配る」「うがい・手洗い等でウイルス対策をする」「予防ワクチンを接種する」「身体によい食品を取り入れる」「加湿や空気清浄や空間除菌でウイルス対策をする」が多く挙げられた。具体的な対策としては、"うがい・手洗い"では「薬用ハンドソープ/せっけん」「マスク」、"身体によい食品"では「ヨーグルト・乳酸菌飲料」「緑黄色野菜」「納豆」が挙げられた。

今年の冬、体調の管理のために実践したいこととして、何らかの実践したいことがある人は94.4%で、具体的には「食事の栄養バランスに気を配る」が83.2%と最も高く、次いで「うがい・手洗い等でウイルス対策をする」(79.3%)、「予防ワクチンを接種する」(55.5%)、「身体によい食品を取り入れる」(53.0%)、「加湿や空気清浄や空間除菌でウイルス対策をする」(50.8%)が多く挙げられた。(図表8) ・さらに具体的に尋ねたところ、"うがい・手洗い等でウイルスを取り込まない対策"は「薬用ハンドソープ/せっけん」が78.1%と最も高く、次いで「マスク」が72.1%と続いています。(図表9) "身体によい食品"は「ヨーグルト・乳酸菌飲料」が66.2%と最も高く、次いで「緑黄色野菜」(47.0%)、納豆(42.8%)と続いています。(図表10)

図表8:この冬に、あなたが家族の体調の維持・管理のために実践したいことは何ですか。
図表8:この冬に、あなたが家族の体調の維持・管理のために実践したいことは何ですか。(いくつでも選択可)

図表9:うがい・手洗い等で体内にウイルスを取り込まない対策として、具体的にどのような対策をしたいですか。
図表9:(図表8で「うがい・手洗い等でウイルス対策をする」を選んだ人のみ) うがい・手洗い等で体内にウイルスを取り込まない対策として、具体的にどのような対策をしたいですか。(いくつでも選択可)

図表10:身体によい食品として、今年の冬に意識して食べたいものはありますか。
図表10:(図表8で「身体によい食品を取り入れる」を選んだ人のみ) 身体によい食品として、今年の冬に意識して食べたいものはありますか。(いくつでも選択可)

●今冬の家族の体調管理費は、子どものためには約7,000円、夫と自分のためにはそれぞれ約4,000円で、合計すると世帯全体で使ってもよい平均金額は約15,000円。

今年の冬の家族の体調管理費として使ってもよい平均金額は、子どものためには6,749円、夫のためには4,123円、自分のためには4,334円となり、合計すると世帯全体で使ってもよい平均金額は15,205円となりました。(図表11)

図表11:この冬に実践したいことについて、家族それぞれこの冬全体でいくらくらいまで使ってもよいと思いますか。
図表11:この冬に実践したいことについて、家族それぞれこの冬全体でいくらくらいまで使ってもよいと思いますか。(1つだけ選択)

JMARでは他にも様々な調査レポートがあります

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1287
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム

more