調査のテーマ・課題

対応する企業課題

このような課題に対応します。

上市判断や戦略策定

  • 市場実態の把握
  • 患者の実態・意識の現状把握
  • 治療実態/罹患意識など
  • 医師の実態・意識の現状把握
  • 治療フロー/既存薬の使用状況・評価など
  • アンメットニーズの把握
  • 製品ポジショニングの把握
  • 当該製品の市場性確認
  • 薬剤プロファイル(コンセプト)の受容性把握 等

製品のライフサイクル拡大

  • 新剤型、用量変更追加の受容性確認
  • 合剤の方向性確認
  • 適切な組み合わせ探索
  • 合剤コンセプト評価
  • 適応症拡大の可能性確認
  • 市場の把握
  • 医師の使用実態・意識・評価
  • アンメットニーズの把握
  • 薬剤プロファイル(コンセプト)の受容性把握

コミュニケーション開発の為に

  • コミュニケーションアイディアの収集
  • キャラクター、ロゴなど
  • コミュニケーション・コンセプト開発
  • DTC開発・コピー
  • 患者の実態・意識の現状把握
  • 患者のインサイトの把握
  • アイディア収集
  • コンセプトの受容性把握
  • アイディアスクリーニング
  • HPの評価
  • コミュニケーション手段やツール探索

プロモーション開発・効果測定の為に

  • ディテーリングツール開発
  • キーメッセージ構築
  • アイディアスクリーニング
  • ビジュアルなど
  • プロモーション用サービス品開発
  • 広告認知度(効果測定)

プライシングの検討

  • 類似品事例のケーススタディ
  • プライシング仮説構築
  • プライシング仮説の検証

新製品開発(合剤・剤型・デバイスetc.)

  • 新しいニーズ・アイディアの収集
  • アンメットニーズの把握
  • 新製品コンセプトの開発
  • 試作品・海外使用モデルの評価 等

開発や治験デザインの為に

  • 治験のプロトコル開発
  • 治験の評価項目の構築
  • 適切な適応症の選定 等

医師の実態(ホンネ)を知るために

  • 薬剤治療のアルゴリズム
  • 選択の重視点
  • ガイドラインに対する認識 等

より深く患者を理解するために

  • セグメント/ターゲット特定
  • 医師:診療科/専門医vs非専門医など
  • 患者:重症度/罹患歴/年代など
  • 製品ポジショニングの検討

MR等の営業活動評価

  • 営業状況 *IMS (コール数)
  • CS

制度変更対策

  • 薬価、保険制度変更の影響度

製品・サービス改良

  • 満足・不満の把握
  • アンメットニーズの把握
  • ユーザビリティの検証 等